楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
楽譜を読む女 ハンス・マカルト

Dame am Spinett 1871 by Hans Makart  Austrian Gallery Belvedere

スピネットの前の女性 ハンス・マカルト 
ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画


本ではなく「楽譜」です。

以前に私の知人のピアノリサイタルの記事で、ハンス・マカルトの描いた 「ステファニー・ド・ベルジックの肖像画(ピアノを弾くシュテファニー・フォン・ベルギエン)」を掲載したころがあります。

Hans Makart

たぶん「ステファニー・ド・ベルジックの肖像画」 19世紀
(ピアノを弾くシュテファニー・フォン・ベルギエン)
ハンス・マカルト 1880年代、所蔵先不明です。


美貌に関しては酷評されているステファニー・ド・ベルジックですが、ハンス・マカルトはオーストリア皇太子妃ステファニーを美しく描いてくれました。

「スピネットの前の女性」は、ステファニー・ド・ベルジックなのかしら・・・と思いました。

なんとなく寂しそう。姑エリザベート皇后が嫌う「かわいそうなシャルロット」の姪であったため、宮廷ではとても辛い毎日でした・・・。

1889年に男爵令嬢と情死、あるいは暗殺された夫皇太子ルドルフにも愛されず、ウィーン宮廷を離れます。二度目の結婚は大変幸せだったそうです。

ご注意
二枚の作品画像をステファニー・ド・ベルジックとしたのはなんの根拠もございません。

Stephanie von Belgien

ステファニー・ド・ベルジック


ちなみにステファニー・ド・ベルジックの一番きれいな写真。

Prestel Pub
コメント:オーストリアのエリザベート皇后の銀婚式をプロデュースしたことでも有名な画家。

コメント:クリムトと同じ時代を過ごしたウィーン美術界を代表する画家ですね。

| Reading Woman 読む女 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
読書をする女 本を片付ける女

Alexej Harlamoff  Literary Pursuits of a Young Lady

アレクセイ・ハラモフ 文筆家の女
個人所蔵


アレクセイ・ハラモフの描いた読書をする女は「文筆家の女性」です。

どういうわけか、本のお片づけをしている私だったのですが、そのお片づけの本をベッドで読んでいる私の姿そのもの。

先月は靴の整理。今月は本の整理。来月はお洋服の整理です。

あまりの本の量の整理にネットで検索したのですが、よく考えてみたら整理の仕方ではなくって、私の場合は整理に挫折しない方法を知りたかったのですよ〜。

ついつい整理する書籍に目を通してしまい、時間はどんどん過ぎていきます。

それでも夕方にはひと段落。

買ったのに読んでいない本がいっぱい・・・。一度は読んだ本ですが、表紙に惹かれた「ボヴァリー夫人」をはじめ、「カフカ寓話集」に、兎穴さんの記事で気になったスタンダールの「パルムの僧院」、そしてなんとファッション誌は本屋さんの袋にはいったまま、数年弾いていないピアノの上に置いてありました・・・。

もともとクローゼットルームでつくった予備の小部屋にピアノと書棚をセッテイングしてから10年。

小さい頃からアップライトのピアノの上にモノを置く癖があって、いつも叱られていましたが、その上には忘れっぱなしの雑誌や読みかけの本が置きっぱなし。

ピアノの調律やお掃除のたびに、その都度よけるんですけどぉ・・・。私の場合は、すぐ片付ける。これは今年の抱負にすることに。

ネット検索で、読みかけの本は持ち手のある籠に入れて移動をとありました。これ、私にうってつけでした。

| Reading Woman 読む女 | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
聖母の読書 受胎告知

Giovanni Brilli  after Carlo Maratti  Virgin reading, White Angel descends to announce the birth of Christ Art Gallery of New South Wales

本を読む聖女にキリスト受胎を予告するために降りてくる白天使
カルロ・マラッタに基づく ジョバンニ・ブリリ作
ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館


受胎告知の場面をジョバンニ・ブリリは「本を読む聖女」にクローズアップしています。大天使ガブリエルは「受胎告知」の向き合う場面ではなく、あえて遠くの空からマリアへ受胎告知のために降りてくる「鳥」のように描いています。

カルロ・マラッタ(1625–1713)に基づいた作品といえば、ウィーン美術史美術館にあるこの作品ではないでしょうか?

Carlo Maratti Madonna and child. Around 1660 Kunsthistorisches Museum, Vienna

カルロ・マラッタ 聖母子 1660年代
ウィーン美術史美術館


ジョバンニ・ブリリは、カルロ・マラッタが描いた幼子イエスを聖書に変えて「受胎告知」の場面を描いたのですね。

絵画作品「本を読む女」の原点がここにあります。

この作品は模写作品も多く、本当に少しも違わない作品もありますが、「顔」の描き方に違いがでてくるようです。

Madonna and child with infant St John  Maratta, Carlo   Heritage Malta,National Museum of Fine Arts (Valletta, Malta)

カルロ・マラッタ 聖母子と幼子聖ヨハネ
ヘリテージ・マルタ  国立美術館(ヴァレッタ)


そしてもう一枚は世界遺産の中にある作品。ヘリテージ・マルタ(マルタ政府世界遺産機構)が管理している美術館、博物館に所蔵されているこの1枚はウィーン美術史美術館所蔵の「聖母子」と同じ構図で聖母と幼子イエスが描かれています。

左の幼子ヨハネは、五色鶸に手を差し伸べています。

どちらが先に描かれたのかはわかりませんが、カルロ・マラッタの「聖母子」は、「聖母子と幼子聖ヨハネ」を切り取ったような作品です。

そしてその五色鶸を大天使ミカエルに描いたのがジョバンニ・ブリリでしょうか。
| Reading Woman 読む女 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アンブロシウス・ベンソン  読書する聖女

La Vierge à lEnfant, sainte Barbe, sainte Catherine Ambrosius BENSON  Musée du Louvre

聖母子と聖女バルバラ、聖女カタリナ 1530‐32
アンブロシウス・ベンソン  ルーヴル美術館


聖女バルバラ、聖カタリナが聖書を読んでいます。

ヘラルト・ダヴィット(Gerard David 1460?-1523)の作品と思われていた「聖母子と聖女バルバラ、聖カタリナ」です。

The Rest on the Flight into Egypt  Gerard David  The Metropolitan Museum

エジプトへの逃避途上の休息 1512- 15
ヘラルト・ダヴィット  メトロポリタン美術館


ヘラルト・ダヴィットの「エジプトへの逃避途上の休息」に、背景の描き方が似ているわ〜と思いました。

Gerard David, Rust tijdens de vlucht naar Egypte KMSKA

エジプトへの逃避途上の休息
ヘラルト・ダヴィット  アントワープ王立美術館


ヘラルト・ダヴィットは「エジプトへの逃避途上の休息」を何枚も違う構図で制作していますが、この二枚の背景に類似している気がします。右手が森で左手に街並みを描いているところ。

イエスが誕生する以前の聖母マリアが手にしているのは聖書。イエスが誕生してからは聖母子像が描かれています。

アンブロシウス・ベンソンは「読書するマグダラのマリア」も数多く描いています。

| Reading Woman 読む女 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カール・ラーション 本を読む女

Woman Lying on a Bench. 1913. by Carl Larsson Musee du Louvre

ベンチに横たわる婦人 1913 ルーヴル美術館
カール・ラーション


カール・ラーションといえば「私の家」や子供たちの姿も有名ですよね。でもこの水彩も美しいでしょう?

今日はサキナ(SAQINA)に行って来ました。サキナビューティーラウンジでいろいろお話を聞き、そのホームエステとやらの「エステマシン」の体験でした。

お風呂に入ったように気持ちよかったです。

微粒子のスチーム、毛穴のクリーンアップ、角質除去、フェイスマッサージ、ヘッドマッサージがあり、血行が良くなったようで、疲れた身体がよみがえりました。

「ベンチに横たわる婦人」のようなリラックスした気分。

「どうでしたか?」
「お風呂に入ったように気持ちよかったです。」

そう答えて帰ってきました。

| Reading Woman 読む女 | 23:35 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
ダニエル・ハンティントン 本を読む女

Daniel Huntington - Woman Reading

本を読む女(森でお勉強) 1861


ポスター販売で「Study In A Wood」(森でお勉強)というタイトルになっていました。ダニエル・ハンティントン (1816-1906)はアメリカの画家。優美な女性の肖像画のほか、寓意画なども魅力的です。

