楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< レオノール・フィニ  精霊 | main | パウル・クレー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー  芸術至上主義
James McNeill Whistler 「Lapis Lazuli」(1885-86) Isabella Stewart Gardner Museum

ラピス ラズリ(1885-86)ジェームズ・マクニール・ホイッスラー

フリ−ア美術館所蔵のミリー・フィンチを思い起こさせるような「ラピスラズリ」です。扇に寝椅子(カウチでしょうか、ソファーでしょうか)のしどけた女性。芸術至上主義を提唱した時代のホイッスラーの作品です。

私は、これがホイッスラーの耽美主義における作品だと思うわけですね。

この作品を所蔵するイザベラ・スチュアート・ガードナー美術館。ボストンにある邸宅に、コレクションした美術品を、自室に飾る形式で鑑賞できる美術館。クラッシックの演奏が、優雅に鑑賞者を招きます。

Isabella Stewart Gardner Museum イザベラ・スチュアート・ガードナー美術館1985年には、マルモッタン美術館からクロード・モネの「印象 日の出」が強奪されましたが、1990年に発見。その年に、イザベラ・スチュアート・ガードナー美術館では、レンブラント、ドガ、フェルメールの作品が、盗難に。いまだ不明。
ホイッスラーの作品って、ホントに不思議。版画、油彩に水彩画やパステルなどで、写実派的、印象派的、表現主義的、シュルレアリスム、浮世絵・ジャポニズムと幅広い。静かな風景、音楽と色彩、グロテスクと風刺、そしてロマンティックにチャーミングにも描いてます。

つまり、これだけの作風を残しているわけですから、ホイッスラーが根底には耽美主義(唯美主義)への否定があったというのも頷けます。芸術至上主義の耽美作品とすると、私は、「ミリー・フィンチ」や「バラ色と銀色:ミセス ウィブリー」も領域に入ると思っています。耽美というのは、美の享楽や肉体と官能性、絢爛さのほかに、形態と色彩が象徴する美しいフォルムであり、密やかに隠されているその肉体がかもしだす享楽的な物腰があります。


Female Nude with Diaphanous Gown 年代不詳それでは、さらに耽美主義の作品に触れてみたいと思います。はじめて、このポスターを見たときに、ファム・ファタルを想像しました。「透明なガウンの裸婦 フィーメィルヌード ウィズ ダイアファナスガウン」という作品で、ダイアファナスとは、透き通る声をも意味します。そしてヨーロッパではナイトキャップを被るのですが、この女性もそうですね。このフォルムや色調、透きとおるガウン。これこそエステティシズムではないでしょうか。


「Harmony in Blue and Gold : The Little Blue Girl」 (1894-1901)Freer Gallery of Art, Washingtonマネの草上の朝食(1863年)もそうですが、この時代の女性のヌードは、物議をよぶものらしい。ホイッスラーの裸体の写実主義は、新しい形式の出現、女性のフォルムと性を表現する新しい芸術現象と捉えられていたということです。これが、ホイッスラーが耽美主義といわれる所以。

作品は、フリーア美術館所蔵の「青と金のハーモニー:小さなブルー・ガール」です。


Blue and Violet:La Belle de Jour(1885年) 「青と紫:ラ・ベル・ド・ジュール (The Beautiful of Day ”美しい日に”あるいは”昼顔”とでも)ハーバード大学フォッグ美術館 所蔵印象派的代表作品や抽象画的作品、話題作品にある、「黒と金色のノクターン−落下する花火」、「孔雀の間」、「白の少女」、「シスリー・アレクサンダー嬢」を用いて、耽美主義とすることはできないでしょう。たとえば、KAFKAでは、「シスリー・アレクサンダー嬢」を耽美主義ではなく、ジャポニズムとして紹介したように、作品のカテゴリーを理解するということですね。でなければホイッスラーの世界を見落とすことになります。

さて、ホイッスラーのファンでもないですが、これだけは譲れない!好き・好き・好きは、やはり「灰色と緑色のハーモニー スィスリー・アレクサンダー嬢(シスリー・アレクサンダー嬢)」でしょう!二番目は、「ノート イン レッド :お昼ね」か「アラビアン」ですね。三番目は、浮世絵的な「灰色と緑色のシンフォニー 海洋」か屏風の「青と銀とのノクターン バターシー古橋」が並ぶところ。

ほんとうに、たくさんの作品を残しています。下記リンク先から、じっくりご覧ください。

ジェームズ・マクニール・ホイッスラー関連記事
KAFKA 灰色と緑色のハーモニー
シスリー・アレクサンダー嬢
【こんな可愛いスィスリー・アレクサンダー嬢(シスリー・アレクサンダー嬢)を、日本のお屋敷の壁を背景に描いたよう。蝶々に小菊、塗り壁に落書き。この落書きこそ、落款のようにホイッスラーがサインを書いているのです。】

REMOVE 灰色と緑色のシンフォニー 海洋 
1866浮世絵のように、落款、余白に極印のようなサイン。

RE+nessance
ホイッスラーのジャポニズム
ホイッスラーの版画
青と銀とのノクターン バターシー古橋
「色彩の音楽」(Colour-musician)といわれるホイッスラーの、音楽と色彩がタイトルになった作品14点を紹介。

Life Carrer Counseling
バラ色と銀色:ミセス ウィブリー(ホィブリー夫人の肖像画)
寝椅子の上の母と子/撫子色と紫色の編曲
ノート イン レッド :お昼ね/ミリー・フィンチ

