楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< オランプ・ド・グージュ  復讐の女神 | main | ブルボン朝の王妃 マリー・アントワネット さらば、王家よ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
サド侯爵夫人 ルネ・ペラジー

「この野蛮人が生贄にしている小さな娘ほど、可憐なものはなく、陵辱者と犠牲者とのあいだに桁外れな不釣合いほど、おもしろいものはありませんでした。」

久しぶりにサドの「ジュリエット物語あるいは悪徳の栄え」を読んで、澁澤龍彦さんの訳だったことに気がつきました。

今度は違う訳者のものを読んでみたいと思いますが、ありえないほどの残酷さで、人間の生贄を享楽のために、その命を犠牲にした上流社会の趣味のお話しですが、ルソーと違って、サドの「自然に帰れ」は、原始の野蛮な人間性に帰れということだったのだと思います。

ルイ15世からナポレオンまでの時代を生きたマルキ・ド・サドは、王家の親族で、人を殺すまでには至っていませんが、当時の死罪にあたる男性同士の交わりをするなど、ルイ16世からも令状が渡されています。

記事 サド侯爵 マルキ・ド・サド

そこで気になるのがサド侯爵夫人。

ジャン・バティスト・ジョセフ・フランソワ・サド伯爵(Jean-Baptiste François Joseph) マリー・エレオノール・ド・マイエ・ド・カルマン(Marie-Eleonore de Maille de Carman)

サドの父(ナティエ画)、サドの母(作者不詳)


ナティエの肖像画にも描かれているマルキ・ド・サドの父ジャン・バティスト・ジョセフ・フランソワ・サド伯爵は、この息子の荒れ果てた生活と浪費には、しかるべき縁組しかない!とルネ・ペラジー・ド・モントルイユを選んだのです。

法官貴族の娘ですが、ヴェルサイユの有力者で財力のあるモントルイユ家。ルネにとってはコンデ家に通じるサドとの婚礼はシンデレラ。

でも、サドは自分が身分違いの花嫁をあてがわれたと思っていたのでしょう。1763年のことです。

ルネ・ペラジーは、容姿も地味で、姿形も見栄えはしませんでしたが、冷静で敬虔な女性でした。

サドにとっては魅力的ではありません。

そしてサドの性倒錯から引き起こされる事件にスキャンダル。数々の恋愛癖。ルネの妹もその一人でした。

アンヌ・プロスペル・ド・ローネー・ド・モントルイユ(Anne-Prospere de Launay de Montreuil,〜1781)

妹 アンヌ・プロスペル・ド・ローネー・ド・モントルイユ


ルネは、夫の逮捕、投獄、彼の逃亡という、ほとんど半分が不在の20年間、一人で3人の子を育てていくのです。

性倒錯を隠せない夫、「あのサド侯爵の妻」というレッテルにさえ、服従してしまう女性。

なんといっても王の親族に通じる名家の家柄。当時のサドは若く美しで、洗練されて、才気があって、ちょっとシュール。

サドの事件が明るみになり投獄されるたび、尽くすルネ。痛々しいほど馬鹿馬鹿しい。

サドも彼女にはある信頼をかけていました。自分の頼みはなんでも引き受けてくれる妻として。なんとつまらない立場のルネなのでしょう。と思っていたのですが・・・。

1783年、ルソーの「告白論」の差し入れが監獄で拒否されたときのサドからルネの手紙があります。

「ルソーの「告白論」が拒否されたとは、またまた大事件だ。ルクレイティウスとヴォルテールの対話を送ってもらったあとだから、尚更だ。ああ、自由人が書いた本が私に害ありと貴女が思うなら、私にとってなおさら名誉千万だ。私は彼を大層気に入っている。」(要約)

ルソーの告白論を拒否したのは、ルネ自身でしょうか。それとも母親のモントルイユ夫人の意見に従ったのでしょうか。

このヴァンセンヌの投獄以前、10年前になります。

サドが、マルセイユ事件を起こし死刑判決が下される前に、シャンベリーに逃避行しました。そこで逮捕され、抑留されるのです。

Renee Pelagie

サド侯爵夫人ルネ・ペラジー


この翌年、この従順で献身的な妻ルネは、男装してシャンベリーに向かったというのです。

ルネの男装?

私は、この男装は誰にすすめられたのか考えていたのです。やはり母親のモントルイユ夫人でしょうか。それともルネ自身の判断でしたら拍手喝采です。

妹のアンヌに比べて、はるかに容姿が劣り、正式な肖像画もありません。この簡素な肖像画はルネだと思われるという注釈が以前にありました。

ルネだと信じると、なんと愚鈍な横顔。厚かましくさえ見えてしまう私。もしかすると、神経が太いのか、血のめぐりが悪い。

楓が思うには、ルネは不感症だったのではないでしょうか。何の感情的な反応もわかないことを、サドは「冷静で敬虔だ」と思ったのでは。

それとも敬虔的だからこそ、サドの子どもを3人も出産しながら、一度も女性の喜びを知ることがなかったとも思えますが、ルネこそサドの性行為に嫌悪を持っていたのではないでしょうか。

性の解放がされていないルネ。そのルネには愛情と愛撫、そして心に響く言葉が必要だったのではないかと。ルネには性の解放も心の喜びも与えられなかったサド。

私がいきつくところが、そこなのです。だからこそ、いつまでも娘のように、母親の意見に従い、夫に献身的に尽くすようモントルイユ夫人に説得されていたのではないでしょうか。

はじめは母親のモントルイユ夫人自身のため。王家の血をひく婿を手放せない。わが一族のために。そして次は、ルネが3人の子供達のために、彼の古い名家を残さなくてはならないと。

EARL LAVENDER, FRONTISPIECE

ジョン・デヴィッドソン著 ラヴェンダー伯爵
オーブリー・ビアズリー(AUBREY V.BEARDSLEY)


ジョン・デヴィッドソン著「ラヴェンダー伯爵」の扉絵は、サドがマルセイユ事件で、自分も鞭打たれたシーンを想像します。こうした性の不一致が、さらにルネの感情を乱していたのではないでしょうか。

人に従うだけのこの女性が、男装をしてサドに会いに行ったという事実が、どういう真実から生まれたものかを不思議に思うのです。

ルネがモントルイユ夫人の介入の記録がなく、サドの援助をするのが、1781年のヴァンセンヌ監獄に投獄されたときです。ルネは王の姉妹の一人の助力で、サドをヴァンセンヌからモンテリマルの城塞に移すことができました。たぶんエリザベート王女だと思われるのですが。

そんな優遇を断ってヴァンセンヌ城の監獄に居続けたサド。そしてサドとは4年後にはじめて面会の許可がおりました。

ところが、4年も男女関係がないわけないだろうと、激しい嫉妬を夫人に向けるのです。あまりの激しさに面会は禁止されたのです。

ルネからサドへの手紙(要約)
「私の心はいつも変わらず貴方のためにときめき、貴方だけを愛しています。私が思っていることはただ一つ。貴方が私をご覧になられる暁には、獄中で考えられていたことは、すべて妄想だったと、あなたが言ってくださることだけです。」

なぜに健気でいられるのでしょう。しかも夫の疑惑を落ち着かせるために、住居を引き払い、サントールの修道院内に住むご婦人のもとに間借りをしたそうです。

でも女性にとって夫や恋人、愛人からの嫉妬は嬉しいもの。ですよね?でもルネは、果たして嬉しかったのでしょうか。

ルネは面会で所望する本を渡し、サドは執筆の写しを渡すという面会。その一方で多くの手紙のやりとりをしています。

サドからルネの手紙
「私の考えは寛容されることがないと、貴女は言う。だがそれは私の瞑想の結果であり、私の実存性、私の教養を象徴するものだ。馬鹿な連中の偏見によって軽蔑されつくす理性的な人間というものは、当然敵になるだろう。貴女が私の主義と関心を犠牲にするという条件のもとでのみ自由が与えられるなら永遠にさよならだ。私は主義と関心をファナティックなものにしてしまっているのだから、命と自由を千回犠牲にしてもよし。」

