楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ポンパドゥール夫人の愛犬 ミミとイネスのマイセン陶器



(c)AFP/JOHN MACDOUGALL


ポンパドゥール夫人の肖像画が左に。愛犬ミミは肖像画にも描かれていますが、イネスはあまり登場してきませんでした。

愛犬ミミとの肖像画
私の時代 マダム・ド・ポンパドゥール  (ずっと下にあります。)

今年300年を迎えるマイセン製作所。マイセン磁器製作所300周年特別展に展示されているようです。

記事「マイセン300周年

マイセン関連記事
変身抄 マイセンのジャポニズム 柿右衛門様式
Blue-Tiger-Eye カテゴリー マイセン
Art de Vivre カテゴリー マイセン
KAFKA マイセン メーリアンの花
Noblesse Oblige和 柿右衛門様式 マイセン
Noblesse Oblige  ブラウンズドルフ教授の花の絵
La fleur eternelle マイセン 「ドレス」 by ラガーフェルド
RE+nessance コバルトブルーのアールデコ by マイセン
remove マイセン ハインツ・ヴェルナーのリトグラフィー

ハンブルク美術工芸博物館(MKG)の陶器はホフマイスターコレクションのマイセンを展示しています。




マイセン 蓋付きカップ 1740年
(C)Foto by Dennis Conrad(デニス・コンラッド)


ハンブルグ美術工芸博物館はアール・ヌーヴォーを美しく鑑賞するように展示されている一度訪れたいところです。

陶器もアンティークをかなり揃えているようですが何年か前から昨年までマイセンのホフマイスターコレクションを展示していたようです。

記事「ハンブルク美術工芸博物館(MKG)の陶器

ホフマイスターコレクションはオークションに出されていますよね。珍しいマイセンの柿右衛門のアンティークもあるようです。

「これらが博物館に残るかどうか、まだ明らかでありません。」過去の報道記事にそうありましたが、どうなっているんでしょう?

ハンブルク美術工芸博物館(MKG)の陶器専門書が2冊ほど手に入れたaleiからいろいろ見せてもらいました。

マイセン以外でも興味深いものがたくさん。



マイセン 1735年頃のカップ&ソーサー
(C)Foto by Dennis Conrad


このマイセンのピンクも可愛いですね。ポンパドゥール夫人のセーヴル(セーブル)とどちらが好みだたのでしょう。

マイセン300周年には、名のある歴史上の人物たちが所有していたものが数多く展示されているのでしょうか。

そう考えるだけでもマイセンのアンティークは見ごたえがありそうですね。ポンパドゥール夫人たちの七年戦争を晩年にかかわることになったポーランド王国の国王アウグスト3世も王妃のマリア・ヨーゼファーもマイセンを手にしていました。

アウグスト3世の肖像画にはコーヒーカップを手にしているものがあるようです。きっとマイセンなのかもしれませんね。
| チャイナ・ポーセレン | 11:28 | - | trackbacks(1) | pookmark |
色バトン ピンクのマイセンクオリティ
19世紀 ボヘミアン  テート・ア・テートXAIからの色バトンで「ピンク」に譬えてもらいました。ありがと!そのピンクにちなみ、このテート・ア・テートでバトン。

ローズピンクのこのうえもない可愛らしさ。

さて、色バトンの質問に答えていきますね。好きな色は?→「ローズピンク」、嫌いな色は?→「黄色」、携帯の色は何色?→「白」、あなたの心の色は何色ですか?→「透明」、回してくれた人の心の色は?→「白」です。

ホドフ(ショドフ)ローズカラーのピンク・ポーセリンシリーズといえば、1835年創業のチェコの伝統工芸ボヘミア磁器ブランド「ショドフ」が有名です。でも、このセットはショドフのピンク・ポーセリンシリーズとは、ちがいます。

マイセン クオリティ 、マイセンスタイルと称される模作品。マイセン窯ではなく、別な窯であるということです。模作の多くは19世紀〜20世紀初めにチェコのボヘミア地方の小窯で作られたものも多く、このテート・ア・テートは紛れもなくマイセンクオリティ。(笑)

ブジェゾヴァー(ピルケンハンマー)マイセンは、ご存知のように1710年に創設されましたが、ボヘミアのドイツ人・チェコ人にもすぐに波及し、ブジェゾヴァー(ヒルケンハンマー)、ショドフ(ホドフ)、ブルーの装飾で有名なドゥビー(アイヒヴァルト)、フィギュアで有名なドゥフツォフ (ドゥックス)などがあります。

1918年に、ドイツから独立しチェコスロバキアとなったのですが、このテート・ア・テートがつくられた1850年は、政治的にも隣接するドイツは、名窯であるマイセンからの職人の出入りがあったのかもしれませんね。

K.P.M ベルリンK.P.Mというと王立磁器製陶所をさしますが、ベルリン窯のカーペーエムの職人はマイセンから選ばれていますね。ドイツの歴史や文化は、必ず陶磁器がでてきます。

おすすめは、ヨーロッパ陶磁器の旅―ドイツ・オーストリア篇(浅岡 敬史)、欧州陶磁紀行―マイセン|ウェッジウッド|セーヴル(南川 三治郎)、洋食器の事典―世界の一流食器コレクション(成美堂出版)など、楽しく読めますね。

マイセン (PAAR PRUNKPLATTEN MEISSEN)1745年さて、美しいローズピンクと豪奢なゴールドのテート・ア・テート。これはチェコがボヘミアと呼ばれていた時代のもの。ミュシャの描いた「スラブ叙事詩」にでてくるフス戦争が思い出されます。写真はマイセンの花鳥図。ヘロルトの時代のもの。

アンティークの陶磁器は、歴史上の人物や当時の芸術家達を知るきっかけになりますね。

エルミタージュ美術館所蔵 ロシア宮廷のマイセン磁器マイセンやKPMのプラークには、画家の作品もあり、アルテマイスター美術館は、ルーベンスやフェルメール、レンブラントなどの作品とともに、「マイセン」も展示されています。ちなみにショドフでは、ミュシャのフラワーベースなども販売しています。

さてマイセンに関する書籍は、数多くあります。マイセン―秘法に憑かれた男たち(ジャネット グリーソン, Janet Gleeson, 南條 竹則)、マイセン様式の絵付技法とその変遷(バーバラ フリューゲル, ウレ シュミット・イーバッハ, Barbara Flugel, Ulle Schmidt Ibach, 斎藤 慧子)、マイセン磁器(国立マイセン磁器公団史料編纂室)なども参考になりますよ。

最後です。「次の6つの色に合う人を選んでバトンを回して下さい。」

赤、青、オレンジ、ピンク、黒、白ですか。青をMAKIに、ピンクをAKIさんにバトン。赤、オレンジ、黒、白は、ゲストさんへ。
| チャイナ・ポーセレン | 12:38 | comments(0) | trackbacks(7) | pookmark |