楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< ジェームズ・クリステンセン  女性の頭部 | main | クラナッハ(父)の聖女たち >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
プリンセス・ジビュレ クラナッハのジビュレ・フォン・クレーフェ姫の肖像

Lucas Cranach the Elder Princess Sybille of Cleves ca. 1526 Schlossmuseum, Weimar

プリンセス・ジビュレの肖像 1526
(シビレー・フォン・クレーベ姫の肖像) ルーカス・クラナッハ(父)
ワイマールのシュロス・ミュージアム(城美術館)


ルーカス・クラナッハ(父)が描いた姫君。日本ではなぜか「シビレー・フォン・クレーベ姫の肖像」と呼ばれていますが、歴史上ではザクセン選帝侯妃ジビュレと呼ばれています。不安など微塵もない女王にふさわしい決意の表情に愛らしさ。

姫君は英名ではシビル・オブ・クレーヴズ、ドイツ語ならジビュレ・フォン・クレーフェ(Sibylle von Jülich-Kleve-Berg)らしいです。ここではジビュレで。


14歳でヨハン・フリードリヒ (ザクセン選帝侯)と結婚。4人の子供が誕生します。

婦人の肖像画(プリンセス・ジビュレの肖像) 1526
ルーカス・クラナッハ(父) エルミタージュ美術館


Portrait of a girl (Portrait of a girl ) Lucas Cranach the Elder


右がエルミタージュ所蔵の肖像画。左は次に紹介するポーランド国立美術館所蔵の作品。同じドレスを着ています。

マルティン・ルターと交友があったのは、画家ルーカス・クラナッハと同じくザクセン選帝侯もその一人です。

Portret Dziewczyny z niezapominajkami(The Princess) 1526 Lucas Cranach the Elder

勿忘草を持つ少女(姫君の肖像画) 1526
ルーカス・クラナッハ(父) ポーランド国立博物館所蔵


エリザベス1世の父でもあるヘンリー8世の4番目の王妃アン・オブ・クレーヴズは、ザクセン選帝侯妃ジビュレの妹です。

イングランド王ヘンリー8世はルターの宗教改革に批判的で、神聖ローマ帝国のカール5世はルターを糾弾します。

Porträt der Herzoginnen Sybille, Emilla und Sidonia von Sachsen 1535

ザクセン大公夫人ジビュレと、エミラ、シドニアの肖像
ルーカス・クラナッハ(父) 1572 ウィーン美術史美術館


ザクセン選帝侯はルターをワルトブルグ城に匿います。このワルトブルグ城(ヴァルトブルク城)のあるヴィッテンベルクにクラナッハの工房がありました。

さてプリンセス・ジビュレの結婚の肖像画。ジビュレの妹の結婚の肖像画を描いたハンス・ホルバインと違い、格式の垣根を取り払ったような自然な肖像画。

Portrait of Princess Sybille of Cleves, Wife of Johann Friedrich the Magnanimous of Saxony

プリンセス・ジビュレの肖像
ヨハン・フリードリヒ (ザクセン選帝侯)の妻 1526
ルーカス・クラナッハ(父) クリスティーズで落札 個人所蔵


ザクセン選帝侯とジビュレの結婚生活は28年間続きました。死が二人を分かつまで。この現代の世に生まれ変わったザクセン選帝侯が、再びジビュレを妻に迎えたのでしょうか。

1526年、14歳のジビュレの肖像画はもう1枚あります。婚約後、あるいは結婚後の肖像画でしょうか。この戻ってきた肖像画はオークションハウスクリスティーズで8億円にて落札されました。

Portrait of Princess Sybille of Cleves, Wife of Johann Friedrich the Magnanimous of Saxony


この作品は20世紀には、チェリスト(チェロ奏者)で、美術コレクターでも有名なフランチェスコ・フォン・メンデルスゾーンが所有していました。そのあと最後の所有者と思われるのはアーサー・A. ホートン Jr.(Arthur A. Houghton. Jr. 1906‒1990)でしょうか?

ステファン・ブライトウィーザー(Stephane Breitwieser)によって盗まれたプリンセス・ジビュレと紹介されている記事もありましたが、クリスティーズでは付記されていませんでした。



クラナッハ(父)&(子)の作品記事はこちらから
XAI クラナッハ 三位一体と死んだ男



追記 クラナッハ(父)の作品「香油壷をもつマグダラのマリア」もジビュレ(ジビュレ・フォン・クレーフェ)を描いたそうです。

Heilige Maria Magdalena Köln, Wallraf-Richartz-Museum

マグダラのマリア(マグダラの聖マリア) 1525
ルーカス・クラナッハ(父) ワルラフ=リヒャルツ美術館


作品の制作時期は、肖像画より以前らしく1525年頃とされているようです。クラナッハは姫君ジビュレをのちのちにも描いています。


 
| - | 19:58 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:58 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/302
トラックバック
ルーカス・クラナッハ 父 アダムとエヴァ(アダムとイヴ) Adam and Eve by Lucas Cranach the Elder
ルーカス・クラナッハの作品には関心があって、過去記事でクラナッハの作品画像を使用したことがある。 記事 プラトン 「饗宴」 アプロディーテーの裏話クラナッハはご存知のように親子同名。ルーカス・クラナッハ 父(1472-1553)とルーカス・クラナッハ 子(1515-
| RE+nessance | 2012/01/23 7:58 PM |