この手紙も長文でしたが、ルネはただのおとなしい妻ではなかったようにも思えるのです。誰かの意見をそのまま書いていなければ。

1784年、ルイ16世の王令によりヴァンセンヌの監獄は廃止され、サドはバスティーユ監獄へ移されることになるのです。

ルイ16世がタンプル塔に幽閉されたときも贅沢品に囲まれ、優雅な食事が運ばれましたが、サドもこれまでと同様にバスティーユ監獄でも特別な生活をしています。

Juliette, Clairwil, Pauli & Laroche otages à Cachan

ジュリエット物語 悪徳の栄え 挿絵


このバスティーユで「ジュスティーヌ物語 美徳の不幸」、「ジュリエット物語 悪徳の栄え」が書かれたのですね。このとき次のような報告があります。

1786年7月7日 ド・ローネからド・クローヌへ

「サド侯爵夫人の請願の件につき、報告させていただきます。夫人は週1回を訪問する許可を願っておりました。ところが囚人は怒り狂い、夫人に対して常に非難を浴びせかけます。手紙を検閲しますと、妻、家族、我々に対しての非難に満ちております。看視の者を罵り、不愉快な行動が度を越したため、面会を停止するのが適当と判断しました。囚人は面会が絶えてから平静です。サド侯爵夫人が常に侮辱と非難を浴びるにも関わらず、面会許可を求めるのは、誠実さと善意の現れです。実のところ、夫人は囚人が釈放された暁には生命を失うかもしれぬ事を恐れております。かかることは、私、当所の全員と同様に確信いたしております。」

この一年後に、鼈甲の枠に入れたルネのミニチュアール像を受け取ったサドは、「私は貴女を抱きしめる。現実に貴女を腕の中に迎えることができたら、もっと感謝するだろう。その肖像、この鼈甲はまったく素晴らしい。何もかもが気に入った。筆にはあらわせない喜びをそれは私にあたえてくれる。」

ルネは「囚人が釈放された暁には生命を失うかもしれぬ事を恐れております。」と報告されることを、ルネはあらかじめ知っていて、自分の生命がおびやかされることを ド・ローネに話したとは。

私には、少しずつルネが、サドと距離を離して行く準備をはじめていると感じたのです。

そして一年後にはサドに自分の肖像画のミニチュアールを贈っているのって、ちょっとおかしい。

愛されていたのならわかるのですが。ルネの気持ちに何か変化が起こりだしたのでしょうか。永遠のお別れの準備をしている気がしてなりません。そして永遠に監獄に投獄されていることを祈っているように思うのです。

サドが投獄されている期間が長いこそ、彼女は献身的な役目を演じることもできたのかもしれません。

Renee Pelagie, marquise de Sade; Gerard Badou

ジェラルド・バドウ著 サド侯爵夫人ルネ・ペラジーの表紙
ルネ・ぺラージをイメージしたもの。作品は読んでいません。


王妃の首飾り事件の翌年で、王家の財政破綻を宣言されたのはこの報告の一ヶ月後。そして3年後、1789年7月 バスティーユ牢獄が襲撃されるのでした。

そして3ヵ月後の10月5日の「ヴェルサイユ行進(10月行進)」で、サド侯爵夫人はパリを脱出しています。

モントルイユ家への手紙
「娘と女中一人を連れ、パリを脱出しました。(略)そうしなければ庶民の女達に力ずくで、無理やり雨の中をヴェルサイユの行進に引きずり出されることになるからです。幸いにして無事に脱出することができました。」

同じ頃、劇作家でもあり女性の人権宣言(女権宣言)を残したオランプ・ドゥ・グージュの家には乱入されたようです。

さてサド侯爵のバスティーユ牢獄の原稿はどうなったでしょう。

サドはシャラントンから釈放されて、20年もの間、献身的に愛情を注いでくれた妻ルネから離婚を言い渡されます。面会時に預けた原稿の写しも引き渡すのを拒まれました。献身的な妻を信頼していたサドですが、バスティーユ牢獄の原稿さえもルネは見捨てたのです。

そして公証人でサドの友人のゴーフリディー。ルネは彼にサドへ虚偽の財産管理の報告をさせます。

その男が自分のためにサドに偽ってくれる。これまで十分に仕える側だったのが、侯爵夫人として仕えてくれる人物を手に入れたとき、彼女はもうすでに、サドの財産を私財としたときだったのです。

