楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< 黒衣の皇后 エリザベート | main | ハプスブルグ家 マリア・テレジア >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ブリューゲルとルーべンス 五感の寓意画

Allegory of Sight. Peter Paul Rubens and Jan Brueghel
視覚の寓意 Jan Brueghel the Elder  


ヤン・ブリューゲル(父)とルーべンスのコラボレートだけではなく、この時代のフランドル画家たちの共作は多いですよね。

わたしは特にこの「視覚の寓意」(1617)といわれるこの作品が好きです。たくさんのものが描かれて、ブリューゲル・ファミリーのトップ、ピーテル・ブリューゲルの「死の勝利」より鑑賞しやすい。「死の勝利」はひとつひとつが主役でそれが全体像になっていますから、鑑賞するのが複雑で・・・。

Sight-1617 detail

ルーベンス/ヤン・ブリューゲル(父)五感の寓意画(部分) 
プラド美術館 (C)Museo Nacional del Prado


この作品は人間の五感をタイトルに5枚の作品が連作となっています。すぐわかるルーベンスの聖母子があるこの作品が一番好きです。このオリジナルも花輪がヤン・ブリューゲル(父)。ご存知のように、この作品自体も人物がルーベンス、そのほかがヤン・ブリューゲル(父)ですね。

五感は、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚。



The Sense of Hearing(1618)「聴覚の寓意」 1618
連作のひとつ。ディティールをクリックしていただくと全体像にかわります。ヤン・ブリューゲル(父)中心の作品です。人物はルーベンスもしくは弟子によるものとされています。フルートを持っているなら中央の女神はエウテルペと断定できるんですけど・・・。

The Sense of Touch「触覚の寓意」 1618
ヤン・ブリューゲル(父)。ディティールをクリックしていただくと全体像にかわります。ヤン・ブリューゲル中心の作品。やはり人物はルーベンスもしくは弟子。周囲に甲冑などがあるのでディアナかあるいあはヴィーナスかというところ。

Taste(1618)「味覚の寓意」 1618
ヤン・ブリューゲル(父)
ディティールをクリックすると全体像にかわります。こちらはほとんどルーベンスの筆が加わっていないようです。酒神バッカスの従者で森の神サテュロスがお酌をしています。(笑) 男女間も表現してるのでしょうか。

The Sense of Smell「臭覚の寓意」 1618
花の女神フローラのようです。この作品だけはルーム・イン・アート(画廊画のような)ではないんですね。左の奥のウォールガーデンには女性が花を摘んでいるように描かれています。



Smell

このヤン・ブリューゲル(父)による「視覚と臭覚の寓意」は、座る女性が鏡を前にして「視覚」を擬人化し、立つ女性は花の香りを楽しんでいます。

The Senses of Hearing, Touch and Taste 1618「聴覚、触覚と味覚の寓意」は、五感の寓意画とおなじ1618年の作成で、ここにもルーベンスもしくは弟子の手も加わっています。

全体像をごらんになるとわかりますが、レストランのようです。


ブリューゲル一族は、花、寓意画、画廊画もたくさん描いています。一族のヤン・ファン・ケッセル父と子の寓意画をこちらからご覧ください。

ヤン・ファン・ケッセル寓意画」 sai の記事です。
arei が「落日の寓意画」でわたしをネタに、アントニオ・デ・ペレーダの描くハプスブルグ家の落日など3枚の作品を記事にしています。
The Return from War  about 1610 - 1612  Peter Paul Rubens, painter; Jan Brueghel the Elder,Paul Getty Trust

作品はゲッティ美術館所蔵の「戦争からの帰還(マルスの武装を解くヴィーナス)」です。ヴィーナス(ウェヌス)の夫鍛冶神ヘパイストスの仕事部屋のようにも見えます。

The Return from War  about 1610 - 1612  Peter Paul Rubens, painter; Jan Brueghel the Elder,Paul Getty Trust


とても魅力的なヴィーナスのお顔。こちらもルーベンスとヤン・ブリューゲル(父)の作品です。

ルーベンスの作品はこちらの記事から、各作品記事にリンクされています。作品画像の下にまとめられています。

XAI ルーベンス リヒテンシュタイン美術館
| 寓意画 | 22:05 | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:05 | - | - | pookmark |
コメント
楓へ

コメントありがとう。返信をここに。

>でも、今日のsaiの記事は珍しくサクサクッとですね。

あなたとの記事コラボ、楓の書くスピードにあわせたので。
| sai | 2009/10/04 10:23 PM |

そうだったの。ありがとう。また記事コラボしましょうね。aleiは画廊画は嫌だっていうから、二人だけだけどね。
| 楓 | 2009/10/04 10:36 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/129
トラックバック
ヤン・ファン・ケッセル
この人はアフリカの動物から、蝶などの昆虫、魚類など、生き物を中心とした作品が多い。画廊画のように、自分の作品を飾っているこの絵。Jan van, i kessel (ヤン・ファン・ケッセル 1626−79)の作品。ベルギーのアントワープ出身の画家といえばルーベンス。そのル
| RE+nessance | 2009/10/04 10:08 PM |
落日の寓意画  アントニオ・デ・ペレーダ
儚い生命の寓意 アントニオ・デ・ペレーダいやぁ、びっくりしたwa。以前にモチベーションが下がったとき、原田宗典氏の「旅の短編集」がいちばんいいと言っていたが、昨日、今日とKAFKAがアップした記事には、茨木のり子さん、そして「ホ・オポノポノ」だ。人にすす
| remove | 2009/10/05 11:28 PM |