楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< LO CUNTO DE LI CUNTI | main | The Group of Seven Franklin Carmichael >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
四季草花図屏風 Flowers and Grasses of the Four Seasons
日本人は森羅万象の世界から、言葉、色を生み出し、その表現にも富む民族です。赤を茜、紅、韓紅、臙脂とあらわしますが、飛鳥・奈良、平安、鎌倉、室町、桃山、江戸に至るまで、それは、それぞれの時代に流行った花鳥、草木が代表する自然が、織物柄、工芸品に息づき、この世のすべての表現を象徴しています。

The Mary Griggs Burke Collection

The Mary Griggs Burke Collection
「四季草花図屏風」桃山時代(16世紀後期)バーク・コレクション

たとえば内部を飾る豪華な障壁画や調度美術が発達したのが桃山時代。安土桃山時代の桃山とは、織田信長亡きあと1582年から秀吉の亡くなった1598年の時代を指します。この頃、建築では数寄屋造りに回遊庭園、絵画は狩野永徳から狩野山楽に移り、長谷川等伯や海北友松らが活躍します。茶では利休から織部へ、芸能では能から浄瑠璃・歌舞伎ヘの転換、そして和食に和菓子、和服に襦袢と発展していくのです。

The Mary Griggs Burke Collection 01

The Mary Griggs Burke Collection 
「四季草花図屏風」桃山時代(16世紀後期) バーク・コレクション

室町時代には、伝雪舟筆の四季花鳥図屏風(東京国立博物館)、日月四季花鳥図屏風(出光美術館名品展1)、狩野元信の四季花鳥図屏風(白鶴美術館)があり、江戸時代には山楽印の四季花鳥図屏風、松村景文の四季花鳥図屏風(大倉集古館所蔵)、俵屋宗達の四季花鳥図屏風(根津美術館所蔵)などがあります。エツコ&ジョー・プライスコレクションのひとつ、酒井抱一の「四季草花図・三十六歌仙図色紙貼交屏風」は、金地に極彩色で四季の草花や花木を描いて下絵とし、その上に三十六歌仙の色紙を貼り付けるという作品です。

日月四季花鳥図屏風 右隻 部分さて秀吉、おもいのままつくった伏見城。それだけの贅を尽くした半年後には、秀吉は時世の句を詠むことになります。−露と落ち露と散りにし吾が身かな 難波のことは夢のまた夢−

絢爛豪華の桃山時代、世界はどうだったのでしょうか。ヨーロッパでは、ルネッサンスからバロックに変化する時代だったのです。

参考サイト 文化遺産オンライン / 所蔵品オンライン
rimpa_school
狩野派四代
初 代・正信[1434〜1530]
二代目・元信[1476〜1559]
三代目・松栄[1517〜1592]
四代目・永徳[1543〜1590]

初代正信は、室町幕府8代将軍・足利義政の御用絵師であり、京都に栄えた東山文化を担う一人です。主に水墨画を描き、国宝の「周茂叔愛蓮図」などがあります。元信は戦国時代に活躍しました。水墨画に加えて土佐派の画風も取り入れ、色彩あざやかな作品が多く、74歳の時に描いた「四季花鳥図屏風」(重要文化財、白鶴美術館所蔵)があります。三代目松栄は、息子・永徳の才能をいちはやく見抜き、流派の頭領の座を若き永徳に譲ります。その永徳は時代は安土桃山、織田信長や豊臣秀吉に仕え、戦国時代の世相を反映してか、まばゆい金地にエネルギッシュな筆使いの絵画を残しますが、安土城や聚楽第などの障壁画は焼け落ち、現存するのはわずかです。

琳派の創始者 俵屋宗達 宗達派

秋草図屏風 俵屋宗雪筆 左隻江戸時代 17世紀
秋草図屏風 俵屋宗雪筆
東京国立博物館所蔵

秋草図屏風 俵屋宗雪筆 右隻萩・芙蓉・薄・女郎花などの秋の草花が描かれています。左右を入れ替えても連続する構図が特徴です。


扇などを中心に絵画制作を行う絵屋「俵屋」から発展していく宗達派。宗達の後継者には俵屋宗雪、喜多川相説がいます。

Mr. and Mrs. John D. Rockefellerこの四季草花図屏風はロックフェラーコレクションのひとつです。江戸時代 宗達派とありました。

Asia Societyからも、ロックフェラーコレクションをみることができます。


本阿弥光悦によって見いだされ、光悦の書の下絵を数多く手がけ、伝統的な大和絵を踏まえつつ、華やかな装飾性と大胆な画面構成で、江戸時代の絵画を代表する新様式を確立します。襖や屏風などにも独自性を発揮しています。