ブルックリン美術館には、この作品に似たスケッチで「本を読む女」が所蔵されています。

| Reading Woman 読む女 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本を読む少女 「離せない」

Les inséparables de Florence Ada Fuller (1867 - 1946)

インセパラブル(離せない) 1900
フローレンス・フラー 南オーストラリア・ギャラリー


オーストラリアの画家フローレンス・フラーの描いた少女。フランス語で「鴛鴦」(ラブバード)をも意味するタイトル。

10歳の少女が「離さない、離れられない」というのが本。女性が本や手紙を読む場面は絵画作品の主題の一つですが、一番好きな作品です。

フローレンス・フラーは1904年までの10年間をフランスで過ごしています。絵画では印象派や象徴派の時代ですね。

洗練された作品だと思いました。なにより少女が「美し可愛い」です。

ジェームズ・ チャールズ(James Charles)の本を読む少女はこちら。

kafka 本を読む少女

| Reading Woman 読む女 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
ジェームズ・クリステンセン 本を読む女 (Woman Reading by James Christensen) 

A Place of Her Own by James Christensen

彼女の居場所  ジェームズ・クリステンセン
A Place of Her Own by James Christensen


ファンタジックでディズニーのように、そしてあるときはフランドルの画家のように、時にはルネサンスの画家、そしてバロックの画家というように、多様な作品が多いアメリカのジェームズ・クリステンセンは、現代の21世紀に活躍している芸術家の一人ですね。

この「彼女の居場所」は、19世紀の画家たちの作品にも溶け込むとは思いませんか?

そんなジェームズ・クリステンセンの受胎告知を、aleiがアップ。なぜだかとっても受胎告知にみえませんでした。

さて、女性が本を読む(あるいは手紙)姿は、フェルメールも描いていましたが、本当に数多くあるんですね。

記事 窓辺で手紙を読む女 「alei のフェルメールはお好き?」へ
記事  ピーダ・イルステズ 本を読む女 (Woman Reading by Peter Ilsted)
記事 画家 カール・ホルスーウ  本を読む女 Reading Lady by Carl Vilhem Holsøe
記事 画家 ヴィルヘルム・ハンマースホイ オランダ黄金時代の絵画、エナムルのファッションフォト、シャネルの広告

| Reading Woman 読む女 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
ピーダ・イルステズ 本を読む女 (Woman Reading by Peter Ilsted)



本を読む女(画家の妻) カラーメゾチント 1925


明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。今年の初記事ですが、「本を読む女」を引き続きご紹介。

この後向きの女性が着ているドレスとこのレース。カール・ホルスーウ(Carl Vilhem Holsøe)の妻のドレスにそっくりです。

同じデンマークの女流画家、アンナ・アンカーの作品にも同じようなドレスが描かれていたことから、きっと流行のドレスだったのでは?

'Woman Reading by Candlelight' by Peter Vilhelm Ilsted

蝋燭の灯りで本を読む女 カラーメゾチント


ピーダ・イルステズの作品には、少女や子供、猫なども描かれています。KAFKAでは本を読む少女を掲載しています。アンナ・アンカーの作品とも比較できますよ。

KAFKA ピーダ・イルステズ ( Peter Ilsted )

ピーダ・イルステズ ( Peter Ilsted )の作品記事は、ハンマースホイ、カール・ホルスーウとあわせて、下記のブログ記事からリンクされているのでご覧ください。ピーダ・イルステズの初期の頃の作品もアップされています。

XAI Vilhelm Hammershøi ヴィルヘルム・ハンマースホイ



| Reading Woman 読む女 | 18:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
画家 カール・ホルスーウ  本を読む女 Reading Lady by Carl Vilhem Holsøe

Carl Vilhem HOLSØE Woman Reading in an Interior

室内で本を読む女  カール・ホルスーウ


19世紀の北欧の画家たちに多い主題に、「本を読む女」があります。前回の記事でも、ハンマースホイとフェルメールの「本を読む女」、「窓辺で手紙を読む女」をご紹介しました。

記事 窓辺で手紙を読む女 「alei のフェルメールはお好き?」へ
記事 画家 ヴィルヘルム・ハンマースホイ オランダ黄金時代の絵画、エナムルのファッションフォト、シャネルの広告

