楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< 薔薇 アンネ・フランク  ホロコーストのあとで 「マーラが与えた人生」より | main | カール・ベングトソンのファッションフォトから  ありがとう!たむちん! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
薔薇ラ・ヴィ・アン・ローズ 絹うたさんのバラ色の人生

La Vie en Rose Kameyama, Yasushi (Japan) 1990 Floribunda

 La Vie en rose 1990 Floribunda
 Kameyama, Yasushi (Japan)
薔薇 ラ・ヴィ・アン・ローズ
作出者 亀山 寧 日本 1990


亀山寧氏の薔薇の名はラ・ヴィ・アン・ローズ(ばら色の人生)です。由来はやはり1946年のエディット・ピアフ(Édith Piaf)の「ラ・ヴィ・アン・ローズ(ばら色の人生)」なのでしょうか。

作出者の亀山寧さんは、京都嵯峨にてバラのカフェ「ラビアンローズ」のオーナーでもあり、世界中の薔薇を求めて旅をし、「世界と日本のローズガーデン」という本も出版されているようです。

その薔薇の旅のために営業は春と秋だけ。

さて、先日のプライベートの知人のご紹介で、ピアニストの見付ひとみさんをご紹介しました。今日もプライベートの知人のご紹介第2弾で、「絹うたさん」をご紹介。

見付ひとみさんと同じく絹うたさんも北の大地で活躍しています。

絹うたさんとお話しているとお姉さまのようで、しばしば絹うたさんの年齢を忘れてしまうのですが、なんと還暦は超えたと知りました。

Édith Piaf  La Vie en rose

  絹うたさんの持ち歌 ピアフのバラ色の人生


その絹うたさんの持ち歌に「バラ色の人生」があります。

絹うたさんは音楽を趣味にし、職業は専門的なお仕事を続けています。お兄様、ご主人、ご子息夫妻に囲まれて幸せな女性の一人ですが、19歳の事故がきっかけで、右足人工股関節全置換術を経験された方だったのです。

マリさんという方のHPで、絹うたさんの手術体験記を拝見。体験記2の最後に「一度の人生、パワフルに生きていきたいと考えております。」とありました。

楓は思わずにっこり。だって本当にパワフルに生きているのですから。

さて、絹うたさん。ウクレレ(ヤマハウクレレ隊)、門田佳正氏から尺八、シャンソンの手ほどきをご教授され、ニューミュージックのヴォーカルでライブ活動をするなど、音楽を堪能されている方で、長淵毅さんの「乾杯」、加藤登紀子さんの「百万本のバラ」(原曲 Dāvāja Māriņa ダーヴァーヤ・マーリニャ)などを歌っています。

来る6月24日にはまるやまミュージックソン(北海道札幌市)主催でライブをする絹うたさん。シルクロードというバンド名。

そしてもっとも待ち遠しいのが9月29日(土)に、札幌のヤマハで行われるシャンソンです。100人くらい来場数があると聞いています。

 Marlene Dietrich , Dalida

  絹うたさんの持ち歌 「リリー・マルレーン」、「ラストダンスは私に」
マレーネ・ディートリッヒ Marlene Dietrich 1901-92
 ダリダ Dalida 1933-87


その時に予定しているのが「バラ色の人生」です。そのほかには、おなじくエディット・ピアフの「愛の賛歌」(Hymne à l'amour)、フランスではダリダの「ラストダンスは私に」(Garde-moi la derniere dance)、ララ・アンデルセン、マレーネ・ディートリッヒが歌った「リリー・マルレーン」(Lili Marleen)、イブ・モンタンも歌った「セ・シ・ボン」(C'est si bon)、シャルル・トレネの「ラ・メール」(La Mer)などです。

エディット・ピアフが作詞したラ・ヴィ・アン・ローズ(ばら色の人生)は、フランス語の原詩がピアフによるもので、英語版の詩はマック・デヴィッド(Mack David)です。作曲は ルイ・グリェーミですが、実はピアフ自身の作曲によるもので、登録した作曲者にピアフは友人ルイ・グリェーミの名を借りたのですね。

ピアフがイヴ・モンタンとの別れを決心したときにこのラ・ヴィ・アン・ローズ(ばら色の人生)が誕生したそうです。「愛の賛歌」はマルセル・セルダンの死を悼んでつくられたとありますが、実際にはセルダンとの愛の終止符につくられたようです。

Édith Piaf by raymond voinquel

レイモン・ヴォワンケルによる写真
エディット・ピアフ 1947


日本語の詩は岩谷時子さんが有名です。

LA VIE EN ROSE (French Lyrics)
Edith Piaf / Louis Gugliemi (Edith Piaf)

Des yeux qui font baisser les miens,
Un rire qui se perd sur sa bouche—
Voilà le portrait sans retouche
De l’homme auquel j’appartiens.

Quand il me prend dans ses bras,
Il me parle tout bas,
Je vois la vie en rose.
Il me dit des mots d’amour,
Des mots de tous les jours,
Et ça me fait quelque chose.
Il est entré dans mon cœur,
Une part de bonheur
Dont je connais la cause.
C’est lui pour moi,
Moi pour lui dans la vie,
Il me l’a dit, l’a juré pour la vie.
Et dès que je l’aperçois,
Alors je sens en moi
Mon cœur qui bat.

Des nuits d’amour à plus finir,
Un grand bonheur qui prend sa place,
Les ennuis, les chagrins s’effacent,
Heureux, heureux à en mourir.

Quand il me prend dans ses bras,
Il me parle tout bas,
Je vois la vie en rose.
Il me dit des mots d’amour,
Des mots de tous les jours,
Et ça me fait quelque chose.
Il est entré dans mon cœur,
Une part de bonheur
Dont je connais la cause.
C’est lui pour moi,
Moi pour lui dans la vie,
Il me l’a dit, l’a juré pour la vie.
Et dès que je l’aperçois,
Alors je sens en moi
Mon cœur qui bat.

原詩 ラ・ヴィ・アン・ローズ(ばら色の人生) 訳:楓

あなたの視線にうつむく私
口元に笑みも浮かべず
取り繕ることもない
私はあなたに心奪われる

あなたの腕に引き寄せられ
小声で囁くあなたの言葉で
ばら色の人生になる
愛のささやきをくれるあなた
来る日も来る日もささやき続け
私はかわっていく
私の心には彼しかいない
幸福をわかちあうことができる
私は知っている
彼は私のために
私は彼のために
命続く限り そう誓ったから
彼の姿をみただけで
胸がときめく私

夜の愛は果てしなく
喜びは満ちる
悩みも悲しみも消えて
幸せで、幸せで、死んでもいい

あなたの腕に引き寄せられ
小声で囁くあなたの言葉で
ばら色の人生になる
愛のささやきをくれるあなた
来る日も来る日もささやき続け
私はかわっていく
私の心には彼しかいない
幸福をわかちあうことができる
私は知っている
彼は私のために
私は彼のために
命続く限り そう誓ったから
彼の姿をみただけで
胸がときめく私

英語版と違うのは、どこか翳りのある愛の歌で、マック・デヴィッドは本当のラブ・ソングのように作詞しています。

LA VIE EN ROSE (English translation)
Mack David / Louis Gugliemi (Edith Piaf)

Eyes that gaze into mine,
A smile that is lost on his lips—
That is the unretouched portrait
Of the man to whom I belong.

When he takes me in his arms
And speaks softly to me,
I see life in rosy hues.
He tells me words of love,
Words of every day,
And in them I become something.
He has entered my heart,
A part of happiness
Whereof I understand the reason.
It’s he for me and I for him, throughout life,
He has told me, he has sworn to me, for life.
And from the things that I sense,
Now I can feel within me
My heart that beats.

In endless nights of love,
A great delight that comes about,
The pains and bothers are banished,
Happy, happy to die of love.

When he takes me in his arms
And speaks softly to me,
I see life in rosy hues.
He tells me words of love,
Words of every day,
And in them I become something.
He has entered my heart,
A part of happiness
Whereof I understand the reason.
It’s he for me and I for him, throughout life,
He has told me, he has sworn to me, for life.
And from the things that I sense,
Now I can feel within me
My heart that beats.

小さなすずめことエディット・ピアフ自身の人生は、波乱の生涯。娼家を営む祖母に育てられました。

1935年、20歳の頃にはクラブ歌手でした。小さなすずめ(La Môme Piaf)って、そのナイトクラブのオーナー、ルイ・ルプレー(Louis Leplée)がエディットをピアフ(雀)と呼び、エディット・ピアフと名乗ることとなりました。このルイが殺害され、ピアフは共犯者として告発されたことがありました。

数年後にはピアフはジャン・コクトー、ジャック・ボーガットなど文化人たちとの交流をはじめます。ピアフが作詞したラ・ヴィ・アン・ローズ(ばら色の人生)は1946年。第二次世界大戦が終わった翌年。

Edith Piaf

Édith Piaf


ピアフが誕生した第一次世界大戦中の1915年、ベルギーのイーディス・キャヴェル(Edith Cavell)は、英国諜報部の要請で、ドイツ軍により一斉射撃によって処刑された女性がいます。

エディットの名の由来がそのイーディス。

この世界戦争、ドイツ・オーストリア・オスマン帝国・ブルガリアの同盟国とイギリス・フランス・ロシア、日本、イタリア、アメリカの連合国と分かれていましたね。

なぜ敵国がイーディス・キャヴェルに関して、干渉してきたのでしょう。この件に関しては、興味のある方は「続き」からお読みくださいな。

Edith Louisa Cavell

Edith Louisa Cavell


Patriotism is not enough. I must have no hatred or bitterness towards anyone

「愛国心だけでは不十分でした。誰であろうと憎しみ、あるいは辛辣さを持ってはいけないのです。」

英国の当時の首相ハーバート・ヘンリー・アスキス(Herbert Henry Asquith)は、イーディス・キャヴェルを英雄的な女性の一人だと述べています。そして1年前に、こうした女性たちが存在していることは知らなかったと付け加えています。

イーディス・キャヴェルは、ウェストミンスター寺院にて国葬されました。

さて、ベルギー在住だったイーディス(Edith)は、フランス女性ならエディット(Edith)になるんですね。エディット・ピアフの名のエディットは、このイーディス(Edith)が名の由来なんですね。

赤十字指定ベルケンダール医院の婦長イーディス・キャヴェルは、第一次世界大戦でレジスタンス活動をしていたのですが、このことが実際の処刑の事実となっています。不思議なことに、エディット・ピアフも第二次世界大戦でレジスタンス活動を行っています。

月と六ペンス」も有名な作家のウィリアム・サマセット・モーム(William Somerset Maugham)は、イーディスが処刑される前の1914年、ベルギーの赤十字病院に勤務していました。彼女を知っていたのでしょうか。

サマセット・モームが、諜報機関に転属されるのは、イーディスの処刑のあとでした。

 
1914年に英国のナーシング・ミラー誌(Nursing Mirror in London, April 15, 1915)に、ベルギーの救済の食糧は、占領軍のドイツにわたっているという手紙を出したイーディス・キャヴェル。ドイツが軍事物資の供給を得ることはイギリスにとって喜ばれざる出来事です。

記事 
Signs of The Times (英語)

1839年、イギリスはベルギーを独立させました。オランダはベルギーの永世中立国宣言によって認めます。イギリスは中立が侵犯された場合、参戦すると表明。ドイツはシュリーフェン・プラン(Schlieffen-Plan)によって中立国ベルギーを侵犯しました。この計画ではベルギー領内に侵攻の際の命令書、物資の調達方法など。ところが1914年のリエージュの戦いでは想定外の時間と物資を浪費する事態に。この頃イギリスにいたのちの第31代アメリカ大統領となるハーバート・クラーク・フーヴァー(Herbert Clark Hoover)が、「ベルギー救済委員会」と称して、食料物資を届ける救済活動をはじめたのです。

イーディス・キャヴェルが英国のナーシング・ミラー誌に投稿した手紙は、このフーヴァーらによる救済の食糧が、敵国ドイツ船で運ばれているという内容だったのです。


 ここからは、主人と友人のsaiとaleiに教えてもらった内容です。


この投稿の手紙の内容が、処刑の理由の大きな要因となったのです。
saiとaleiたちからの情報を「私にわかりやすいように」主人にまとめてもらいました。(笑)

1839年、イギリスはベルギーを独立させた。オランダはベルギーの永世中立国宣言によって認めた。イギリスは中立が侵犯された場合、参戦すると表明。ドイツはシュリーフェン・プラン(Schlieffen-Plan)によって中立国ベルギーを侵犯する。ベルギー領内に侵攻の際の命令書、物資の調達方法まで完璧な計画。ところが1914年のリエージュの戦いでは想定外の時間と物資を浪費する事態に。のちの第31代アメリカ大統領となるハーバート・クラーク・フーヴァー(Herbert Clark Hoover)とフランスのソシエテ・ジェネラル銀行(Société Générale)の重役エミール・フランクと、「ベルギー救済委員会」と称して、食料物資を届ける救済活動をはじめた。アメリカからベルギーに送られた食糧は、鉄道網の破壊で輸送が困難になり、ベルギーから「救済」を素通りしてドイツの船でドイツ軍に食糧が渡る。

その「救済計画」(ドイツの支援)が、レジスタンス活動も行っているとされる一看護婦からの投稿は、その計画者たちの脅威となったと思われる。

戦争の長期化のために、敵国に食糧を渡す。アメリカの参戦を待って、世界大戦という名のもとでの国際銀行家たちが国家に資金を調達する。

アメリカのJPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co.)の前身は、J.P. モルガン&カンパニー(J.P. Morgan & Company)第一次世界大戦で英国の戦時債券の独占代理人だった。クーン・ローブの頭取ジェイコブ・ヘンリー・シフ(Jacob Henry Schiff、ドイツ名はヤーコプ・ヒルシュ・シフ)は第一次世界大戦時に帝政ロシアには融資せず、ロシア革命を支援。シフは日本においては、1904年に戦時国債を購入。

つまり各国の戦時国債、軍需産業の融資も含めて、利益が拡大できる。

彼らはアルバート・パイク(Alberte Pike 1809-91)の世界戦争計画に準じて行動したのではないだろうか。

真実かどうかはわからなけれど、フリーメイソンに所属していて神秘主義のアルバート・パイク(Alberte Pike 1809-91)による世界大戦計画があった。イタリアの革命指導者ジュゼッペ・マッツィーニ(Giuseppe Mazzini 1805-72)の手紙に第一次世界大戦はロシア帝国の破壊、第二次世界大戦はドイツ帝国の破壊とロシアの占領地拡大。第三次世界大戦は、シオニストとアラブ。この計画されたことを知っていた人物たちによって実行された可能性があるわけ?で、手紙は本当に当時に書かれたもの?捏造の可能性ってないの?そして現在はどこにあるの?第一次世界大戦はそのシナリオをもとに銀行家たちが暗躍したわけ? by sai

アメリカは1917年にドイツに宣戦布告した。中立の立場だったアメリカ。当時のウッドロウ・ウィルソン大統領は「私たちを戦争に巻き込まない」というスローガンで再選。それが、参戦にいたる経緯はプロパガンダ。側近バーナード・バルーク(Bernard Mannes Baruch)は、戦時産業局の長官として武器と軍事物資を取り仕切り、莫大な利益を得た人物。参戦するためなのか、反ドイツ感情を扇動するルシタニア号事件に加えて、スペインとともにアメリカはイーディス・キャヴェルの嘆願をしたが、処刑を行った。これもアメリカを参戦させるためのプロパガンダとして利用したのでは。要は戦争の継続のために参戦国を増やすために、敵国間で操作していた可能性もあり。いったい誰がパイクの計画を利用したのか。 by alei
ウィリアム・ワイズマン第10代准男爵(Sir William Wiseman, 10th Baronet. 1885-1962)は、イギリス情報局秘密情報部(Secret Intelligence Service )の一人で、ドイツにイーディス・キャヴェルの処刑を要請しました。

イーディス・キャヴェルは、連合国軍の兵士たちを中立国に逃亡させ、多くの兵士の治療にも携わってきました。処刑前の最後の言葉、「誰であろうと憎しみ、あるいは辛辣であってはいけないのです。」というのは、何に対してだったのでしょう。深く考えてしまいます。

ワイズマンは1929年から1960年までクーン・ローブ銀行で無限責任出資家の一人として、帰国せずアメリカに残りました。甘い蜜に惹かれたのですね。

銀行家と戦争。そして暗躍した情報機関員。

当時、ワイズマンの被後見人はのちの最高責任者になったウィリアム・サミュエル・スティーヴンスン(Sir William Samuel Stephenson)で、007の作者イアン・フレミング(Ian Lancaster Fleming)がウィリアム・スティーヴンスンの部下になっています。作家のウィリアム・サマセット・モーム(William Somerset Maugham、1874 - 1965)は、ワイズマンと同じ時期にイギリス情報局秘密情報部にいました。

さて第三次世界大戦は起こるでしょうか?それとも私たちの反戦の願いが届くでしょうか。
| 薔薇 | 20:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:18 | - | - | pookmark |
コメント
載せていただきまして、ありがとうございます。なかなかお聞きしましたアドレスで入らず、たまたま検索しましたら、見つかりました。とてもすばらしいブログですね。
ますます精進してがんばります。
お礼まで
| 絹うた | 2012/03/18 2:56 AM |

絹うたさん、ようこそいらっしゃいました。さっそくのメッセージをありがとうございます。絹うたさんの力強い声を聴くのが楽しみです。ますます輝いてくださいな。
| 楓 | 2012/03/18 7:01 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/308
トラックバック