楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< 花よりも花の如く | main | 源氏物語図屏風 デトロイト美術館所蔵 〜源氏を読む前に〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
源氏物語 「賢木」から

天野喜孝  源氏物語

(C)天野喜孝 源氏物語から 


源氏物語のなかで雲林院といえば、「賢木」(さかき)です。

この10巻のなかで六条御息所は娘の斎宮と伊勢に下がります。源氏は、葵の上が亡くなった後に紫の上と結婚。

それでも藤壺の中宮が忘れられずにいましたが、激しい拒否に雲林院に篭ります。源氏の逢瀬の相手は朧月夜。この逢瀬が源氏須磨流しの一因となります。

「伊勢物語」にも登場する雲林院。雲林院には紫式部のお墓もあるんですね。

在原業平(825-880)が主人公と言われていますが、業平の時代が藤原氏がはじめて天皇の外戚となります。承和の変の功績でしょうか。

aleiの記事 承均法師

そして源氏物語の中でも、政情に憂い出家する藤壺、右大臣体制への源氏の反乱の思いが綴られています。

父帝の崩御のあと、「白虹日を貫けり太子畏ぢたり」(司馬遷「史記」から)と口ずさまれます。


源氏物語 「賢木」 作中の和歌
 
作中での和歌は光源氏と六条御息所が交わします。

「神垣はしるしの杉もなきものをいかにまがへて折れるさかきぞ」

「少女子があたりと思へば榊葉の香りをなつかしみとめてこそ折れ」

「暁の別れはいつも露けきをこは世にしらぬ秋の空かな」

「大方の秋の別れも悲しきに鳴く音《ね》な添へそ野辺の松虫」

嵯峨の野宮で光源氏と六条御息所の間には御簾。榊の枝を持つ源氏は榊の葉の色のように変わらない心を告げるのです。

世阿弥の「野宮」がこの場面の回想と供養です。六条御息所を源氏が訪ねたのは9月7日頃のことでした。


 源氏物語 「賢木」 作中の薔薇

光源氏派の人々の不遇のなかで、三位中将たちとの語らいの場面があります。「階のもとの薔薇けしきばかり咲きて春秋の花盛りよりもしめやかにをかしきほどなるに」とある薔薇はそうび(さうび)とよばれた中国の薔薇。

庚申薔薇

庚申薔薇(別名 長春花)


この「階のもとの薔薇けしきばかり咲きて・・・」という紫式部の一文が、和漢朗詠集(上)にある白居易の詩句、首夏(「白氏文集」巻17、律詩)の「甕の頭の竹葉は春を経て熟す、階の底の薔薇は夏に入つて開けり」を模したものとされています。

甕頭竹葉経春熟 階底薔薇入夏開

源氏と三位中将の和歌のやりとりが続きます。

「それもがと今朝開けたる初花に劣らぬ君が匂ひをぞ見る」(三位中将)

「時ならで今朝咲く花は夏の雨にしをれにけらし匂ふほどなく」(源氏の返歌)

三位中将が物語で詠んだ和歌は、もう皆さんおわかりですね。古今集物名の紀貫之の「そうび」を模しています。

「我はけさうひにぞ見つる花の色をあだなるものといふべかりけり」(古今集物名 四三六)



この源氏と三位中将の場面の最後に和漢朗詠集(下)にある、丞相(「史記」魯周公世家)の句、「我は文王の子、武王の弟にして、成王の叔父なり」から「文王の子、武王の弟」と源氏が言うところがあります。

父帝の寵姫藤壺との不義の子でありますので、実子でありながら叔父の立場の源氏。

う〜ん、紫式部、コピーが多いとはいえ、なかなかです。


 追記 源氏物語図屏風
 
aleiの変身抄から  カテゴリー源氏物語 The Tale of Genji
楓の記事 源氏物語図屏風 デトロイト美術館所蔵 〜源氏を読む前に〜


Yoshitaka Amano
Dark Horse Comics
コメント:大和絵の源氏物語図も素晴らしいですが、現代的なこの作品も面白い!

| 源氏物語 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:54 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/312
トラックバック
承均法師
雲林院にてさくらの花のちりけるを見てよめる「桜散る花の所は春ながら雪ぞ降りつつ消え難てにする」(さくらちる 花の所は 春なから 雪そ降つゝ きえかてにする)古今和歌(倭歌)集巻第二 春歌下 75番歌 承均法師いま風邪。今日は仕事を休んだ。風邪で寝ているが妙に
| remove | 2012/04/04 10:15 PM |