楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< ジャン=マルク・ナティエ Jean marc nattier その5 神話の女神 | main | 英国の美女 画家に愛されたキティ・フィッシャー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
マリア・ウォルポール(ウォルドグレイヴ伯未亡人)
マリア・ウォルポール(1736−1807)の喪服姿は凄みがあります。愛する夫を失ったこの未亡人を描いたのは、あのトマス・ゲインズバラ。

Thomas Gainsborough (1727-1788) Portrait of Maria Walpole, Countess of Waldegrave, later Duchess of Gloucester (1736-1807) ADAM WILLIAMS FINE ART Ltd

「喪服姿のマリア・ウォルポール(ウォルドグレイヴ伯未亡人)」
アダム・ウィリアムズ ファイン アート (美術商)
トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)


盗難にあったゲインズバラのデヴォンジャー公爵夫人の肖像画も、マリア・ウォルポールの「この厳しい表情」に似ている気がします。

記事 

マリア・ウォルポールの死んだ夫はジェームズ・ウォルドグレイヴ。彼との間に三人の娘がありました。

レディ・エリザベス・ローラ、レディ・エリザベス・マリア、レディ・アンナ・ホレイシアの三人。

レディ・アンナ・ホレイシアは初代ハートフォード侯爵フランシス・シーモア=コンウェイの子孫ヒュー・シーモアに嫁ぐのです。このアンナとヒューはデヴォンジャー公爵夫人と同じく、ダイアナ元妃の先祖となります。

Sir Joshua Reynolds Die Schwestern Waldegrave National Gallery of Scotland 『De drie dochters van Maria Walpole uit haar eerste huwelijk, vervaardigd door Joshua Reynolds.』

ウォルドグレイヴの三姉妹
ジョシュア・レノルズ(Sir Joshua Reynolds)


ジョシュア・レノルズの三人の肖像画にとても興味があったのです。よく日本の記事でレイノルズのもっとも有名な作品が少女が描かれた「マスター・ヘア」(ルーヴル美術館所蔵)ってあるけれど本当でしょうか?

もっといい作品はたくさんありますよね。不思議。日本だけでの宣伝のような気がします。だってイギリスではその作品よりも違う作品が人気ありますものね。

横道にそれました。本題に戻りましょう。

このマリア・ウォルポールは夫の死から3年後、シンデレラのように王族と結婚することになるのです。

Sir Joshua Reynolds Maria, Duchess of Gloucester 1771-4 Royal collection

マリア・ウォルポール エディンバラ公グロスター公爵夫人
ジョシュア・レノルズ(Sir Joshua Reynolds)
ロイヤル コレクション


イギリス国王ジョージ3世の弟ウィリアム・ヘンリー (グロスター=エディンバラ公)との結婚。王族ではない未亡人との結婚はのちに王室結婚令を発令するきっかけになりました。

肖像画「喪服姿のマリア・ウォルポール(ウォルドグレイヴ伯未亡人)」の当時は27歳。大変美しい人で、コヴェントリー伯爵夫人(Maria Coventry, Countess of Coventry  1733 – 60) と競っていたそうです。

たしかルブラン夫人アントワネットの肖像画をみて「青春の女神へーベー、花の女神フローラ 云々(略) 王妃と比べれば、ただの街の女にすぎないだろう。」と語った小説家ホレス・ウォルポール(1717−1797)が彼女の叔父。

Nathaniel Dance Portrait of Maria Walpole, Duchess of Gloucester, ca. 1766-69, Oil on canvas. Virginia Museum of Fine Arts, Richmond. Arthur and Margaret Glasgow Fund.

マリア・ウォルポール エディンバラ公グロスター公爵夫人
ナサニエル・ダンス男爵(Sir Nathaniel Dance-Holland)


マリア・ウォルポールはエディンバラ公との間にも3人の子をもうけています。ソフィア王女、夭折したキャロライン王女、そしてウィリアム・フレデリック。彼はジョージ3世の息女たちの中で最も美しい王女メアリーと結婚しています。

マリア・ウォルポールは、ウィリアム・ヘンリー (グロスター=エディンバラ公)とどのように、いつ出会ったのでしょう。

楓は前夫ジェームズ・ウォルドグレイヴが生きていた頃には知り合っていて、恋心を抱いていたのではないかと思うようになりました。

Francis Cotes  Portait of Maria Walpole, Countess Waldegrave, later Duchess of Gloucester  1765  Sothebys London Sothebys London

マリア・ウォルポール エディンバラ公グロスター公爵夫人
フランシス・コート(Francis Cotes)
サザビーズ


7歳も年上のマリア・ウォルポールに夢中になったウィリアム・ヘンリー。彼女が30、ウィリアム・ヘンリーが23歳で結婚することになったのですよね。

マリア・ウォルポールの祖父はホイッグ党で、事実上の首相として21年の間を務めています。

そうした出身でのマリア・ウォルポールですが、彼女の母はウォルポールの家に認められなかったのか、父が引き取るような形でウォルポール家で暮らしていたようです。母は帽子屋の売り子だったそうです。

祖父の血を持ちながら、マリア・ウォルポールの慈善活動や政治支援のお話しは残っていないようです。ただただ美貌と家柄を超えたシンデレラ物語しか見つかりませんでした。残念。
| ロココ 英国の美女 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/254
トラックバック