楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
クピドとプシュケは本当にいつの時代にも描かれている作品ですが、このクピドとプシュケの場面をジョン・ウィリアム・ウォーターハウスも描いています。


ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスのプシュケ

Psyche

Psyche Opening the Golden Box 1903 個人蔵
John William Waterhouse
黄金の箱をあけるプシュケ ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス

Psyche Opening the Door into Cupids Garden

Psyche Opening the Door into Cupid's Garden
1904年  John William Waterhouse
「クピドの庭の扉をあけて入るプシュケ」 ウォーターハウス
Harris Museum & Art Gallery  ハリス博物館&美術館



 ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス ラミア



Lamia  1909年 個人蔵  
John William Waterhouse
「ラミア」 ラミアバージョン2 ウォーターハウス


クリックをするとクリスティーズで所有する「ラミア」に変わります。1909年となっています。ラミアーの伝説は多数あり、ゼウスとの子にリビアの巫女シビュレーを産んだともされています。
 
この画像はwikiから引用したものです。この作品の本当の色に近い写真はこちら→「Lamia」から。クリスティーズで所有するものってこの個人蔵と同じなんでしょうか。


ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス ラミアと戦士

John William Waterhouse Lamia(version 1) 1905


Lamia and the Soldier 1905年 個人蔵  
John William Waterhouse Clickで撮影成功画像に変身!
「ラミアと戦士」 ラミア バージョン1 ウォーターハウス  はポスター


Lamia John William Waterhouse


これは魔物の女ラミアー。迷い込んだ森で蛇ラミアの宿り木となってしまう戦士でしょうか。まだこの戦士は何も知らないのでしょう。

J.W. Waterhouse 「Lamia」(ラミア)  Auckland Art Galleryなんともう一枚のラミアがありました。ニュージーランドのオークランド・アートギャラリー所蔵の「ラミア」はこちらの記事。

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス ダナエ そしてラミア 」から大きな画像でご覧ください。バージョンの違うこのドレスのラミアの作品画像がご覧いただけます。

ドレスと足元のスカーフのような蛇の抜け殻を比べてみてください。

次の作品は「ラミア」以前の作品ですが、ふとこの「つれなき美女」のベースとなった「つれなき乙女」がラミアーを謳ったのではないかと思い、ご紹介いたします。

 「つれなき美女」 キーツの詩から


La Belle Dame sans Merci(1893) Hessisches Landesmuseum, Darmstadt.ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスのヘッセン州立博物館 (ダルムシュタット)所蔵の「つれなき美女」(1893年)は、ジョン・キーツの「つれなき乙女」から絵画化された作品で、この当時はウォーターハウスだけではなく、絵画の題材として多く扱われています。

森に迷い込んだ騎士。そのやつれた姿をみて「その姿は・・・」と声をかけるところからはじまります。

そうして騎士はその「つれなき美女」に花冠を捧げ、甘露の蜜を口にし、森林の洞窟のなかで戯れた話しを聞かせます。深い眠りにつくと、夢に現れたのは異形の騎士達。それは死者のようでもあります。

「あの女がおまえも虜にしたのか」と叫ぶ者。目が覚めると騎士は野の原に倒れていました。

study La Belle Dame sans Merci(1893)こちらは「習作 つれなき美女」(1893)です。どちらも「つれなき美女」は騎士に蛇のように巻きつくようなしぐさ。

キーツの詩には「異界の言葉で愛していると囁いた」とありますが、先に紹介した「ラミアー」もこの世の言葉は話せません。これは「ラミアー」をイメージしてもいいのではないかと思ったのです。

キーツは「ラミアー」とは一言も触れていません。触れてはいませんが、当然「ラミアーの神話」は知っていたはず。キーツはラミアーを下地にして創作したのではないかと。

唯一の蛇ラミアの宿り木から逃れられた一人の騎士だったのかもしれませんね。


 ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 薔薇


John William Waterhouse - The Soul of the Rose, aka My Sweet Rose


The Soul of the Rose, aka My Sweet Rose 1908年  
John William Waterhouse
薔薇の魂 私の甘い薔薇 個人蔵 ウォーターハウス


この作品はテニスンの 「モード」から、ウォーターハウスは作品化しました。

「And the soul of the rose went into my blood」
薔薇の魂が私の血にと流れ込む。

Faultily faultless 欠点ないのも欠点で
icily regular 冷淡なのも習慣で
splendidly null 美しさだけで 何もない  by 楓

以前、JOCOSOでの記事にテニスンの意訳(↑)をしました。それを記事にしてくださったNAOさん。このウォーターハウスの作品の解説に使用してくれました。
NAOさの記事から引用
そこに、楓さんが「たとえば 薔薇の棘も、棘のない薔薇も どちらも不完全なものだけれど、『薔薇に、棘』の花ほど完璧なものはありません。ですが、完璧であるほど、周囲が傷を負うこともありますね。だからこそ花の香りはやさしい。目に見えない美しさが伝わるから」と譬えていました。
現在はblogを閉鎖していますが、彼女の記事はご覧いただけます。