ルネは、修道院で余生を過し、69歳でエショフールにて死去します。1810年のこと。別離から20年、お互いに二度と会うことはなかったのでした。

ジュリエットのこの言葉、「この野蛮人が生贄にしている小さな娘ほど、可憐なものはなく、陵辱者と犠牲者とのあいだに桁外れな不釣合いほど、おもしろいものはありませんでした。」とは、サドとルネのことだったのかもしれません。

不釣合いな結婚、不釣合いな性、不釣合いな宗教観。この最も不釣合いな夫婦。財も家名も名誉も継げる子供達の準備も整った。あとは荷物のサドを、ルネは肩から下ろすだけだったのです。


サド侯爵夫人の御伽噺

三島由紀夫の「サド侯爵夫人」、そして、藤本ひとみさんの「侯爵サド夫人」もおもしろいです。

藤本ひとみさんは、デュマ(父)のように、史実を調べて組み立てして、フィクションを織り交ぜるので、とっても面白い。歴史などの知識のある方なら、フィクションとノンフィクションの区別もつき、もっと楽しめる。モントルイユ夫人とルネの葛藤が中心です。

記事はルネとサドの手紙の引用・要約にW.レニッヒ著、飯塚信雄訳 「サド」を参考にしています(モントルイユ家の手紙をのぞく)。そのほかは、性の不一致を含め、すべて楓の所見です。くれぐれも、そのことをご理解いただき、お読みください。

| ロココ フランスの女性 | 05:16 | comments(6) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 05:16 | - | - | pookmark |
コメント
こんにちは。

史実、小説、戯曲のそれぞれに侯爵夫人の顔が違いますね。

小説、戯曲では作者の思いが流麗な文章と台詞に、酔いしれてしまいます。

澁澤をファンデーションにした三島由紀夫の戯曲では「ルネは貞淑、ルネの母モントルイユ夫人は法・社会・道徳、シミアーヌ男爵夫人は神、サン・フォン伯爵夫人は肉欲、ルネの妹アンヌは女の無邪気さと無節操、召使シャルロットは民衆をそれぞれ代表する者」として、新国立劇場の解説にあります。

楓さんの記事を読んで、史実にある男装のサド侯爵夫人、最後にある公証人という男をはじめて思いのままに操ったというのが、物語では味わえない本当のサド侯爵夫人の変化を感じました。
| masa | 2010/12/15 11:55 AM |

こんにちは。半年振りのオフィーリア以来です。

1789年7月のバスティーユ襲撃、10月のヴェルサイユ行進で、男装したテロワーニュ・ド・メリクールがいました。そうすると、サド侯爵夫人は1773年?74年頃ですか。中世時代の英国で、ジャンヌ・ダルクが火炙りになったのは、貞節を守るために男装禁止を破り男装したためですが、フランスでも19世紀には法令が定められたようです。

ルネは貞操を守るために男装した可能性を強く感じたのですが。楓さんは、母親に操られるルネの自立した考えからの行動として強調しているのも、そうかなと思います。なんせ、最後の逆三行半では、なんですか公証人を自分の意思でそうさせたようですが、蛙の子は蛙で、モントルイユ夫人がしてきたこと。

とにかくいい記事を読ませていただいたです。性の不一致は絶対に潜んでいると私も共感しています。

前者のコメントにモントルイユ夫人は法・社会・道徳と引用しているけれど、自分では貴族を代表していると思ってます。
| 静流 | 2010/12/15 1:22 PM |

♪楓、こんにちは。サド侯爵夫人の舞台は、脚本家も演出家も俳優も観客も「美徳と悪徳」に一体になって酔いしれています。何度か見るうちに、舞台よりも観客へ目が行く余裕がでてきました。♪

♪まったく戯曲や小説と関わらないこの記事を読むと、ルネは離婚しても行き場所がなく、自分の名誉を守る手段として、貞節な妻を崩さなかったと思えてきました。サドに対して究極に位置するところを狙ったと思ったり。最初は美男なサドに夢中だったと思う。♪

♪このルネって、肖像画からみると、ひどいですね。五感、六感が鈍そうな・・・。誰が知恵をつけたんだろうとすると母親しかいないよねー。でも1776年以降はこの母親はでてきませんね。1778年には亡くなっていたのでは?♪

♪そうすると、1778年のヴァセンヌあたりから一人でサドを弁護してきたというわけですか。記事にある1786年に、ド・ローネに、ルネ自身が命を脅かされるといったのは、監獄にいる期間をもっと延ばしてほしいってことですよね。もう彼の釈放を望んでいないってことですね。♪

♪ルネの計略。自分と子供達の名誉と財産を守るため。♪

♪このルネは貞操や貞淑を盾に使い、老後の安住のために修道院でサドからの身を守ったというのが、記事を読み終わった人物像の感想です。♪
| sweet-sweet | 2010/12/15 5:43 PM |

masa ちゃん、ご無沙汰でした。

私ならルネは陶酔、モントルイユ夫人は羨望、シミアーヌ男爵夫人は慈愛、サン・フォン伯爵夫人は背徳、アンヌは無分別、召使シャルロットは従順かな。

>物語では味わえない本当のサド侯爵夫人の変化を感じました。

どうぞ、私に洗脳されずに、いろいろ見聞されてくださいね。

物語も大切ですよね。粉飾や脚色があってさらに感動します。

そこからノンフィクションとフィクションを自分で区別していく遊びも楽しいです。
| 楓 | 2010/12/15 8:20 PM |

静流さま、再度のコメントありがとうございます。

懐かしく思い、前回のコメントを再読していました。

>ルネは貞操を守るために男装した可能性を強く感じたのですが。楓さんは、母親に操られるルネの自立した考えからの行動として強調しているのも、そうかなと思います。<

そうでした。貞操を象徴されているルネですよね。

私は、彼女が何かから解放されたいと望んでいたと思うのです。それが性であり、彼女の母親であり。

>性の不一致は絶対に潜んでいると私も共感しています。

性ってサドもそうですが、陶酔しているわけなんですね。でも、ルネは性よりサドに陶酔していたのではと思うんです。サドという性に仕えた。女性の喜びをより、サドです。だから性の感情を表すことも知らなかった。そういう意味で不感症だと。

さらに愛されたいという本当の気持ちを抑圧させて。

ルネはサドに幻滅を感じたのだと思っているのです。

これまで献身的に仕えていたルネですが、彼の老いていくのを見るのが恐ろしかったのはないでしょうか。年齢とともに人格が顔にでて、とってもノーマルには見えなかったと思います。ほかの男性と比べて。

>自分では貴族を代表していると思ってます。

そうかも。ルネのおかげでお金では買えなかった王家の血を手にいれたのですから。
| 楓 | 2010/12/15 8:20 PM |

sweetさん、こんばんわ。何度もコメントupして、あっ、名前を呼びかけるの忘れちゃった。

ごめんなさい。コメントありがとう。

♪そうすると、1778年のヴァセンヌあたりから一人でサドを弁護してきたというわけですか。記事にある1786年に、ド・ローネに、ルネ自身が命を脅かされるといったのは、監獄にいる期間をもっと延ばしてほしいってことですよね。もう彼の釈放を望んでいないってことですね。♪

サドが47歳のときですね。ド・ローネに、ルネ自身が命を脅かされるといったのは。

もう、彼を見ていられないほど、ルネは幻滅を感じていったのでしょう。そのとき初めていろいろな真実がみえてきたのでしょうね。

そして、財産に家名、子供達を守らなければという気持ち。

♪このルネは貞操や貞淑を盾に使い、老後の安住のために修道院でサドからの身を守ったというのが、記事を読み終わった人物像の感想です。♪

私もそう思うのです。最初は真実の貞操だったでしょうが、それを武器に最後まで身を守ったのは、ほかの男性ではなく、サドから。

それがいつからなのか。ルネが未成熟だったのも原因かも。
| 楓 | 2010/12/15 8:35 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/266
トラックバック
サド侯爵 マルキ・ド・サド
ボードレールが「悪を明らかにしようと思ったら常にサドを、ということはつまり自然人にたちもどらなければならない」と述べている。この当時のジャン・ジャック・ルソーによる「自然に帰れ」を、サドはを誇示し、それを捩る。ルソーとサドの「自然に帰れ」は、僕的な解
| RE+nessance | 2010/12/15 5:18 AM |