ハンマースホイの「5人の肖像画 (ストックホルムにて) 1901」に描かれているカール・ホルスーウ (Carl Vilhem Holsøe)は、この「本を読む女」をずいぶんと多く描いています。ほとんどが個人所蔵か、オークションハウスに出品されていました。


 

INTERIOR WITH THE ARTIST'S WIFE AT THE PIANO

Artist's Wife at The Piano
ピアノの前の画家の妻 カール・ホルスーウ Bruun Rasmussen


この作品、本を読んでいるのかと思っていました。実は楽譜だったようです。この女性はカール・ホルスーウの妻。


 

KVINDE DER SIDDER I DAGLIGSTUEN (LADY SEATED IN A DRAWING ROOM INTERIOR)

応接室に座る女 カール・ホルスーウ Sotheby's




室内で本を読む女  カール・ホルスーウ 個人所蔵


A LADY READING BY LAMPLIGHT

ランプシェードの灯りで本を読む女 カール・ホルスーウ Christie's


INTERIOR WITH A READING LADY

室内で本を読む女  カール・ホルスーウ  Bukowskis


Stueinteriør med en sortklædt kvinde siddende med en bog

室内で椅子に座って本を読む黒衣の女性 カール・ホルスーウ
Bruun Rasmussen


INTERIOR WITH READING WOMAN Uppsala Auktionskammare

室内で本を読む女  カール・ホルスーウ  オークションハウス ウプサラ




室内で本を読む女  カール・ホルスーウ 


KVINNA MED BREV

本を読む女 カール・ホルスーウ Bukowskis



そのほかの Reading Lady by Carl Vilhem Holsøe
室内で本を読む女 remove編
窓辺で本を読む画家の妻 カール・ホルスーウ
本を読む女 カール・ホルスーウ Sotheby's
室内で本を読む女  カール・ホルスーウ  オークションハウス ウプサラ
まだまだたくさんある、カール・ホルスーウの「本を読む女」があります。登場するのはほとんどが妻。色彩のせいか、ハンマースホイより穏やかで和んだ作品に思えます。



室内で本を読む女  カール・ホルスーウ




室内で本を読む女  カール・ホルスーウ




室内で本を読む女  カール・ホルスーウ




追記  カール・ホルスーウ 鏡の国のアリス?

Interiør med ung pige der læser. (1903)   SMK

カール・ホルスーウ  室内で本を読む少女 1903
コペンハーゲン国立美術館 (Statens Museum for Kunst)


このカール・ホルスーウの「室内で本を読む少女」は、彼のお嬢さんでしょう。ピーダ・イルステズのお嬢さんも三つ編みの後姿が描かれています。

私って、角度とか屈折に弱いのですが、この鏡、画家から見ると別な角度で見えるんでしょうか?それとも不思議な感覚を鑑賞者に与えるために、鏡に映っているはずのお嬢さんを鏡の国に描かなかったのでしょうか。

まるで鏡の国のアリスのようです。

Interiør med ung pige der læser. (1903)  SMK

カール・ホルスーウ  室内で本を読む少女  (ディティール) 1903
コペンハーゲン国立美術館 (Statens Museum for Kunst)



 
カール・ホルスーウにハンマースホイの作品の影響をはっきりと比べられるものは、たぶん次の二作品「本を読む後ろ姿の女性」かなと思いました。



Reading Lady by Carl Vilhem Holsøe




Reading Lady by Carl Vilhem Holsøe



 
この最後の作品は、ハンマースホイの雰囲気が漂いますよねぇ~。でもカール・ホルスーウ本来の色彩を生かした作品は、やっぱり幸福感が感じられます。

さて年末年始のこの時期ですが、忙しいなか、ちょっとでも読書の時間を楽しみたいものですね!

カール・ホルスーウ、ハンマースホイはこちら
記事 Vilhelm Hammershøi ヴィルヘルム・ハンマースホイ

北欧の画家はこちら
記事 ヒューゴ・シンベリ
記事 ピーダ・イルステズ ( Peter Ilsted )
記事 エマ・トムセンの花
記事 デンマークの画家 エマ・トムセン
記事 デンマークの画家 アグネス・スロット=モラーと夫ハラルド
| Reading Woman 読む女 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |