楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    gochin (02/14)
  • 写真整理 40数年前の写真(昭和40年代〜)
    楓 (10/19)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
マザーグース Fiddle-de-dee, Fiddle-de-dee

Nursery Rhymes

Fiddle-de-dee, Fiddle-de-dee, The Fly Has Married the Bumble Bee


Fiddle-de-dee, Fiddle-de-dee,
The fly has married the bumble bee.
Says the fly, says he,
"Will you marry me,
And live with me,
Sweet bumble bee?"

Says the bee, says she,
"I'll live under your wing,
And you'll never know
That I carry a sting."
Fiddle-de-dee, Fiddle-de-dee,
The fly has married the bumble bee.

So when the parson
Had joined the pair,
They both went out
To take the air,
Fiddle-de-dee, Fiddle-de-dee,
The fly has married the bumble bee.

And the flies did buzz,
And the bells did ring -
Did ever you hear
So merry a thing?
Fiddle-de-dee, Fiddle-de-dee,
The fly has married the bumble bee.

And then to think
That of all the flies
The humble bee
Should carry the prize.
Fiddle-de-dee, Fiddle-de-dee,
The fly has married the bumble bee.

 

フィドル・ディ・ディー、フィドル・ディ・ディー

蠅と丸花蜂が結婚するって

蠅は丸花蜂にプロポーズ

さあ、いっしょに暮そう

僕のかわいい丸花蜂

 

丸花蜂は蠅に云う

あなたと暮らして世話をする

物は試しね いきましょう

私を騙すと一刺しよ

 

馬鹿馬鹿しいったら馬鹿馬鹿しい

蠅と丸花蜂が結婚したって

 

彼らは教区の信徒になり

牧師さまに誓約すると

二人は外に飛び立った

馬鹿馬鹿しいったら馬鹿馬鹿しい

蠅と丸花蜂が結婚したのさ

 

チャペルの鐘が鳴り響く

すぐさまそれは広まった

めったに聞いたことがない

こんな可笑しい出来事を

馬鹿馬鹿しいったら馬鹿馬鹿しい

蠅と丸花蜂が結婚したよ

 

蠅の仲間は考えた

つつしみ深い蜂にご褒美を

馬鹿馬鹿しいったら馬鹿馬鹿しい

蠅と丸花蜂が結婚したよ

 

※訳は私(楓)でございますので、翻訳というより意訳です。無断転載はご遠慮くださいね。

 


楓の戯言


 

ルイス・キャロルも鏡の国のアリスの中で、赤の女王とアリスのやりとりは、Fiddle-de-deeそのもののやりとりです。

感嘆詞のFiddle-de-deeはいわゆる「なげきことば」で、あのOh My Got と一緒ですね!ちなみにハエとハチの結婚に立ち会った教区の牧師ですが、ルイス・キャロルの父親も、司祭だったのですよ。

 

マザー・グースでは、Hey diddle, diddleで、二行目にThe cat and the fiddleで、diddleはfiddleの韻を踏んでいます。フィドルは、民族音楽のヴァイオリンです。

 

この蠅と丸花蜂の結婚は、身分違いの結婚、宿敵同士との結婚の比喩なんでしょうね。つまり15世紀の「薔薇戦争」ではないでしょうか。

 

この薔薇戦争はヘンリー7世とエリザベス・オブ・ヨークの、宿敵同士の結婚によって和解しましたが、そもそも白薔薇のヨーク家がエドワード4世が、身分違いのエリザベス・ウッドヴィルとの結婚が、政権を不安定にし、ますますランカスター家とヨーク家の王位継承の争いが複雑になってしまいました。

 

ところが、最後の和解では、リザベス・ウッドヴィルの長女エリザベス・オブ・ヨークが、ヘンリー7世と結婚をし、テューダー朝が誕生し、めでたしめでたしとなるんですよね。

 

赤の女王に「Fiddle-de-dee」のやりとりをさせたルイス・キャロルのセンスは流石ですね!

 

 

| Books & Writer | 13:43 | - | - | pookmark |