楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
モーリス・ドニ 「黄昏」 ボナ美術館 Maurice Denis  musée Bonnat



モーリス・ドニ 黄昏 1892年 ボナ美術館


ボナ美術館にあるのが、この「黄昏」(Crépuscule)です。ところが日本のサイトでこの作品を紹介しているものに、「寝台で眠る若い女性」(The Sleeper or Young Girl Asleep/La Dormeuse ou Jeune Fille endormie)とあります。

ドニは油彩のほかに同じ作品のリトグラフや、間違い探しのようにある部分だけを変更して描いている作品も多いですが、この「黄昏」は、モーリス・ドニ美術館の「黄昏の中のマルトとドニ」(庭でデザート)のように、サブタイトルなのでしょうか。
追記
この「黄昏」と似た作品で「黒いバルコニーで眠る女」、「魅惑の森で眠る女性」という二つの作品をsaiが記事「モーリス・ドニと最初の妻マルト マルタとマリアの家のキリストから」で掲載しています。ぜひご覧ください。

この作品の背景の白い花をつけた木々がとても美しいですね。ドニにしては珍しい静物画「ゼラニウム」を鑑賞して、花(植物や木々)への関心も伝わってきます。

マルセル・プルーストはサンザシの花(白い花)が好きで、「失われた時を求めて」では、「スワン家の方」で「サンザシ」が登場します。

プルーストはラファエル前派ではバーン=ジョーンズがお気に入りでしたが、バーン=ジョーンズも、プルーストの白い花好きを意識していたのか、サンザシの花を描いた「欺かれたマーリン」があります。プルーストは、ナビ派のドニのこの作品を鑑賞したことはあったのでしょうか?(残念なことにプルーストの小説にはドニは登場していませんよね。)

このドニが好んで「黄昏」を描いているのは、他の作品の背景をみてもわかりますが、ドニにとって、朝日も真昼も黄昏も、そして宵に暁と、それぞれの場面を独特の色で表現することに「意味への意志」を重ねていたような気がします。

モーリス・ドニの作品はこちらから
xai モーリス・ドニ 塔の花嫁 ペレアスとメリザンドからマレーヌ姫
| Maurice Denis モーリス・ドニ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モーリス・ドニ 三位一体の夜



モーリス・ドニ 三位一体の夜 1891 個人所蔵


モーリス・ドニ展がはじまっていますが、鑑賞しにいく予定は、いまのところはありません。何年か前の「セザンヌ主義」で、ドニの大きな作品を鑑賞しましたが、ドニお得意の虹色の配色。

本物のほうが断然素敵ですが、虹色、幼い子供たち、水浴やポワンとした配色や線のものは、楓はあまり好きではありません。

ちょっと謎めいた作品が好きです。この左奥に座る女性だけが服を身につけています。人間とミューズを描いているのでしょうか。

この女性、妻マルトマルタなのかなと思いましたが、マルタマルトの姉エヴァに似てる。





モーリス・ドニ 緑色のドレスのエヴァ・ムリエの肖像
1891年 クリーブランド美術館所蔵



 
クリーブランド美術館所蔵(Cleveland Museum)の「緑色のドレスのエヴァ・ムリエの肖像」(Eva Meurier in a Green Dress, 1891)です。

この2枚、どちらも1891年の作品なんですよね。もしも「三位一体の夜」がエヴァだとしたら、なにかメモリアルな意味で描いたのかなと思いました。

以前にもモーリス・ドニの作品記事を書きました。こちらもニ作品を紹介していますので、ご覧ください。

過去記事 モーリス・ドニ 〜 ドニの中のドニ by 楓 〜

ドニの作品記事 
XAI 「塔の花嫁 ペレアスとメリザンドから」

| Maurice Denis モーリス・ドニ | 21:29 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |