楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュ | main | マリー・アントワネットの娘 マリー・テレーズ王女の回想記録 1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
イタリア ロココ ヴェネチアのピエトロ・ロンギ
先にお詫び、wannkoさん、ロンギの記事だぶってごめんなさい。記事リンクありがとうございます!

Artist Sketching an Elegant Company (Il Cafe), c. 1760  Norton Simon Museum-1.


ロンギの描いた風俗画の時代は、フランスも英国もロココ。あのポンパドゥール夫人の時代。

この作品に描かれている男女はロココ調。ただ一人、右側で立っている人は、同じロンギの作品に繰り返し登場している人物で、この時代に流行した賭博や仮面舞踏会で見かける外套を羽織っています。

Artist Sketching an Elegant Company (Il Cafe), c. 1760-2


さてこの作品は集団肖像画だということですが、名前がわかりません。ただ一人を除いて。

それは画家ピエトロ・ロンギ自身が描かれているのです。

作品タイトルは、「エレガントな集まりのスケッチ(カフェにて)」でいいかと。1760-62年の作品で、左端のペンとスケッチ帳を手にしているのがピエトロ・ロンギ。ノートン・サイモン美術館所蔵です。

この画家自身の肖像画が少なくて、wikiに載っている画像と見比べて、あまり違いはないかと思います。

ピエトロ・ロンギに関しては、まず次の作品記事をどうぞ!

ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 
記事 「
ピエトロ・ロンギ流
記事 
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi
記事 ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 動物
記事 ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 二枚のポットゲーム
記事 ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi いかさま よこしま さかしま
記事 「ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi  七つの秘蹟(I Sette Sacramenti)

それでは、楓がトピックしたピエトロ・ロンギの作品をご覧ください。

The Painters Studio -Pietro Longhi Attribution to Pietro Longhi of the present painting

ピエトロ・ロンギ  Pietro Longhi
画家のアトリエ 個人所蔵


ピエトロ・ロンギの「画家のアトリエ」では、ブルジョワ階級の女性が肖像画を描いてもらっているところ。実はこの作品はピエトロ・ロンギに属するという作品。

Ca Rezzonico, Venice Painter in his Studio 1740-45

ピエトロ・ロンギ  Pietro Longhi
画家のアトリエ 1740-45
ヴェネツィア カ・レッツォーニコ 18世紀ヴェネツィア美術館


先のリンク記事 「ピエトロ・ロンギ流」では模倣、模写作品のほか、もしかするとピエトロ・ロンギの手は入っているけれどというような皆さんも見たことのある作品までありますので、参考に。

後ろの人物はお付きの人?でしょうか。雅やかな作品ではないですが、風俗画と言ってもこちらはブルジョワジーの人々を描いています。

リンクしたsai 記事のなかで、画家が日常の出来事を日記にしたような作品だとありましたが、本当にそうです。

「今日は誰々がこうなった、今日は舞踏会に出かけた。」というような物語というより、出来事を綴った作品のようです。

The Faint, c. 1744 Pietro Longhi Samuel H. Kress Collection National Gallery of Art, Washington, DC

失神 1744 ピエトロ・ロンギ
ワシントン・ナショナル・ギャラリー

The fainting spell Pietro Longhi (Pietro Falca) Gallerie di Palazzo Leoni Montanari

失神の呪文 1760 ピエトロ・ロンギ
パラッツォ・レオーニ・モンタナーリ美術館


フランスやイギリスのロココな作品を記事にしてきましたが、流麗さはないものの、なんともいえない不思議な人物や場面を描いた作品ばかり。

この作品は「失神」なんですが、右の青い服の白髪の老人は、ほかの作品にも登場します。魔術師、奇術師、あるいは錬金術師なんでしょうか。

ロンギが活躍したヴェネツィアは衰退時期に入っていく時代で、1797年にナポレオンに侵略されます。

占い師、ペテン師(ほら吹きのことでしょうか)、仮面舞踏会などなど、当時の風俗は日常的な生活から逃避できる人物や場所が流行したようですね。

ロンギの室内風俗画には、室内遊戯、家族の肖像画、フェルメールの主題のような作品もあります。

Pietro Longhi La lezione di geografia-1750-52 Querini Stampalia Foundation Museum

地理学のレッスン 1750-52 ピエトロ・ロンギ
クェリーニ・スタンパーリア財団美術館
(クエリーニ・スタンパリア美術館)

La famiglia Sagredo-1752-Querini Stampalia Foundation Museum

サグレド家の肖像画 1752 ピエトロ・ロンギ
クェリーニ・スタンパーリア財団美術館
(クエリーニ・スタンパリア美術館)


Pietro Falca (Pietro Longhi) La présentation musée du Louvre

お披露目 1740  ピエトロ・ロンギ
ルーヴル美術館


Blind-man’s Buff 1744 bought by George III The Royal Collection


こちらは英国のロイヤル・コレクション。ジョージ3世が購入した作品。ちょうど前回までジョージ4世の愛人をはじめとする記事を書いていましたが、ゲインズバラ、レノルズ、そしてフランスはフランソワ・ブーシェ、ナティエらの肖像画と同じ時代。

ピエトロ・ロンギはブルジョワの人々が「目隠し鬼」で遊んでいる姿を描いています。

国民は働き通しなのに優雅に遊んでいるなぁと綴ったのでしょうか?