伊年印 四季草花図屏風 右隻 インディアナポリス美術館「伊年」印
四季草花図屏風 右隻
インディアナポリス美術館


伊年印 四季草花図屏風 右隻 細見美術館蔵「伊年」印
四季草花図屏風 右隻 細見美術館


四季花鳥図屏風 俵屋宗達
四季花鳥図屏風
俵屋宗達
根津美術館蔵


「伊年」印は宗達を始祖とする俵屋派の印章で、俵屋派の絵師に「伊年」印が確認されます。

さて、琳派だけが活躍していたわけではありません。

百花百草図屏風 田中訥言筆  徳川美術館土佐派で学び、復古やまと絵の流派を確立した田中訥言の四季草花図、百花百草図屏風、弟子の渡辺清の花鳥図屏風も見事です

百花百草屏風 田中訥言筆  徳川美術館百花百草屏風
田中訥言筆
徳川美術館


花鳥図屏風 渡辺清筆 熱田神宮宝物館蔵花鳥図屏風 
渡辺清筆 
熱田神宮宝物館蔵



花鳥図屏風は、「源清」の落款から渡辺清筆とわかります。岡谷家の田中訥言筆「四季草花図」を倣ったものとされています。

参考サイト 文化遺産オンライン / 所蔵品オンライン

四季折々花鳥風月 草花図屏風にもどうぞ。(酒井抱一/狩野了敬/尾形光琳)そのほかの花鳥風月な屏風にもリンクしています。若冲の菊花図屏風は、コチラ。渡邊始興「燕子花図屏風」と雪佳の「四季草花図屏風」はココ
| 四季花鳥図屏風 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(7) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/24
トラックバック
バーク・コレクションの月
ニューヨーク・バーク・コレクション展 春日鹿曼荼羅 Deer Mandala of the Kasuga Shrine 14世紀後半の南北朝時代に描かれた月
| 空・月・星 | 2006/06/05 3:41 PM |
バーク・コレクション展
百鬼夜行絵巻 19世紀 江戸時代 ニューヨーク・バーク・コレクション展 MIH
| sweet-sweet-sweet | 2006/06/05 3:43 PM |
狩野松栄 花鳥図 by MIHO MUSEUM
これは、松栄の花鳥図だ。国宝とされる障壁画の狩野松栄・永徳父子の松栄である。子の永徳は狩野派の棟梁として、織田信長、豊臣秀吉という天下人に仕え、安土城、聚楽第、大坂城などの障壁画に筆を揮ったが、戦もろとも崩れ落ち、現存する作品は多くない。 狩野派の
| RE+nessance | 2006/06/05 9:54 PM |
光琳のオマージュ 三十六歌仙図屏風
ややくだけた歌人たち。なんだか男の肩にしなだれているような女性も見受けられる。この池田孤邨「三十六歌仙図屏風」は、酒井抱一の三十六歌仙図屏風(所蔵:ワシントン/フリーア美術館 Freer Gallery of Art)を模写したといわれるが、オマージュとしておこう。この酒
| remove | 2006/06/05 9:58 PM |
図屏風 バークコレクション
伝俵屋宗達 源氏物語図屏風 桃山−江戸時代初期 17世紀 バーク コレクション
| 変身抄 | 2006/06/05 10:11 PM |
The Mary Griggs Burke Collection 大麦図屏風
作者不詳の大麦図屏風は、17世紀の江戸時代の作品である。 MIHO MUSEUM 滋賀県甲賀市信楽町桃谷300 2006年3月15日(水)〜6月11日(日) ニューヨーク・バーク・コレクション展──日本の美 三千年の輝き ニューヨーク・バーク・コレクション展 関連記事
| Magnum masse | 2006/06/05 10:30 PM |
四季草花図屏風
バーク・コレクションについで、プライス・コレクションにも行って参りました。いまも
| mari-note | 2006/07/22 4:45 PM |