楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< Carl Bengtsson カール・ベングトソン | main | サーシャ・ピヴォヴァロヴァ Sasha Pivovarova >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
フランス自由の女神「マリアンヌ」 シャネルのミューズ イネスの復活

Inès de la Fressange

イネス・ド・ラ・フレサンジュ(Ines de la Fressange)
1980年代のシャネル専属のイネス


イネス・ド・ラ・フレサンジュ(Ines de la Fressange)がシャネルの専属契約を解除されたのは1989年に、フランスの自由の女神を象徴する「マリアンヌ」に選ばれ、そのモデルを務めることになってからです。

ドラクロワの「民衆を率いる自由の女神」がその「マリアンヌ」とよばれる象徴のひとつ。1830年のフランス7月革命が主題になっている作品。

Marianne combattante par Paul Cabet

Marianne combattante par Paul Cabet
「マリアンヌ」


この「マリアンヌ」と呼ばれる「自由の女神」の名の由来は、カトリーヌ・ド・メディシスの娘マルグリット・ド・ヴァロワが離婚したアンリ4世のもとに嫁いだマリー・ド・メディシス(Marie de Médicis)と、フランス革命で民衆によって断頭台の露となったマリー・アントワネット(Marie-Antoinette)からとられたもの。

Le prénom Marianne provient de la contraction de Marie et Anne, deux prénoms très répandus au XVIIIe siècle parmi la population catholique féminine du Royaume de France, et portés par plusieurs reines, dont Marie de Médicis, Anne d’Autriche, Marie-Antoinette.

フランスにとってマリー・アントワネットは民衆に憎まれた王妃。詳しいマリー・アントワネットに関してはこちらの記事から。

記事 マリー・アントワネットが愛したもの

マリー・ド・メディシスはルイ13世の母であり、ルイ14世の祖母。カトリーヌ・ド・メディシスとは遠縁にあたる同じ一族の出身。ルーベンスによる「マリー・ド・メディシスの生涯」は、見ごたえある絵画作品ですね。

記事 太陽王ルイ14世展

フランスは革命後に、共和政の勝利(Le Triomphe de la République )などの芸術作品があふれ、マリアンヌが必ず登場しているようです。

さて、1889年から2000年の11年間を「マリアンヌ」に使えたイネスですが、裁判で契約解除となったシャネルに、再びランウェイで登場しました。今月5日の「シャネル 2011年春夏コレクション」のこと。

Ines de la Fressange

(C)Chanel Spring Summer 2011 Collection
シャネル 2011年春夏コレクションでのイネス


今回のシャネルのコレクションは、カール・ラガーフェルドが、1961年にシャネルが衣装担当した映画へのオマージュと、ヴェルサイユそして死んだフランスを象徴しているとのこと。

記事 シャネル 宮廷の威光と王家の儀式

記事 シャネルのファッションショー 2011年春夏コレクション

madame.lefigaro.fr Ines de la Fressange

(C) LE FIGARO fr madame 2009
写真 ジル・ベンシモン(Gilles Bensimon)


マダム・フィガロでのイネス・ド・ラ・フレサンジュ。1957年生まれですから現在54歳というところ。ファッション誌「ELLE」でも有名なファッションフォトグラファーのジル・ベンシモンの撮影によるもので、2009年の掲載。昨年ですね。

madame.lefigaro.fr Ines de la Fressange

(C) LE FIGARO fr madame 2009


ファッションブランド「イネス・ド・ラ・フレサンジュ(Inès de la Fressange)」を立ち上げたものの経営陣とのトラブルで、現在はフランスのみでアパレルと香水を展開しながら、ジャン=ポール・ゴルチエなどのブランド・コンサルタントとしても活躍しているとのこと。

シャネル関連記事 カテゴリー シャネルから。

| シャネル・ニュース | 17:08 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:08 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/233
トラックバック
シャネルのファッションショー 2011年春夏コレクション
(C)Chanel Spring Summer 2011 Collection 2010年10月5日にパリのグランパレ(Grand-Palais)でシャネルの2011年春夏コレクションが開催されました。ココ・シャネル(Coco Chanel)が衣装を担当した「去年マリエンバートで(Last Year at Marienbad)」(1961年)へ
| KOBAKO | 2010/10/07 5:16 PM |