The Married Couple’s Breakfast The Royal Collection


「新婚の朝食」とでも邦題をつけましょうか。こちらもジョージ三世が購入した作品。左手には召使と執事でしょうか。

彼らは王族なのでしょうか。ヴェネチアの貴族かもしれませんね。

The Married Couple’s Breakfast-2


この作品に描かれた二人ですが、記事 「ピエトロ・ロンギ流」では、失われたらしいピエトロ・ロンギの「貴婦人の目覚め」の模写が掲載されています。

その「春の目覚め」に描かれた二人に似ている気がします。

ジョージ三世、どうしてこの作品を購入したのか、そちらも気になりますね。

さて、楓はいろんな記事を書いていますが、引用しているものは必ず著作を明記しています。

それ以外のものは楓の思ったこと、楓の言葉なので、記事文中をそのまま引用されると、誤解も生じます。

哲学、日記や書簡集、古典、文学、歴史、地理、服飾史、海外のマガジンなどをはじめとするいろいろなテキストに、関連する出来事や人物が紹介されていることがあります。

そういったテキストからの関連付けや楓なりの人物解釈なので、独自の視点が多いです。

そのまま本文を引用している方、文責は私にありますので、どうぞ、わかるようなリンクをお願いしますね!
あらためてご確認のうえ、お読みくださいな。
| イタリア ロココ Italian Rococo | 18:09 | comments(4) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:09 | - | - | pookmark |
コメント
楓さま

記事、待ち焦がれちゃいましたっ(笑)
資料や文献にあたらなきゃいけないから、時間はかかるもの!とわかっているのに・・(苦笑)

さびしくて、仕方ないから何度、盗難デボンシャー夫人の顔を眺めたことか(爆)

新たに記事がアップされて、本当にうれしいです。


今回の画家、もちろん初見でしたが、すごく変わってますね。
私の印象では、それぞれの絵の余白感が、落ち着かなくて・・

ベネツィア・・、かつて栄華を極め、まもなく滅んでいく都市国家、文化・・。
画家がひしひし感じている、せつなさを感じてしまいました。

この印象は合ってますか?
幸福感がどうしても見つけられなくて、それより、おおげさじゃないけど、滅びゆくものの
悲しみを描き込んでいるように感じちゃいました。

唯一、ほろっとしたのが、ベッドサイドでの新婚の二人の絵です。
ちょこっと温かみを感じました。

滅びていく、衰えていく、ってかなしいことですものね。

アントワネットの大好きだった姉さん、ナポリ王妃カロリーナも、王座から追われたんですものね。
阿片におぼれたんですよね、妹の死とか、いろいろかなしくて。

事情は違うけど、婉容皇后を思いだしちゃいます・・

今回はふくには、せつない回でした・・。
| ふくちゃん | 2010/12/01 7:59 PM |

ふくちゃん、こんにちは!

>記事、待ち焦がれちゃいましたっ(笑)

なんと嬉しいお言葉。感謝です。基本記事は月に数回程度。

今回はふくちゃんが12月までの有休中とのことで、いつもより多く記事を書いていますよ。

>資料や文献にあたらなきゃいけないから、時間はかかるもの!とわかっているのに・・(苦笑)

ごめんなさい。わたし、ほとんど資料や文献にあたりません。

私の記事で、文献などからこれは記録に残しておこうというものは、引用で表記しています。著作権もあるので、必ず引用元を書いています。

資料や文献の引用を表記していないものは、聞いたものや目に触れたものから、別な角度で申しているだけなんです。

たとえばマリー・アントワネットの記事に関しても(いくつかアントワネットの記事を書いていますが)、どの場合も「こうだった」という事実を引用した場合、引用元を明記しています。

私の記事、たとえばこの記事ですが、作品画像は美術書によるものですが、引用先として美術館の名をあげています。

たとえばジョージ三世が購入したと書いているのは、マリー・アントワネットがフランス王妃だったということを知っているのと同じ程度のことですよね。

「あの作品の二人に似ている」とかというのはあくまでも私の思ったことです。

えっと、デヴォンジャー公爵夫人に関して藻専門家や映画や物語での解釈が変だなって思って書いた記事なので、文献や資料もありません。

よく、楓の記事を引用している記事を発見しますが、ホント、困るんですぅ。

資料、文献から記事をつくっていると思われてしまうのが、こわい!