Whistler & Ukiyoe ホイッスラー と 浮世絵
茶色と銀色:オールド・バターシー・ブリッジ 1863
広重 東海道五十三次 岡崎

art⇔Interactive⇔life 
肌色と緑の薄暮:バルパライソ
青と金のノクターン−オールド・バターシー・ブリッジ
黒と金色のノクターン 落ちる花火 (こちらがテートギャラリーの画像にリンク)

Magnum Photos Photographer
肌色と緑のバリエーション: バルコニー

Allegory
紫と薔薇色  六つのマークのテンゲ・ライゼン
孔雀の間 「La Princesse」/孔雀の間 リンク
「金屏風」1865年/「白のシンフォニーNo.2」(白衣の少女)
| ジェームズ・マクニール・ホイッスラー | 01:09 | comments(2) | trackbacks(7) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:09 | - | - | pookmark |
コメント
マネの『オランピア』にしても、裸が物議をかもしたと言う話を聞いて不思議でしたよね。
大昔の絵に裸なんかいくらでも出てくるじゃないかって。
でも、それらの絵は神話を題材にするなどの隠れ蓑があったのですね。
生な裸を描くことが許されなかったのですね。

これらのホイッスラーも、マネが描いた20年後だから描けたのでしょうか。
| とーし | 2007/01/22 12:49 PM |

とーしさん、おはようございます!

おっしゃるとおり、20年という歳月は、習慣やライフスタイル、一般常識も変わってくる年数ですよね。

(たとえば重複→じゅうふくと読まれていますが、私が学校で習ったのは「ちょうふく」という読み方でした!)

それでも、ホイッスラーのヌードは、賛否両論があったといいます。

>神話を題材にするなどの隠れ蓑
>生な裸を描くこと

「隠れ蓑」があって、裸婦が描けたわけですよね。

生な裸は、普通の人々の暮らしの場面で描かれたわけですから、相当ショッキングな作品だったのでしょう。また、知識階級にいる市民の反応も、その作品を左右しますよね。さらに、絵画作品や文学などの批評家達の「美学」の相違。

ホイッスラーも、晩年あたりから、評価されたと聞いています。彼と批評家ジョン・ラスキンとの葛藤も、「美学」の違いですね。

私の好みの絵というのも、やはり個人の価値観や美学で、好き嫌いが働いているようです。(笑)

ときどき、専門家の絵画評価やその作品の解説を読んだり聞いたりしていますが、「ワインの薀蓄」と同じかなと。

評価や値段が高いワインを飲んで、「美味しい」と思わなければ「味」がわからない人という烙印されるように、高名な芸術家の作品が、「スゴイ」と思わなければ「わかっていない」となりますね。

結局、ワインも絵画も、「個人の好み」なんでしょうね。この「個人」の考えや思想が、ある時代を代表する人々が同じ考えを持つ集団となったとき、風潮や常識になるのかもしれません。
| 楓 | 2007/01/25 8:47 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/101
トラックバック
James McNeill Whistler ホイッスラーのジャポニズム
ヨーロッパの女性がキモノを着ているからジャポニズムというわけではありませんよね。
| KAFKA | 2007/01/20 1:36 AM |
ホイッスラー、ジェームズ・アボット・マクニール
バラ色と銀色:ミセス ウィブリーの肖像画 1894年 (ホィブリー夫人の肖像画) by ホイッスラー 黒いバックグラウンドに限られたパレットの色。わずかに茶の色彩を残す床は、もっとも白い、女性の肌と対照的。 ドレスに流れる黒いレースは、夫人のばら色の帽子とド
| Life Carrer Counseling | 2007/01/20 1:51 AM |
ジャポニズム
James McNeill Whistler (1834-1903) 「花魁」(ポスターより) モネにしても、ゴッホにしても、ピカソにしても、なんとなく「花魁」風情が好きなようですが、賎民と卑しめられながらも、ヨーロッパの高級娼婦がいるように、日本の娼婦たちにも階級があり、高い位に
| Allegory | 2007/01/20 1:27 PM |
ホイッスラー 肌色と緑のバリエーション: バルコニー
灰色と緑とか、紫とバラ色、灰色と黒だとかという色彩に、「ハーモニー(和音)」、「シンフォニー(交響曲)」、「ノクターン(夜想曲)」、「アレンジメント(編曲)」という楽曲や音楽用語を作品名に取り入れたりすることが多いホイッスラー。 音楽家もそうだけど
| Magnum Photos Photographer | 2007/01/20 1:46 PM |
ホイッスラー  肌色と緑の薄暮  バルパライソ
肌色と緑の薄暮  バルパライソ (テートギャラリー) 日が暮れる”たそがれ”どき・・・・。浮世絵を模したともいわれている作品ですが、古典的な西洋の美術史にもよくある構図です。 ホイッスラーは、カンディンスキーとは違った意味で、音楽的だし、文学に
| art⇔Interactive⇔life | 2007/01/20 4:56 PM |
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー 
「占い師 V:ソファーのうえの裸婦」1890 - 1892 ホイッスラー グラスゴー大学ハンタリアン博物館・美術館所蔵 The Hunterian Museum and Art Gallery, University of Glasgow 「アラビアン」1890 - 1892 ジェームズ・マクニール・ホイッスラー グラスゴ
| Art de Vivre | 2007/02/16 9:24 AM |
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー ヴァイオレット ノート
ジェームズ・マクニール・ホイッスラーの作品で、バースタイン コレクションの「ヴァイオレット ノート」は、当時の女性の日常スタイルを描いているようです。キャビントランク(フットロッカー)と呼ばれる衣装箱に手を伸ばしている女性。木箱、布や革、柳で編んだ籐籠
| Blog Nao's Style | 2009/06/17 8:38 PM |