楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< レオナルド・ダ・ヴィンチ  ドンナ | main | 菱田春草 Hishida Shunso >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
パフューム


「Clive Christian No. 1 Imperial Majesty インペリアル・マジェスティ(皇帝の香り)」 115,000ポンドクライブ クリスチャン No. 1 は、いま世界でもっとも高価な香水ではないでしょうか。

インペリアル・マジェスティは、115,000ポンドといいますから、2,300〜2,500万円くらいでしょうか。

明日の命と闘う人の治療費にも相当するくらいに尊い価格。お買い上げの方には、ぜひ難病患者への寄付も忘れてほしくないところ。

風味と質が高いメキシカンバニラ、シダーウッド(セダーウッド)、裕福、幸福という意のベチバー、ロサ・センティフォリア種の薔薇など。こうした貴重な原料からつくられた「クライブ クリスチャン No.1」。

「Clive Christian No 1 for Men Perfume Spray」Top notes: Bergamot, lime, Sicilian mandarin, cardamon 、Heart: Lily of the valley, rose, jasmine, ylang ylang 、Base: Cedarwood, sandalwood, vetyver, ambery woods(「No.1」男性用 カルダモン油、スズラン、薔薇、シダーウッド、ベチバー、メキシコ・バニラなど)調香師ウィリアム・スパークス・トムソンが1872年に設立した「THE CROWN PERFUMERY」(クラウン)は、ヴィクトリア女王の王冠が象徴の香水ブランド。プロデュースにクライブ・クリスチャンが起用されています。

そのクライブ・クリスチャンが、5カラットのダイアモンドをあしらった18Kのカラーのバカラのクリスタルフラコンに、16.9オンスの香水「クライブ・クリスチャン No. 1 」を詰めたものが「インペリアル・マジェスティ」。
Clive Christian No 1 
ご購入はこちらから。Saks.com
この「世界でもっとも富裕な香り」に対抗できるのは、「パフューム ある人殺しの物語」の調香師 グルヌイユ ではないでしょうか。

Das Parfum. 8 CDs. . Die Geschichte eines Mörders [Box-Set] (Audio CD)

Das Parfum. 8 CDs Patrick Sueskind
Die Geschichte eines Mörders [Box-Set] (Audio CD)


15年ほどまえに、パトリック・ジュースキントの「パフューム ある人殺しの物語」が刊行され、その表紙に、ヴァトーの「ニンフとサテュロス」のディティールが使用されていました。

この物語の序章は、このヴァトーの「ニンフとサテュロス」からはじまるのでしょう。マリー・アントワネットとほぼ同時代の物語。

汚穢の匂い、猟奇な生贄の儀式、世界がひれ伏す香りを生み出す天才調香師の物語は、トム・ティクヴァの映画「パフューム ある人殺しの物語」から。
パフューム ある人殺しの物語  
Perfume: The Story of a Murderer
Life Carrer Counseling 記事より引用
この物語の匂いというのは、「汚穢」だということです。
「当たり前の悪臭」と、「至福の香り」と、「絶たれた匂い」の物語。

「パフューム ある人殺しの物語」 から
Art de Vivre 記事より引用
マリー・アントワネットが好んだ花や根や木の露の植物性、ポンバドゥール夫人が好んだ麝香のように密かな汚穢の動物性の香り。

原作者のパトリック・ジュースキントは、ドイツの作家。

国民からも恐れられた、1947年に創設の旧東ドイツ シュタージ組織(Stasi)は、「個人の匂い(体臭)」を保管していました。徹底した監視国家の象徴です。

パトリック・ジュースキントは、このシュタージの「瓶詰めの匂い」を、訴えたのではないかと思っています。

そこに、諜報機関の生贄になった人々の「匂い」もあるのではないでしょうか。個人の「匂い」は、同じものはないのです。

シュタージは、ベルリンの壁の崩壊とともに解散になっていますが、ノルマンネン通りのシュタージ記念館には、いまでも「匂いのサンプル」が展示されていると聞いています。

「パフューム ある人殺しの物語」は、特異な天才調香師の物語に、恐ろしいほど個人を特定する匂いの危険と、人を夢中にさせる魅惑的な芳しい匂いと、そして私達に、まだ何か問いかけている気がします。
参考:シュタージ - Wikipedia
| 香水 Parfum | 00:38 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:38 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/116
トラックバック
パフューム ある人殺しの物語 Perfume: The Story of a Murderer
マリー・アントワネットが奢侈に費やし、パニエやコルセットを脱ぎ捨て、シュミーズ・ドレスでプチ・トリアノンで暮らす頃のこと。 お気に入りのロサ・セイティフォリアなどの薔薇や可憐な花々。 優雅に入浴をすませ、調香師ジャン=ルイ・ファルジョンの香りにつつ
| Life Carrer Counseling | 2007/03/22 12:55 AM |
「パフューム ある人殺しの物語」 から
「世界でもっとも高価な香り」 世界で二番目 パルファム V1 1998年/173個限定品 調香師 Arthur Burnham(アーサー・バーンハム) 公開されたトム・ティクヴァの映画「パフューム ある人殺しの物語」ですが、「世界がひれ伏す香り」なら、こちらは「世界でもっと
| Art de Vivre | 2007/03/22 1:11 AM |
ファッションニュース No.1 インペリアル・マジェスティ
Guinness Awards Record for Most Expensive Perfume クライブ・クリスチャン(Clive Christian)の「No.1 インペリアル・マジェスティ(Imperial Majesty)」が、ギネスで「世界一高価な香水」に認定されたそうですね。 ボトルはバカラ・クリスタル。 ボト
| STEFANEL Outlet Rera | 2007/12/19 11:19 PM |