ふくちゃんも、アントワネットのお話しを文献みなくとも、”そら”で友人や誰かとお話しできると思うんですね。

そこにご自分の思いとか、意見を交えると思うのですが、そういう記事なんですよ。

ただし、文献や資料で何かを突き止めたいときは別です。

私のブログは両極端なんですね。

資料、文献の引用がないときは、楓の戯言だと思ってください。

>アントワネットの大好きだった姉さん、ナポリ王妃カロリーナも、王座から追われたんですものね。

衰退期ですもんね、ヴェネツィアもナポリも。現代はイタリアのひとつですね。

>事情は違うけど、婉容皇后を思いだしちゃいます・・

今回はふくには、せつない回でした・・。

ふくちゃんの感性はどこまで、磨き上げられているのでしょう。

感性が研ぎ澄まされれば、なおさら切なさもひとしお。

たまに磨き忘れても!(笑)
| 楓 | 2010/12/02 3:40 PM |

今ちょうど、本当に変わった構図、世界観だなあ、と
またまた絵の世界にお邪魔してたところなんです。

そうしたらまあ、グッタイミン!
楓さまのお返事を目にしちゃいました。
うれしかったです。

そして私の休暇中、楓さまは記事を増やしていてくださってたとのこと、
私のほうこそ本当にしあわせ、毎回知らないことがあり、楽しみで仕方ないんです。


ところで楓さまが今悩んでらっしゃる(?)引用&楓さま自身の感想のことなんですが・・

わたしはブログのことは実際にはあまりよくわからず、つまり文責のことは申し上げにくくもあるのですが、
わたしはなぜか、引用にはこだわるほうで、というか、自分自身気になりますので
書き忘れないかぎりは、コメントのなかでもできるかぎり、引用の場合はクリアに表記したくなっちゃうんです。

といっても、今のわたしは、アントニアフレイザー、スーザンネーゲル、デボラキャドベリーばっかり(笑)、
たまーに、ツヴァイク、フェルセンの日記&ソフィーへの手紙、どこそこ大学の先生発言、
そしてやっぱりWikiがふえました・・いいのかなあ、Wikiだのみ・・(汗)

後で、あれ何に書いてあったっけ?って調べるのが億劫なのが一番の理由なんですが、

でもね、1月から会社アドレスからコメントさせていただくことが増えると思うんですが、
そこに出ちゃってる社名に、わたしのナイーブ&神経質ぶりの理由を楓さまは理解してくださるときっと思います。

文責&整理イノチなんですよ〜。あー働きたくないっ!!!
でも画面は全然容量大きくてキレイなんです。

美しい大きなイザベラと再会だあ!

今はシシリーメアリーパーカーに夢中です。
ずばり、逃避ですっ!

次の楓さまの記事はなんだろなぁ??

でも今回はちょっと苦手でした(笑)

次は超・たのしみに待ってます!
あ、でも無理しないでくださいましね、
クリスマスもあるし、ママは大忙しだもの!!!
| ふくちゃん | 2010/12/02 4:24 PM |

ふくちゃん、こんばんわ!

>ところで楓さまが今悩んでらっしゃる(?)引用&楓さま自身の感想のことなんです・・

引用していない個人の感想を、そのまま記事にしている方いるので、困っているんですよ。

たとえば、この記事でいうと、その「春の目覚め」に描かれた二人に似ている気がします。→「春の目覚め」と〇〇は同じ人物を描いていると言われています。になってるので、そういうことなんですね。

そうすると、その人の記事しか読んでいない場合、それを「そうなんだ」と受けと取ってしまうと大変なことになりますよね。

たとえば、歴史小説なんかは脚色されていますから、知らずにそうだと受け取る場合といっしょですねよね。

それで、あえて今回も、自分の感想や引用先がない場合は、そのように書くようにしたのです。

でも、引用されているのは古い記事ばっかりなんですけどね。(笑)

その記事に書くと、非常に相手さまを責めている気がしてね。(モジモジ)

ただ、こちらの記事を全文記事にして、リンクしている場合は、直接記事に書いていますが。

>今はシシリーメアリーパーカーに夢中です。

妖精とか、挿絵で、とっても可愛いですよね。

記憶違いかもしれませんが、両親に誰か著名人の友人がいたような気がします。間違いかもしれません。
| 楓 | 2010/12/08 9:07 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/260
トラックバック
ピエトロ・ロンギ流 After Pietro Longhi & Pietro Longhi Style
僕、今日はSAIの二番煎じ。記事がピエトロ・ロンギの二番煎じか!ではなく・・・。楓のナティエの記事に、ナティエの模倣や模写を記事にしてたのを真似た。僕もAfter SAI というところだ。記事 Jean-Marc Nattier style ジャン=マルク・ナティエ スタイル ピエトロ・ロ
| remove | 2010/12/01 6:10 PM |
ピエトロ・ロンギ 気になる人物
この作品に描かれている男女はみんな、と書いたところで、楓さんに先越されました・・・。これ、ロンギの自画像が描かれてるのです。この作品については・・・楓さんから。 「イタリア ロココ ヴェネチアのピエトロ・ロンギ」 ってことで、どうしよう。
| allegory by wanko | 2010/12/01 6:12 PM |