楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< リュシアン・レヴィ=デュルメル Lucien Levy-Dhurmer | main | 6月の大掃除 諌められている私 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
モロー(Gustave Moreau) レダ、ガラテア、妖精に女神

Léda c.1865 Musée Gustave Moreau

モロー Léda (レダと白鳥) 1865年
ギュスターヴ・モロー美術館所蔵


レダと白鳥 モローの作品のなかでは特に関心があります。ダナエのときには黄金の雨に変身したゼウスは、レダとの成就には白鳥の姿をかります。トロイア戦争の発端となったヘレネーの母レダ。卵から生まれたといわれているヘレネーの誕生説があります。



モロー Léda (レダと白鳥) 1882
2010年現在オークションに出品されているよう


獣姦ではなく抱擁だけで懐妊したという説がありますが、性愛や性交の場面が多くの画家によって描かれて、そのため現存していない作品があります。猥褻ということでしょうか。うふふ。

これまでも過去記事ではモローのヴィーナスなどを取り上げています。下記のほか「愛と美の女神アプロディーテー ヴィーナスの誕生」があります。

過去記事から

モロー美術館所蔵の「レダと白鳥」のデッサン画です。

こちらの記事は『ギュスターヴ・モロー 「アフロディテ(アプロディーテー)」 ヴィーナスの誕生』からご覧ください。
レダと白鳥はギュスターヴ・モローがサロメとおなじくらい描いた作品のひとつです。サロメとレダと白鳥をひとつにした作品もあります。

最初にご覧いただいた「レダと白鳥」と同じ時期に描かれた大作が次の作品です。ディティールからご紹介します。


ガラテアを思い出しますね。この長い髪はマグダラのマリアを象徴するものです。


天使好きの方にも気に入っていただけるようなルネサンス絵画のような描き方。身体の輪郭を白い線で、奥の天使は黒い線でかき、立体感があふれています。



モロー Léda (レダと白鳥) 1865-75年
ギュスターヴ・モロー美術館所蔵


この作品がモロー美術館所蔵のままになっているということは、親愛の女性アデライド=アレクサンドリン・デュルに贈られたひとつなのかしらと思いました。過去記事のデッサンはこの作品の完成の時期にえがかれて、デュルに贈られています。

魂の妹デュルは25年の間、モローに仕えた女性です。

この女性に関してはモローの死後もある時期まで明かされなかったのです。どうしてでしょう。そしてこの二人の関係を非常に慎重に「魂の妹」と明かした人物は、二人はダンテとベアトリーチェのようにとでも言いたかったのでしょうか。

Léda   musée Gustave Moreau

モロー Léda (レダと白鳥) 
ギュスターヴ・モロー美術館所蔵


ギュスターヴ・モローの「レダ」のなかで、もっとも獣姦の場面に近い作品ではないでしょうか。sai やalei は実際にモロー美術館で観賞したときに、なんだか「どうなんだろう・・・」と思ったらしいです。春画の手前のような微妙な表情の奥行きがあったらしいですぅ。うふふふ。


左側が1878年から80年にかけて制作された個人蔵の「ガラテア」のディティールです。1865年に制作された二点に非常によく似ています。

過去記事 ガラテア
記事最後に細部のディティールもご覧いただけます。消え入りそうな妖精の姿も描かれています。
過去記事ではガラテアの神話のお話を中心でしたので、ここにモローのガラテアの知るところを記しておきます。

Galatea, 1896

モロー ガラテア 1896年 フォッグ美術館


フォッグ美術館の「ガラテア」(1896年)は、1897年にモローは「ポリュフェモス」と題して次のように書いています。

「地上の大きな瞳は、驚嘆し、心惑わされて、透明な水のかくも清らかな真珠のうえに釘付けになっている。底知れぬ深淵のこの花を凝視しつつ、愛と苦渋に眼差しは曇り、大きな瞳は寂しげになる。」と。

個人蔵のガラテアのスタイル。その逆向きがギュスターヴ・モローの「妖精とグリフォン」(1878年)です。シュルレアリスムの詩人アンドレ・プルトンが16歳のころ、モロー美術館に忍び込み、この妖精と出会うことを夢見たそう。詩人や芸術家は夢のなかの夢みる少年なんですね。



モローはこの「妖精とグリフォン」をつぎのように述べています。

「切り立った岩山の近寄りがたい洞窟に、この上もなく気高い美が俗界の無謀な企てから彼女を守るグリフォンと共にいる。彼女は手に金の小枝を持っているが、これは選ばれた高貴な心への、偉大な行為の達成や気高い努力、才能に対する褒美とするため持っているのである。」

1880年サロン出品のために、ヘレネー、ガラテア、妖精とグリフォンなどが描かれたのですが、結局この作品はサロンには出さなかったのです。モローは自分のために描く作品を幸せだと感じる芸術家。この出来栄えに、自分のものとしておきたかったのではという隠岐由紀子さんの解説にありました。

Goddes on Rock ca.1890


横浜美術館所蔵の「岩の上の女神」(1890年頃)は「妖精とグリフォン」から派生したのかなって思いましたが、素人の考えとして受け止めてくださいね。

頭の上を飛ぶのは小さなグリフォンでしょうか。saiやaleiたちがいうには、「妖精とグリフォン」の水彩画に描かれたグリフォンの翼の色彩にそっくりだと言っていました。そして妖精は油彩「妖精とグリフォン」のように金の枝を持っていますが、なんと右手には蛇が巻きついて肩からひょっこり顔のだしていますね。

洞窟といえば英国のバーン=ジョーンズの「ヴィーナス賛歌」では、スウィンバーンの詩から「ファム・ファタルなヴィーナス」を描いていますが、このヴィーナスの隠れ家も洞窟で、岩の上の女神といってもよいでしょうね。

Fée aux griffons

モロー 妖精とグリフォン
モロー美術館所蔵


Galatée

モロー ガラテア  モロー美術館

Etude en rapport avec Léda

モロー レダと白鳥 モロー美術館



sai、alei が行ったモロー美術館 Musee Moreau

Musee Moreau

Musee Moreau 右上の切れたところにガラテア


この左端の真ん中が「サロメ」ですね!そしてヘロデ王の前で踊るサロメが下段の中央あたりに。この4階のお部屋の続き部屋は「人類の生」をはさんで二つの入り口があるそうです。その二つの入り口に、サロメの「出現」、そして記事最初の「レダ(レダと白鳥)」が掛かっているそうです。

記事 「モロー美術館 alei編」 ヴィーナスの誕生がある!
記事 「モロー美術館 Musée national Gustave-Moreau

記事 「ギュスターヴ・モロー 6枚のサロメ」 現在7枚になっています。

知っている絵も知らない絵も、知らなくてもいいわという関心のない絵もありますが・・・

ギュスターブ・モロー関連記事はこちらから
(とにかくサロメから小作品までかなりの記事リンク!)
XAI 「キマイラたち 悪魔的なデカメロン」

ひとつだけ気になったのがグレイなのか黒なのか羽をつけている絵。サロメの次の列の一番上です。調べてみたら「ヴェネチア(ヴェニス)」というタイトル。

Venise

モロー ヴェネツィア Venise


モローの作品に「キプロスの海賊に略奪されるヴェネツィアの若い娘たち」(1851 )があるそうですが、ヴェネツィアの歴史を題材にしているようですが、歴史なのか伝承(伝説、神話)なのかわかりません。aleiの記事「モロー美術館 alei編」にあります。

Venise

モロー ヴェネツィア

Venise

モロー ヴェネツィア


上2枚は若い娘のミューズに見えますが、3枚目はアンドロギュノス化していて性別が不明ですね。そしてこの羽をみて思い出したのが、次の作品。

画像はsaiから頂戴しましたが、最初の1枚のヴェネツィアはaleiとダブってしまいました。ごめんね、aleiくん。


 モロー ナイト(夜)

night-Gustave Moreau−Pushkin Museum

モロー ナイト(夜) プーシキン美術館 1880


この「夜(ナイト)」はヘシオドスの「労働と日々」の「夜」のことだと思うんです。

KAFKA ギュスターヴ・モロー人類の生から
REMOVE ギュスターヴ・モロー多翼祭壇画「人類の生

そしてモローの作品「夕べと苦しみ」で「夜」が訪れると「夕べ」は消えてしまい「苦しみ」が一人取り残される。

そろそろ夕べの時間です。今日はこのへんで。
| 名 画 (西洋画) | 17:04 | - | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:04 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/218
トラックバック
モロー美術館 alei編
ここは2階。モローの部屋なんだけど机の後ろにある鏡。つまり向かえの壁にかかった作品が写ってる。&nbsp;つまりその鏡に写った作品は左右逆。さて、鏡の左上の角にあるのが、僕が以前に紹介したボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」の模写である。KAFKAにアップ
| remove | 2010/06/13 5:18 PM |
モロー美術館 Musée national Gustave-Moreau
ギュスターヴ・モロー美術館で目を奪われたのは階段の反対側の壁に掛けられていた3枚の作品。まずは左にかけられていたものから。日本のモローの画集にはでてこない戦士ティルテの姿。だから解説もない。海外ではよく知られているティルテの名。それはモローの作品では
| RE+nessance | 2010/06/13 5:19 PM |