楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< 英国の美女 画家に愛されたキティ・フィッシャー | main | ロココ 英国の美女 ジョシュア・レノルズ(Sir Joshua Reynolds) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
英国 伝説の美女 ガニング姉妹

Elizabeth Gunning, Duchess of Hamilton, 1733 - 1790 : commissioned by James, 6th Duke of Hamilton Gavin Hamilton Scottish National Portrait Gallery

エリザベス・ガニング
ギャビン・ハミルトン
スコットランド国立肖像画美術館


ガニング姉妹はのちに姉マリアは伯爵夫人、妹エリザベスは公爵夫人となる二人の姉妹ですが、生れ落ちたガニングの家は貧しい環境でした。

マリアの宿敵となる娼婦キティ・フィッシャー。貧しい家庭の口減らしは娼婦になるか、女優になるか。

ガニング姉妹は女優の道へ進みます。旅する女優。ピーターシャム子爵夫人の城では、ジュリエットにマクベス夫人の衣装を身につけ、ロンドンまで評判となります。

姉マリア・ガニング(1733−1760)の肖像画はほとんど残っていません。27歳でこの世を去ったのです。マリアはフランスでもイギリスでも評判の美人でした。

Maria Gunning  Maurice Quentin De La Tour

マリア・ガニング
モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール
所蔵先不明


ポンパドゥール夫人の肖像画を描いたフランスの画家モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥールのマリアの肖像画があります。

マリアは1752年に第6代コベントリー伯爵と結婚をしました。コベントリー伯爵がマリアの頬紅をハンカチでこすり落としたという逸話がありますが、姉妹そろってファッション・リーダー。白粉に頬紅、そして流行のドレス。

ところがマリアにはそれが命とりとなりました。

中世ヨーロッパでは白鉛の白粉、日本の江戸では水銀の水白粉は鉛中毒を起こし、死に至る危険な美の起源の産物でした。

マリアの過剰な白粉は、死の起因となったのです。

一方エリザベスも、1752年頃にハミルトン公爵と出会い結婚します。彼が亡くなったあとにはローン候ジョン・キャンベルと結婚。

Lady Elizabeth Hamilton (1753?1797), Countess of Derby, 1776?78 The Jules Bache Collection

長女 エリザベス・ハミルトン ダービー伯爵夫人
1776−78
ジョージ・ロムニー メトロポリタン美術館?


彼は1770年に父の後を継ぎ、アーガイル公爵となり、マリア・ガニングはアーガイル公爵夫人として有名になります。

彼女は男女あわせて8人の子を出産します。ハミルトン家では3人が誕生。長女のエリザベスの肖像画が残っています。

一枚は幼女の頃のエリザベス。これはジョシュア・レノルズ(Sir Joshua Reynolds)が描いた肖像画。もう一枚はジョージ・ロムニーでダービー伯爵夫人として。

キャンベル家では5人。その中で女性の肖像画に残っているのがシャーロット・キャンベル嬢(1775–1861)。

シャーロット・ベリーという名で英国の小説家のリストにも残っています。結婚後の名前のようです。

Tischbein - Lady Charlotte Campbell Lady Charlotte Campbell (1775 - 1861) Writer and famous beauty

シャーロット・キャンベル 美貌の作家 1789
ヨハン・ハインリヒ・ヴィルヘルム・ティシュバイン
スコットランド国立美術館

| ロココ 英国の美女 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:10 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/258
トラックバック