不思議な国の世紀末
 受態告知
ダナイデス
パンドラの壷
南部のマリアナ
去れど忘られず
シャーロットの姫君(シャロットの女)記事最後に!
アルゴナウティカ 人魚/セイレーン/ オルフェウスの首を見つけるニンフ達/ヒュラスとニンフたち/イアソンとメディア
オデュッセイア マーメイド(人魚)/嫉妬に燃えるキルケ/ユリシーズ(オデュッセウス)に杯を差し出すキルケ/ユリシーズとセイレーン
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス どうなんでしょう
「ハマドリュアス」
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス どうなんですか
エコーとナルキッソス/デカメロン/魔法をかけられた庭/野の花 (アネモネ・ブランダ) Windflowers/神託伺い/アドニスの自覚 1989の作品と1900年の作品二点/フローラとゼピピュロス/摘めるうちにバラの蕾を摘みなさい (こちらは画像が全部大きくなります)

絶品はアルゴナウティカと「どうなんですか」ですね。本当の配色が伝わります。


| ラファエル前派 世紀末 | 21:17 | - | trackbacks(7) | pookmark |
エドワード・バーン=ジョーンズ 天上の人々



オリジナルに近い雰囲気の「プシュケの結婚」 記事リンクしてます↑
バーン=ジョーンズ 「プシュケの結婚」 ベルギー王立美術館


ベルギー王立美術館所蔵、エドワード・バーン=ジョーンズの「プシュケの結婚」です。画像はこの作品記事にリンクしています。

aleiやsaiは、この「プシュケの結婚」というタイトルは、バーン・ジョーンズの連作フレスコ画の「クピドとプシュケ」の第ニシーン「プシュケの生贄」と同じスタイルで描かれていると言及しています。生贄の場面と人間から神々の一人になりエロスと結婚するその場面を重ねて描いたのではと。

その12連作の「クピドとプシュケ」もaleiの記事からごゆるりとご覧くださいな。ただし2作品はこちら↓。

Oil Painting - Cupid and Psyche - Palace Green Murals (1922) -left: Psyche gazes in despair at Cupid flying away into the Night,right:Cupid Flying away from Psyche by Sir Edward Burne-Jones    


aleiの記事より 「エドワード・バーン=ジョーンズ 連作 「クピドとプシュケ」」(1922年 バーミンガム博物館&美術館所蔵)の2作品である、「真夜中に飛び去るクピドを見つめ続けるプシュケの絶望」と「プシュケから飛び去るクピド」を奪っちゃいました!

「エドワード・バーン=ジョーンズ  Edward Burne-Jones」

「キリスト降誕」 1888年
「王と羊飼い」 1888年
クピドの狩(クピドに囚われたプシュケ) 1882年
クピドの狩(クピドに囚われたプシュケ) 1885年
コフェチュア王と乞食娘
 テートギャラリー
「祝福されし乙女」
「ベアトリーチェ」

「嵐」 (シェイクスピア テンペスト)バーン=ジョーンズの自画像

「バーン=ジョーンズ Sir Edward Burne-Jones」
「バーン=ジョーンズ 受態告知」

アメブロのremove エドワード・バーン=ジョーンズ 
「プシュケの結婚」1895年
連作 「クピドとプシュケ」11点
「プシュケを見つけたクピド」マンチェスター美術館
「プシュケを見つけたクピド」大英博物館
「プシュケを見つけたクピド」エール大学英国美術センター
「パーンとプシュケ」(1872-74)
「プシュケを運ぶクピド」1867年(ハマー・スミス)
「プシュケを運ぶクピド」1871年
「プシュケを運ぶクピド」1867年(セシル・ヒギンズ)
「ヴィーナスの鏡」グルベンキアン美術館
「ヴィーナスの鏡」個人所蔵
「キリストと聖歌隊」所蔵先など不明
「愛の歌」メトロポリタン美術館
「愛の歌」ボストン美術館
「アーサー王」シリーズ タペストリー

JUGEMのremove エドワード・バーン=ジョーンズ
「最後の審判」 1874-76年
Triptych(三連画)受態告知と東方三博士の礼拝
「受態告知」1893年
「受態告知」1879年
「受態告知」1876年
「受態告知」1862年
「「妖精の丘」 対画(サザビーズ)
「天地創造の6日間」 4日目以外の5点
「オックスフォードの壁画」受態告知、キリスト降誕、礼拝の場面

前回の「エドワード・バーン=ジョンズ」記事でご紹介できなかった記事

兎穴の少女さん 不思議な国の世紀末

oricon ブログ「レバノンの花嫁」

まきさん 「希望」ダニーディン美術館 、ボストン美術館
      「信仰」、「慈愛」


ryoさん 「ルシファーの堕天」,「愛の凱旋車」,「黄金の階段」

前回はバーン・ジョーンズのヴィーナス関連が主でした。さまざまな記事にリンクしています。

エドワード・バーン=ジョーンズ ウェヌス・エピタラミア」から

さらに新記事 画像はSAIから借用したました。


XAI  バーン=ジョーンズ シリーズ「薔薇物語」




SAI バーン=ジョーンズ シリーズ「ペルセウス」

| ラファエル前派 世紀末 | 00:02 | - | trackbacks(0) | pookmark |
エドワード・バーン=ジョーンズ ウェヌス・エピタラミア(祝婚歌のウェヌス)



ウェヌス・エピタラミア(祝婚歌のウェヌス) 1871年 (ポスター画像)
このポスターの色違いが最後のリンク先からもご覧いただけます。


ウェヌス・エピタラミア(祝婚歌のウェヌス)は結婚を祝福する女神です。エドワード・バーン=ジョーンズが描いたウェヌスは、ノストラダムスの予兆詩集にでてくるウェヌス・ネプツヌス(ネプトゥヌス)のように、潜んでいる姿。

クラウディウス・クラウデイアヌの祝結歌にはウェヌスは結婚の介添えと象徴として歌われるのですが、結婚の行列を影から見守るというより、不和を祈るような表情です。

バーン=ジョーンズは愛人マリア・ザンバコへのオマージュとして、このヴィーナスを重ねて描いたようです。二人が別れたあとですね。

1869年、マリア・ザンバコは実らないバーン=ジョーンズとの愛に入水自殺を図ります。未遂で終わりましたが、結局彼女はバーン=ジョーンズと別れます。

バーン=ジョーンズは結婚とは不調和を示す女性をここに描き、結婚式を恨めしげに見ているように描いたのかな?愛の犠牲者として。

結婚というかたちに囚われない愛もあります。そこにいるクピドは愛をまだ与えようとしているのでしょう。

このクピドの彫刻、ピグマリオンにつくってもらったのでしょうか?

人種差別にも及びそうなチョーサー「女子修道院物語」
バーン・ジョーンズ「女子修道院物語」の3作品を引用
「チョーサー 女子修道院長の物語(カンタベリー物語)  修道女の肖像画」

エドワード・バーン=ジョーンズ ヴィーナス関連記事
「エドワード・バーン=ジョーンズ  ヴィーナス巡り」
※ ↑ ヴィーナス作品集です!
※ ↓ なんとヴィーナス巡りに掲載された作品と繋がりが!
「7枚の運命の女神の車輪」
エドワード・バーン=ジョーンズ 「ヴィーナスの誕生」
エドワード・バーン=ジョーンズ ヴィーナス賛歌
ヴィーナス賛歌のここまでみれる色質と細部の画像!

エドワード・バーン=ジョーンズ 作品記事
記事サン=ローランとベルジュのバーン=ジョーンズ
記事バーン・ジョーンズ  アーサー王と円卓の騎士
記事YSL&ベルジュのバーン・ジョーンズ(パネル編)
記事バーン=ジョーンズ 聖ゲオルギウスの伝説
記事エドワード・バーン=ジョーンズ 「ダナエ」
| ラファエル前派 世紀末 | 17:56 | - | trackbacks(3) | pookmark |
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 去れど忘られず
Forgotten Not But Gone, private collection(1873),  John William Waterhouse「過ぎ去りしけど忘れられざる」とでも訳すのでしょうか。

1873年のジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの「Gone, But Not Forgotten」です。

ウィリアム・ウォーターハウスでは、数点気に入っているものがありますが、その中の1枚です。

誓いや願い、死者への追悼、あるいは復讐の言葉として、その決意を表わす−Gone, But Not Forgotten−。テニスンの「追憶の詩」かと思っていましたが、Gone, But Not Forgotten という言葉はどこに? 500節ほどあるんですぅ。探せません・・・というか、日本語以外は読みたくない・・・。

でも、この追悼の詩を思わせるような作品です。

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 関連記事
 受態告知
ダナイデス
パンドラの壷
南部のマリアナ
去れど忘られず
シャーロットの姫君(シャロットの女)記事最後に!
アルゴナウティカ 人魚/セイレーン/ オルフェウスの首を見つけるニンフ達/ヒュラスとニンフたち/イアソンとメディア
オデュッセイア マーメイド(人魚)/嫉妬に燃えるキルケ/ユリシーズ(オデュッセウス)に杯を差し出すキルケ/ユリシーズとセイレーン
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス どうなんでしょう」 「ハマドリュアス」
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス どうなんですか
エコーとナルキッソス/デカメロン/魔法をかけられた庭/野の花 (アネモネ・ブランダ) Windflowers/神託伺い/アドニスの自覚 1989の作品と1900年の作品二点/フローラとゼピピュロス/摘めるうちにバラの蕾を摘みなさい (こちらは画像が全部大きくなります)

絶品はアルゴナウティカと「どうなんですか」ですね。本当の配色が伝わります。
「Lamia」 John William Waterhouse2010年5月
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 記事より

黄金の箱をあけるプシュケ
クピドの庭園にはいるプシュケ
ラミア(ラミアー)
ラミアと戦士(ラミアと騎士)
つれなき美女
薔薇の魂 私の甘い薔薇

こちらの記事を公開しました。

ぜひお読みください


| ラファエル前派 世紀末 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(4) | pookmark |