楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< 世界でいちばん美しい詩 林古渓 「浜辺の歌」 | main | ムンクのマドンナ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Madeleine Vionnet マドレーヌ・ヴィオネ
Madeleine Vionnet「女性が微笑むと、ドレスも共に微笑んでいるのが自然なのです。」

「女性が微笑むとき、そのドレスも微笑むように」とドレスをつくる。

1939年にメゾンを手放し、50年ものあいだ忘れられた存在だった服飾の巨匠、マドレーヌ・ヴィオネのお気に入りの台詞。

マダム・ヴィオネは「クチュールの可能性を追求し、技術を高めた」とディオールが賞賛し、バレンシアガ、一生、山本耀司の尊敬を集めた女性です。

1912年、メゾン・ヴィオネがオープンしました。その装飾がラリック、ボリス・ラクロワ、ジョルジュ・ドゥ・フールの3人です。
写真の、象牙色のクレープ・モロッコのイヴニングは「ヴィオネ風ドレープ」です。そして女神のような女性は、メゾンのトップモデルのソニア。ホイニゲン・ヒューンの撮影で1931年の「VOGUE」に掲載されているディティールです。

追記 検索からのご訪問ありがとうございます。ページビューヒットしております。


追記 2009/07/02
すいません、n 抜けてました。コメントありがとうございました。リンクもありがとうございます。

フランス・パリの装飾美術館(Arts Decoratifs museum)で24日から、ファッションデザイナーの故マドレーヌ・ヴィオネ(Madeleine Vionnet)の展覧会の記事はコメント頂戴した「兎穴の少女」さんからどうぞ。「ココの先輩 ヴィオネ展覧会」です。
ご紹介の書籍はいずれも洋書ですが、和書も出版されています。左から2冊目、3冊目はいずれも同じもの。このベティカークのヴィオネは、代表作38点のパターンを著者ベティ・カークが製図し、裁断テクニックを500点に及ぶ写真・図版で解明しています。アーヴィング・ペン、マン・レイ、スタイケン、ホルスト、ヒューネ、ビートン等の撮影による歴史的なファッション写真約40点が掲載されています。

また、国内からは手に入りにくい、ヴィオネ自身によるイラスト集もあります。

Madeleine Vionnet(Illustrated)
Jacqueline Demornex
Book / January 1990 / 2903370583

Madeleine Vionnet, 1876-1975
L'art De La Couture Centre De La Vieille Charite, 29 Juin-22 Septembre 1991(Illustrated)
Madeleine Vionnet
Book / 75 Pages / January 1991 / 2950099645

Madeleine Vionnet by Jacqueline DemornexMadeleine Vionnet by Betty Kirke,Issey MiyakeMadeleine Vionnet by Betty Kirke; Foreword Issey MiyakeGoddess: The Classical Mode (Metropolitan Museum of Art Publications)

ファッションデザイン専攻の学生むけですが、服飾史の講義のなかでのマドレーヌ・ヴィオネを紹介しています。関心がありましたらご覧くださいね。ここからヴィオネのパターン解説にもリンクしています。
| マドレーヌ・ヴィオネ | 00:00 | comments(6) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
コメント
あっ、いい写真だな、と思ったら、ホイニゲン・ヒューンという未知の人でした。
そういえば70年前のファッション写真家なんて、マン・レイくらいしか知らないかも。
| とーし | 2006/07/21 2:35 PM |

さすがにビートンは知っていました。
| とーし | 2006/07/21 2:39 PM |

とーしさん、こんにちは。
マン・レイは、ファッション界において、オートクチュールのコレクション、新しいファッションを雑誌に掲載するなど、メゾンのクチュリエ(デザイナー)たちからの依頼も多かったようです。マドレーヌ・ヴィオネより、マン・レイは、ココ・シャネルやランバンの写真が数多く残っているよう。

トップモデルのソニアもなかなかステキでしょう。
| 楓 | 2006/07/22 9:19 PM |

私は、セシル・ビートンの写したシャネルが大好きです。 1937年の柱を背にした威厳あるシャネル。たぶんシャネル自身が望む姿を、ビートンは写すことができた。シャネル自身がこよなく愛する自分。孤独なくせに、孤独を嫌うシャネルが、ビートンの写真はメッセージしている気がします。
| 楓 | 2006/07/23 8:01 PM |

追伸 とーしさん

http://blog.so-net.ne.jp/lohasstyle/2006-07-23

ビートンのシャネルの写真をもとに、記事を書いてみました。よろしかったら、見に来てくださいね。
| | 2006/07/24 12:19 AM |

Vionetのnもう一個です。

いい記事ですね。リンクさせていただきました。
| Adventures in Wonderland | 2009/07/02 11:19 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/27
トラックバック
Vionnet, Madeleine
アンシャン・レジーム期の支配階層に変わって、産業革命を背景に19世紀の新しい支配階層となったブルジョワジーのファッション。1858年「オートクチュール」という新形態のクチュリエたちのメゾンが誕生しました。 その一人マドレーヌ・ヴィオネは、これまであまり語ら
| Life Carrer Counseling by Concierge | 2006/06/08 1:43 AM |
ココの先輩 ヴィオネ展覧会
たまたま、よく読んでいるブログ(どちらも最近更新なしですが)で、この記事が何年か前にアップされていたので、知った名前。マドレーヌ・ヴィオネって香水の好きな人なら知っているかも知れませんが、実はファッションデザイナー。19世紀生まれの20世紀はじめのデ
| Adventures in Wonderland | 2009/07/02 11:20 AM |