楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 去れど忘られず | main | ジェームズ・マクニール・ホイッスラー  芸術至上主義 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
レオノール・フィニ  精霊
Le Couronnement de la Bienheureuse Féline Image Copyright(画像引用) Leonor Fini (Relié) by Leonor Fini(出版  Favre)直訳すると、至極至幸なネコ科の動物の戴冠式なんですよ。(笑) 邦題は「福者フェリーヌの戴冠式」です。レオノール・フィニの1974年の作品です。

フィニは著作権がありますので、画像引用の書籍、要約した書籍などをご紹介しつつ、フィニについて、個人的な視点での鑑賞を徒然に。

この作品はセレモニー・ピリオドという作品のカテゴリー。

優美というのは、品性をともなう、おだやかな美しさのこと。エレガントといいますね。フィニの作品を優美というのは、私は何かずれている気がする。マジカルで、華々しいフィニ。どちらかというと、知性を強調し、洒落と挑発、そして奔放さを備えた作品だと鑑賞しています。
レオノール・フィニ 作品
レオノール・フィニ ダムゼル
女性のメタモルフォーゼ 表
女性のメタモルフォーゼ 裏
レオノール・フィニ 天使とスフィンクス
レオナール・フィニ  レパード 〜 豹〜なイデアルライフ
Reference&Image Copyright 画像引用および参考図書
Leonor Fini (Relié) by Leonor Finiレオノール・フィニ
ISBN-10: 2828906671
ISBN-13: 978-2828906672
レオノール・フィニ カタログ ブック 1988
(Leonor Fini Rare Out of Print Catalog Surrealism )

レオノール・フィニ
Schöne Liebe der Hexen. Erotische Zeichnungen 1971
LEONOR FINI PORTFOLIO 1980
Illustrated Book
The seven deadly sins Book


フィニの絵からは、エロスとかタナトスというものを、私は感じないのですね。密やかさが見当たらないからです。また、アンドロジニー(両性具有)の化身よりも、ジェンダーフリーではないかと思います。それは、フィニの一種の装い。ファム・アンファンでもミューズにも思わないフィニ。あまりにもシュールだから。(※ここでは、ファム・アンファン(子供のような純真さ)、ミューズ(女神)に譬えられているフィニ自身のことをシュール(奇抜)としています。作品の芸術の形態ではありません。まぎらわしい譬えでごめんなさい。)

Extrême Nuit 1985年 Image Copyright(画像引用):Fini Leonor  Illustrated Book  The seven deadly sins Bookこちらは、1985年の「エクストリーム・ナイト」。右側は、ハーピー?ハーピーには、「ケライノー(黒い雲)」という名の娘がいます。「暗い、黒い女性」という意。霊鳥ではなく、妖鳥です。「悪の精霊」ですね。邦題は「真夜中」です。

ユリシーズゆかりのトリエステで過ごしたフィニが、ユリシーズのシーンを描いているのでしょうか。

レオノール・フィニの作品タイトルが微妙に変化していますね。この真夜中も、英訳すると「悪の精霊」という意を含んだり、エクストリーム・ナイトだと「暗闇」の方がしっくりするのですが。エクストリームは、「極み」という意がありますので。

表紙の絵「La Femme Lune, 1955年」画像:レオノール・フィニ カタログブック 1994年こちらは、1994年のレオノール・フィニのカタログブックです。こちらも「半鳥」みたい。タイトルは「ラ・ファム・ルナ」は「月の女神」なんですね。

ルナはフランス語では「月」ですが、ローマ神話では、天を統べる聖なる女王「月の女神ルナ」(セレーネ、闇の女神ヘカテと同一視)のこと。このルナの派生語「ルナティック」は「気が狂った」という意味ですよね。

背中には長い翼を持った絶世の美女ルナは、上弦の三日月、満月、下弦の三日月と変容する、三つの顔を持つ魔法の女神です。

La Passagère 「ラ・パサージュ(パセージ)」 フランス語で「道」を意味するそう。大道芸とか。Image Copyright(画像引用):LEONOR FINI PORTFOLIO ほかに、Vesper Express, Le Bout du Monde, Ea, Heliodora, La Serrure, La Fête Secrète, La Guardian des Sources, Avant de s'Endormir,Couronnement de la Bienheureuse Feline(福者フェリーヌの戴冠式)などが掲載。「ラ・パサージュ(横道、あるいは小径)」をクリックすると、全体像が見えます。彼女の足元に注目。私が、幻想的といわれる彼女を現実的だと思うのは、マネキンに描いているようだから。フィニの願いが叶ったこと、叶えたいこと、叶わなかったことを、着せ替えしているよう。

2005年に、レオノール・フィニ展がありました。
女友達(1933年)、移り行く日々 I/ II(1938年 ルシドールorリュシドール コレクション)、「アポテオーズ」の幕間(1938〜39年 ワインスタイン ギャラリー)、守護者スフィンクス(1946年)、骸骨の天使(1949年)、二つの頭蓋骨(1950年 宮崎県立美術館)、妖精、ジョイ・ブラウンの肖像(1955年)、蔓穂蘭(1965年 ティエリー・オネゲル プライベート ファミリーコレクション )、女スフィンクス (1969年 ルシドールorリュシドール コレクション)、沐浴する女たち(1972年)、旅からの帰還 I/供1982年)、静寂の選択(1987年)、誰?(1991年)のほか、バレエ、オペラなどの手がけた衣装などが展示。
こちらから、作品をご覧いただけます。→レオノール・フィニ展
| レオノール・フィニ | 00:00 | comments(2) | trackbacks(6) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
コメント
優美というとはエレガントのことですか。
勉強になった。

>マジカルで、華々しいフィニ。どちらかというと、知性を強調し、洒落と挑発、そして奔放さを備えた作品

さんせーい !!

>あまりにもシュールだから

ちょっと、ふさんせーい。

私は彼女にシュルレアリスムをあまり感じないんです。
というのは、シュルレアリスムのキーである無意識というものが、彼女の作品から感じられないんですよ。
| とーし | 2007/01/15 7:59 PM |

とーしさん、こんにちは。

シュールって、そういえば、シュルレアリスムにつながる言葉ですね。勉強になりました!

私もシュルレアリスムとは思っていないのですが、シュールって、「ちょっと一風変わった」というのでどうでしょう。

やっぱり、とーしさんは、眼光鋭いですね。

>マジカルで、華々しいフィニ

とーしさんも、そう見てましたか!
フィニの記事や展覧会情報をみていると、な〜んか、みんなカリスマにやられちゃってるなぁって思います。(笑)まぁ、フィニは美人だし、育ちも良いし、賢いし・・・。優美とか美しいとか・・・。

でも作品は、なんとなく、違うぞ〜と思いました。
| 楓 | 2007/01/16 12:30 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/100
トラックバック
レオノール・フィニ 天使とスフィンクス
レオノール・フィニは、見目麗しい物の怪を、見事に作品化した女流画家。彼女の作品
| KAFKA | 2007/01/15 12:04 AM |
レオノール・フィニ 女性のメタモルフォーゼ
  「女性のメタモルフォーゼ」【表】画像引用:(c) LEONOR FINI Catalog Book1988   フィニを語るとき、幻想的、官能的という表現が目につきます。フィニ自身も、「存在しないもの、そして私が見たいものを描く」と言っています。でも、、ちっとも彼女か
| Life Carrer Counseling | 2007/01/15 12:37 AM |
レオノール・フィニ  ダムゼル
「ダムゼル・オブ・ザ・ナイト(夜の姫君)」 1948年 「夜の姫君」のほか、「夜の乙女」、「夜の美少女」などとも訳せます。ダムゼル・イン・ディストレスで、囚われの姫君、乙女の受難と言われますね。ダムゼルとは、高貴な少女をさしますが、ここは猫ちゃんです
| Art de Vivre | 2007/01/20 12:51 AM |
レオノール・フィニ 女性のメタモルフォーゼ 美しき怪物 〜ブログ書初め
寒中見舞い申し上げます。さ〜て、今年のブログ書初めとなりました。 私は、いつも新年に、甘い夢は描かないんだよね。もちろん辛い夢なんかも描かないけど、理想ばかりを計画しないってことなんですよ。 レオノール・フィニは、そういう表裏を、雄々しく作品にし
| arekao! Maki's Style blog | 2007/01/20 11:54 AM |
レオナール・フィニ  レパード 〜 豹〜なイデアルライフ
19世紀フランスの曲芸師ジ ュール・レオタール(Jules Léotard 1842-70)が、華麗な空中曲芸に身につけたレオタードという衣装。バレエのレッスンなどにも着用するものですが、レオナール・フィニは、まさに絵画のサーカス「ヌーヴォー・シルク」のような軽業師
| Allegory | 2007/01/20 12:04 PM |
レオナール・フィニ  レパード 〜 豹〜なイデアルライフ
19世紀フランスの曲芸師ジ ュール・レオタール(Jules Léotard 1842-70)が、華麗な空中曲芸に身につけたレオタードという衣装。バレエのレッスンなどにも着用するものですが、レオナール・フィニは、まさに絵画のサーカス「ヌーヴォー・シルク」のような軽業師
| allegory by wanko | 2010/01/18 10:12 PM |