楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
DVD Signé Chanel サイン シャネル

シャネルのオートクチュールショーが開催されるまでの2か月を追ったドキュメンタリーが「サイン シャネル」です。DVDも日本語版があります。

Episode 1 カール・ラガーフェルド始動
Episode 2 靴職人マサロの苦悩
Episode 3 憧れのブライダル・ガウン
Episode 4 工房の眠れぬ夜
Episode 5 ふたつのコレクション

WOWOWでも「サイン・シャネル 憧れのバックステージ」で、第5話までありましたが、そちらをご覧になられた方も多いでしょう。

各シーンの映像画像は、「Life Style Concierge Private」にまとめました。ご覧くださいな。

DVD Signé Chanel

Signé Chanel サイン シャネル
 カール・ラガーフェルドのアトリエ


パリ・カンボン通り31番地のシャネル本店。

マダム・マルティーヌ(Madame Martine)はこの最初の画像。カールが「君が素晴らしいものをつくることがいけないんだ。」と言うと「ちょっとがんばりすぎたのね。」とサラリ。すごい、すごい、すごい。

ここにはたくさんのスタッフ(お針子、職人たち)の修羅場が見事に映し出されています。スーツのアトリエ主任ジャクリーン(Madame Jacqueline)。突然の指示変更に、時計を見ながらやり直しをしなければならないドレスのアトリエ主任ロランス(Madame Laurence)。

「作ったものに愛着があるけど、決定が正しいと信じるわ。」
  by ロランス

他にもレースの刺繍を施すシーン、シルクピンを手早く刺すお針子の姿やアイロンがけなど、物凄いスピードと熟練された技術が見られる。 泣き言も言わず、軽口をたたきながら、真剣に仕事に向かう人々。シャネルの従業員ってすごい!素晴らしい!

Signé Chanel

Signé Chanel サイン シャネル
カール・ラガーフェルドのアトリエ


唯一ココ・シャネルから受注を受けていた75歳のマダム・ヴージュー(Madame Pouzieux )。彼女はガロン(Gallons)職人です。

記事 Signé Chanel サイン シャネル カールラガーフェルドのアトリエ

ガロンはシャネル・スーツでおなじみの襟、袖、裾などブレード(三つ編みや飾緒)の縁取りのこと。ブレードの縁飾りはマダム・ヴージュー以外の人には出来ない仕事。

「人間の限界なんて、自分の思い込み次第よ。」 胸、見事に貫かれました。

カール・ラガーフェルド関連記事 
カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)
| Karl Lagerfeld | 21:03 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
モエ・エ・シャンドン(Moët & Chandon)×カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld) 



記事 モエ・エ・シャンドン・ブリュット・アンペリアル


モエ・エ・シャンドンの最初のヴィンテージは1842年。1863年に「Inperial(アンペリアル)」をブランドとして登録しています。

1899年に、ミュシャはモエ・エ・シャンドン・アンペリアルのポスター、ホワイト・スター、モエ・エ・シャンドンのメニューなどを手がけました。

ミュシャはアール・ヌーヴォー時代の寵児。絵画、ポスターのほかに、コラボでアクセサリーや宝飾品、インテリアなどにも幅広く活躍しましたね。

そしていまではモエ・エ・シャンドンの広告は、ミュシャからカール・ラガーフェルドの時代となりました。

Lagerfeld’s Dom Pérignon Rose Vintage 1996

ドン・ペリニヨン・ロゼ・ビンテージ1996物語
シャンパンとファッション ドンペリとカール・ラガーフェルド
カール × ドンペリ×ヘレナ・クリステンセン×18世紀

シャネルのデザイナー カール・ラガーフェルドの2011春夏コレクションに関する記事を書いたのは、つい先日のことです。

記事 サーシャ・ピヴォヴァロヴァ Sasha Pivovarova

10年くらい前は、まだ「カール・ラガーフェルド」が売却されていない頃、数点カールのお洋服を手にしていました。

お扇子のブランドマーク、カールのポニーテールもその頃からですが、ブランドマークだったお扇子を手にしているカールの姿をめっきり見ることがなくなったと思いませんか?
カール・ラガーフェルド 写真による略歴
それではモエ・エ・シャンドンの歴史に触れてみたいと思います。

Coffret Rosé Indulgence © Moët & Chandon

Coffret Rosé Indulgence 
75個限定品


Moët & Chandonは、1743年にクロード・モエによって創業されました。ワインの仲買人です。ルイ14世時代のことです。

記事 太陽王ルイ14世展
記事 宮廷の威光と王家の儀式

次の代になりルイ15世は、生産拡大を要請します。ルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人は、シャンパーニュを大変に好み、モエ・エ・シャドンも気に入っていました。


1760年、ポンパドゥール夫人はワインで王の歓心を惹こうとし、コンティ公と争うほどでした。それがのちの「ロマネ・コンティ」なんですね。

記事 私の時代 マダム・ド・ポンパドゥール

三代目のジャン・レミー・モエは、1794年に、国有のサンピエール ド オーヴィエ−ル修道院(L'Abbaye de Saint Pierre de Hautvillers)を買い取ります。フランス革命(1789年 - 1794年)で僧侶がいなくなった修道院でした。

記事 マリー・アントワネットが愛したもの


ルイ14世時代に47年間仕事を続けた修道士ドン・ピエール・ペリニョン(Dom Pierre Pérignon, 1638年 - 1715年)が務めていた修道院でした。



ルイ14世


酒蔵係として働いていた修道院で、修道士ドン・ピエール・ペリニョンはシャンパーニュつくりに生涯を捧げ、ルイ14世が亡くなると、修道士ドン・ピエール・ペリニョンも後を追うように亡くなりました。

三代目が買い取った修道院。ドンペリニヨンは最良の収穫年にのみつくられるヴィンテージとして知られていますが、1937年にキュヴェ・ドン・ぺリニョンを発売したのはメルシエ社なのです。メルシエは1970年にモエ・エ・シャンドンが買収。「ドン・ペリニヨン」の商標を買い取ったのです。

つまり商品としてのキュヴェ・ドン・ペリニオンが造られたのは1936年だということです。。

カールはアール・デコ時代と1940年代を好むといわれていますが、私はヴェルサイユ、ロココも愛していると思っているのですが。

| Karl Lagerfeld | 18:37 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |