楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Tasha Tudor's Garden から〜6月18日 ターシャの思い出

リチャード・W・ブラウン

ターシャ・チューダーの自宅の写真(部分)
リチャード・W・ブラウン撮影


リチャード・W・ブラウンが撮影したターシャ(1915-2008)の自宅の花瓶に生けられた花々。静物画のようにオールドローズが描かれてます。

あぁ、薔薇はこんなふうに散って、なおかつまだその美しさを止めている。

絵本作家のターシャ・チューダーの庭の花と好きなもの、美しいものに囲まれて生きた彼女のクラシカルなお家に飾られるもの。生きるって素晴らしいと自分に念押しできるのです。



ゴッホ 花瓶の花々


ゴッホの作品には、ターシャ・チューダーも育てている花々と同じものが描かれています。それなのにとても切ない愛らしさ。

それはゴッホの生き方や性格、そして考えかたがあらわれているのですね。力強いのに繊細で、激しいのに弱弱しい。

ゴッホはキリストのように茨の道を選び、ターシャは緑と花が咲き誇る道を選んだのです。ゴッホは革の靴をはき、ターシャは裸足で。

リチャード・W・ブラウン撮影 ターシャ・チューダー

リチャード・W・ブラウン撮影 ターシャ・チューダー
画像引用:トーヴァ・マーティン 「ターシャ・チューダーの庭」


ターシャ・チューダーの言葉には、「いまの自分」を肯定してくれる言葉がいっぱい。

「年をとるのはいいことよ。ジョージ・バーナード・ショーの言うとおり”若さは若いものに与えるにはもったいない”でしょう。」

「人は自分の置かれている立場をすぐ状況のせいにするけど、成功するのは立ち上がって自分の望むものを探しに逝く人、見つからなかったら創りだす人。」

自宅の小庭

私の自宅 6月の庭


さて、ここで私の自宅のお庭をご覧ください。関東から南にお住まいの皆様には、4月か5月の風景に見えますよね。私の地域では1ヶ月送れで花が咲きます。

まだ紫陽花は咲いていません。それでもさくらんぼの実が青く実り、薔薇もようやく咲き始めました。この写真は6月はじめなので、薔薇はまだ写っておりません。

近頃、ようやく花の中で癒されるようになりましした。40代の半ばまでは、母にこの花が咲いた、あの花が咲いていると言われて目を向けて、季節を感じたり美しさに感動していましたが、この年齢になって、ようやくターシャの気持ちがわかりました。

リチャード・w・ブラウン撮影のコーギー犬

リチャード・W・ブラウン撮影


ターシャの好きなものには動物、鳥がいます。それらと共に暮らすターシャ。アンティークな籠の中の小鳥、白い鳩、鵞鳥、ターシャの口真似をするオウム、ハンナとペグラーも天国に。

絵本に登場した鶏チカホノミー。ターシャのクリスマスにはチャールズ・ヘンリー・カックルベリーが紹介されていました。そして山羊。「わたしが元気なのは、ガーデニングとしぼりたての山羊のお乳のおかげよ。」

コーギー犬も絵本の主人公だったのですが、レベッカ、オウインも天国に旅立ち、ターシャの最後のパートナーはメギー。

片目のミノー

片目のミノー


猫好きではなくとも、リチャード・W・ブラウン撮影の「片目のミノー」を見たら、きっと猫好きになるでしょう。

ロッキングチェアで身体を丸くして眠るミノー。

ターシャが亡くなってから6年立ちました。ターシャと暮らしていた動物や小鳥たち。いまは空へと旅立って、空の楽園ターシャの庭で永遠に咲く花々に埋もれて遊んでいるのでしょうか。

リチャード・W・ブラウン撮影

リチャード・W・ブラウン撮影


好きなもの、美しいものに囲まれて過ごしたい。人として生まれた私たちは誰でも期待します。

ターシャは、「私は美しいものに囲まれているのが好き」といって、田舎で自給自足で暮らし、自分の好きな農家の家を建て、1830年代のドレスをコレクションし、クラシックなドレスは紡いで手織りし手縫いし、そして広大な庭を自分でつくった。そこの花々を室内に飾る。そして畑からのお料理。

エプロンいっぱいの豆、マッシュポテト、アップルソース・ア・ラ・ターシャ。100年前のリボンに、クリスマス。ターシャの宝物は生き生きしてる。お花のお話はまた別なときに。

リチャード・W・ブラウン撮影

リチャード・W・ブラウン撮影


好きなもの、美しいものに囲まれて過ごしたい。

同じ時代に生まれた日本の作家に森茉莉(1903-1987)も「好きなもの、美しいもの」にこだわった女性です。現代の女流作家も「森茉莉のように、生きたい」、「贅沢とは、贅沢な精神」と絶賛するのですが、実際の森茉莉は腐らせた畳のアパートで、鴎外、薔薇、菫、桃花心木、チョコレエトといかにもお嬢様だった頃の思い出とともに暮らした晩年。

私の生き方。ターシャのような想像とマッチする人生を送ること。ターシャのように、自分に贅沢な時間を最後まで過ごすこと。

関連記事
私のマンダレーの庭〜ゆうべ、またマンダレーに行った夢をみた

森茉莉さん関連記事
記事 「それぞれの魔法の庭
記事 「バラを食べるマリア
記事 「マドゥモアゼル・ルウルウ ルウルウの政治
記事 「マドゥモアゼル・ルウルウ プチ・パレェにおけるルウルウ
記事 「アヴェ・マリア 森茉莉もしくは牟礼魔利(ムレ・マリア)

Tovah Martin
コメント:図書館で何十回も貸してもらっているターシャのシリーズ。買うならこの1冊を最初に。なぜならターシャの庭に咲くメインリストとその植え方を鑑賞することができるから。

| 百*花*繚*乱 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小川一眞 Ogawa Kazumasa Flower Collotypes



菊(Chrysanthemum)
by Ogawa Kazumasa


楓がはじめて小川一眞さんの「Some Japanese Flowers」を記事にした5年前には、WIKIには小川さんの検索はなかったのですが、いまではプロフィールや作品について知ることができるようになりました。

ブログ KAFKA では、5年前の当時に写真印刷技法のコロタイプ、出版物について書き添えてあります。

記事 小川一眞 Ogawa Kazumasa

今回は1895年の「Some Japanese Flowers」からです。「Some Japanese Flowers」は、年度によって花のイメージが違いますが、同じ花の輪郭などを変えて掲載しているものもあります。

楓の過去記事 小川一眞 1890年代 Japanese flower

蓮 Plate V. Nelumbium speciosum (Hasu) 小川一眞氏 1895年 「Some Japanese Flowers」,菖蒲 Plate VIII Iris Iaevigata var. Kaempferi (Hana-shobu) 小川一眞氏 1895年 「Some Japanese Flowers」

Nelumbium speciosum (Hasu)
Iris Iaevigata var. Kaempferi (Hana-shobu)


1895年の「Some Japanese Flowers」
Plate I. Lilium speciosum, varieties (Kanoko-yuri)
Plate II. Iris Iaevigatam var. Kaempferi (Hana-shobu)
Plate III. Paeonia arborea (Botan)
Plate IV. Wistaria sinensis (Fuji)
Plate V. Nelumbium speciosum (Hasu)
Plate VI. Rhododendron indicum (Tsutsuji)
Plate VII. Camellia japonica, double striped (Tsubaki)
Plate VIII Iris Iaevigata var. Kaempferi (Hana-shobu)
Plate IX. Lilium auratum (Beni-suji)
Plate X. Ipomaea hederacea (Asagao)


ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)には、「Flower Collotypes」が所蔵されています。「朝顔」の画像もあります。



Some Japanese Flowers by K. Ogawa (V&A)


海外では、Ogawa Kazumasa(小川一眞)の「お花」よりは、芸子さんや風物詩、当時の日本の風景や家屋、室内などが有名のようですが、来年(2012年)のカレンダーに、この花々が使われるようです。
| 百*花*繚*乱 | 16:04 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
柴田是真 鈴に桜図



柴田是真 鈴に桜図


sai が4年も前から是真の記事を書いていました。最近「柴田是真 漆×絵」展のせいか話題の人ですよね。

この人すっごく個性が強い人だと思うんです。

そして詩や俳句なんかをたしなんで・・・。風流人じゃないでしょうか。sai はそういう人物が好きだから。

この作品も是真ってあったけど、alei の記事をみてそうか、「是真」とかその作品によって書き方違うって気が付いて。

いくつか是真の記事をリンクしましたので、いろいろな作風をご覧ください。

saiはこちら
記事 Shibata Zeshin
記事 アール・ヌーヴォーとジャポニズム
記事 作品 オークションにだされているもの、摺り物絵など
記事 漆絵画帳(絵本漆絵)、是真髤画帖、柴田是真翁漆絵集

友人たちの記事
記事 柴田是真 尾長鶏
記事 柴田是真 昆虫図
記事 柴田是真 詩と挿絵
記事 柴田是真 花瓶梅図漆絵
記事 柴田是真 貝尽図漆絵屏風
記事 柴田是真 浮世絵?
記事 柴田是真 蜘蛛の巣に昆虫図
記事 柴田是真 八十翁 柴田是真の七福神
| 百*花*繚*乱 | 19:31 | - | trackbacks(3) | pookmark |
ゴッホのアイリス
クリックすると 「ゴッホ 花瓶のアイリス」の全体像がご覧いただけます。 Vase of Irises, Strauss 1890 by Vincent van Gogh

ゴッホのアイリスは、ジャーマンアイリスなのかなぁと思いながら、ゴッホの「花瓶のアイリス(1890年)」を拡大したディティールです。右上にとびだしたような部分は、BLUE MOONさんが、私のために書いてくださったような記事、「杜若に菖蒲(あやめ)、花菖蒲」からみて、「菖蒲 あやめ」にも見えます。

目型模様ではなく、文目模様にみえるからです。このジャーマンアイリスの「Gnus Flash Iris」といわれるものが、日本の「あやめ」に近いと思います。「杜若に菖蒲(あやめ)、花菖蒲」の菖蒲と見比べてください。

Gnus Flash Iris

The Black Iris, is the national flower of Jordan


そしてゴッホの描いた1890年のアイリスは、ジャーマンアイリスであると思いますが、どうしてもあの色がでません。一番近いと思ったのが、「The Black Iris」( the national flower of Jordan)です。

1890年に描かれたアイリスは、こちらです。ゴッホは「ひまわり」のようにアイリスも何枚も描いたのでしょうか。もしそうならひまわりのように三幅対になる!なんて。素人 楓 の勝手な考えですぅ。



アイリス 1890年 フィンセント・ファン・ゴッホ
ファン・ゴッホ美術館


1888年に描かれたという左右反対のアイリスと見比べてください。私達がよくみているのが右側の1890年の「Still Life: Vase with Irises Against a Yellow Background」(アムステルダム ヴァンゴッホ美術館所蔵)のものです。1888年の「Still Life with Irises」が左側です。

これってほんとにゴッホが1888年に描いたんでしょうか?渓斎英泉 「雲龍打掛の花魁」が逆版で紹介されたのをその逆版のままゴッホが「花魁」を描いたようにゴッホの逆版かもしれませんね。

ゴッホが描いたアイリスの色は、プルシャン・ブルーに一体どんな顔料を使用したのだろうと思いが馳せます。「花瓶のアイリス」は絵の具の顔料が何層にも重なっています。ゴッホは毛糸をカラースケールに使っていたといいますから、色の値をはかっていたのですね。たしか作品にも「毛糸だま」というタイトルのついたものがあったと思います。

Still life with irises Irissen(irises), 1890

ゴッホは、『印象主義が流行らせたすべての絵具は褪色する。だから生で大胆に用いる必要がある。そうすれば歳月がちょうどよく柔らげてくれるだろう』といいます。酸鉛クロム系の絵具を使っていた理由がここにあるんですね。

ゴッホが、黒を使用せずに描いた「星月夜」があります。
『僕としてはなかんずく黒よりも、もっと強い効果を出すことが必要だった。バーン・シエナを加えたプルシャン・ブルーなどは、実際の黒よりもっと深い調子を出すものだ』

ブルーには、イヴ・クラインが生み出したインターナショナル・クライン・ブルー(IKB)なんていうウルトラマリンブルーも有名ですが、ゴッホの好んだプルシャンブルーは、黒に近いような青に見えやすく、白と混ぜると美しい水色になります。ただし混色は難しくテクニックが必要です。バーン・シエナ(Burnt Sienna)は、シエナより赤みの強い褐色。

Pearlescent Paper, Prussian Blue Italian Burnt Sienna

ちなみに、アイリスの球根で、「Van Gogh ヴァン ゴッホ」と命名されているのは、1983年作出されたB . Williamson のサフロンイエローと黄土色のブレンド花で、紺青ではないとのこと。

ゴッホは、ひまわりも2本、3本、4本・・・12本、それから初期の「壷の中のひまわり」も14本のほかに、15本、そして壷のサイン入りなどがあります。何枚も描かれたそれぞれの12本とそれぞれの15本を「三幅対」に用いています。何枚も描くのは、ひまわりに限ったことではないのですね。「タンギー爺さん」も、浮世絵の背景が異なる2枚がありますね。さて、自画像もかなり描きましたが、ゴッホの肖像画を描いているゴーギャンやロートレック。さらにアーチボルト・ハートリックらの「ゴッホの肖像」もあります。画家達の「ゴッホの肖像画」はからご覧いただけます。

気になるのは、今月に贋作を指摘された「ある男の肖像」です。「片目の男」や「自画像」などにも贋作といわれているものがたくさんあります。ある画家が、昔に祖父の家でゴッホを模写していたそうですが、美術館のゴッホ展で自分の作品を発見して驚愕したそうです。(10年間沈黙していたそうです。もしかするとこちらの画家の誰か?→「ゴッホを描いた画家たち」) 複雑な背景が絡んだゴッホの生前は、死の彼方までも続いています。
| 百*花*繚*乱 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(4) | pookmark |
ようやく咲いたモネの薔薇
我が家のクロード・モネの薔薇7月の中旬過ぎには咲くのかなと思っていたら、なかなか咲かないので忘れていました。クリーム色が開いていたのですが、いま思えば、それもクロード・モネの薔薇だったんです。いま、この薔薇の下には、うすーいピンクの薔薇をつけています.

すぐ花びらの先が茶色に変色しちゃうのです。

カタログでのクロード・モネの薔薇これがカタログで見たクロード・モネ。もしかしたら、”日本むけ”ってあるの?いま海外の薔薇で輸入禁止ってないと思うんですが。さて、実はセザンヌの薔薇も咲いたんですよ。少しづつアップしていきます。ちなみに、芸術家の薔薇は弱いです。
| 百*花*繚*乱 | 19:27 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
小川一眞 1890年代 Japanese flower by Ogawa Kazumasa


1897-1897年 「Japan Described and Illustrated」 より
Photographer: k.Ogawa

小川一眞 Ogawa Kazumasa Flower Collotypes



蓮(Hasu)



百合(Lily)

関連記事:小川一眞(Ogawa Kazumasa)
(Japan Described and Illustrated)

1897-1897年 「Japan Described and Illustrated」 より
Photographer: k.Ogawa
| 百*花*繚*乱 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山手西洋館 「花と器」
ローラン・ボニッシュ 〜 薔薇の季節山手の西洋館で6月17日〜25日の一週間にわたり、「2006〜花と器のハーモニー」が開催されました。NET-FRIENDのmariさんが、春の「花あふれる おもてなし」で、ローラン・ボニッシュのトピアリーを紹介していますので、ご覧になってくださいな。


横浜に残るレーモンド作品の「エリスマン邸」での花と器は、暖炉のように、花で室内の装飾も施されていました。暖炉の前の花は大変美しいのですが、うえの花の装飾には、なにか興ざめをしちゃいました。器の銀座ブルーメも映えない。ふだんは、「花のボランティア」の皆さんが装飾されるそうですが、ちょっと単調。


ローラン・ボニッシュ 〜 薔薇の季節以前別なブログで紹介していますドナルド・ラドヴィッチ(TU!LIP KISS from NIIGATA)なんかもそうなんですけど、何も無いところからの展示はたいへん見事です。ですが、今回は既存のもの、たとえばファブリック、カーテンから壁紙などの背景に殺されてしまった気がします。その中で、素人の私がいいなと思ったのが、前谷裕一氏のコーディネート。
続きを読む >>
| 百*花*繚*乱 | 11:54 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
百花繚乱 芍薬 Peonies
Edouard Manet

Vase of Peonies 1864Vase Of Peonies, 1864
エドゥワール・マネ Edouard Manet(1832-1883)といえば、草上の昼食、オランピア、ナナ、ばら色のくつ(モリゾ)を私個人は思い浮かべます。

マネの絵画には、ピオニー(芍薬)も多く描かれています。


Flowers in a Crystal VaseFlowers in a Crystal Vase
ガラスの花瓶の花

ここにピオニーを確認できませんでしたが、好きな絵のひとつです。

1864年「シャクヤクと剪定鋏」もよく知られている絵画ですね。


Vase of FlowersVase of Flowers「花瓶の花」

マネ、ゴッホも「ピオニー」を何枚も描いていますが、Louis-Marie Lemaire(French, 1824-1910) の「Peonies and Roses」という作品も、同じ時代に描かれています。


PeoniesPeonies, 1864
個人的に、もっとも好きな色調の絵です。ボン・シック,ボン・グーというところでしょうか。このマネに影響された、Henri Fantin-LatourもVase Bouquet de Pivoines Peonies, White Violets, Rosesなどを描いています。印象派の画家たちが集まるカフェ・ゲルボワに集い、詩人、音楽家とも交友し、ランボーらの文学者らを描いた『テーブルの片隅』や音楽をモチーフにした作品を数多く制作しています。


Vase de Piviones Sur PiedoucheVase de Piviones Sur Piedouche
「台の上のシャクヤクの花瓶」

Edouard Manet
Manet Gallery
Edouard Manet Artwork Images
Edouard Manet Prints
fine art prints and posters



Vincent van Gogh
続きを読む >>
| 百*花*繚*乱 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
The Group of Seven Franklin Carmichael
トロントの北西部にある小さな村クレインバーグにあるマクマイケル美術館が有名なのは、グループ・オブ・セブンの作品が集められていることにあります。

この「アイリス」という作品は、メンバーの一人であるF・カーマイケル Franklin Carmichael が描いたもの。

グループ・オブ・セブンは、カナダの風景を描くことで、ナショナリズムの形成にも寄与したのです。

1948年にカナダ人画家ポール=エミール・ボルデュアは、「世界拒否宣言」の冒頭に、「魔術、希望、想像力の場所を」と述べていますが、グループ・オブ・セブンによって、カナダの国土がそうあるべき場所というアイデンティティが根付いたとも思われます。
| 百*花*繚*乱 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(4) | pookmark |
みどり桜 御衣黄
Gioiko南から北上してきましたみどり桜。貴人の衣服という意味の「御衣」をその名に冠して「御衣黄」という桜は、こちらでは今が見頃です。遅い開花に驚いている皆さんも多いでしょう?

楚々とした萌黄色から、開花が進むにつれて花弁の中心に紅色の縦線がはっきりと現れてきます。

八重桜の一種で、江戸の時代から「御衣黄」は咲き続けています。時には、周りの木々と見分けがつかないこともある。

そんな”貴重”な発見ができる桜です。

追記:トラックバックを頂戴いたしました。
リンクしております「楚々とした萌黄色」になる前の萌葱色の御衣黄はBLUEMOONさんから、満開時のさくら色の御衣黄は、Qualiaさんから頂戴しております。ぜひ変化を楽しまれてみてください。

| 百*花*繚*乱 | 13:44 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |