楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    gochin (02/14)
  • 写真整理 40数年前の写真(昭和40年代〜)
    楓 (10/19)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< 薔薇ペール・ギュント エックの歌劇ペール・ギュント | main | 覚悟 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
モーリス・グリーフェンハーゲン 喘ぐ「マーメイド」(人魚) 今年の夏のおうちカフェ

Maurice Greiffenhagen The Mermaid  1900 

モーリス・グリーフェンハーゲン
マーメイド(人魚) 1900年頃


オフィーリアの作品でも紹介したモーリス・グリーフェンハーゲンですが、「人魚」のほうが断然魅力的な作品だと思いました。

なんだか毎日だるくって、モーリス・グリーフェンハーゲンの「人魚」も海の底で喘いでいます。まさにここ数日の楓は喘いでます。ぐったり、うんざり・・・。

もしも有休が10日連続取得可能だったら、もう夏休みしたいです。そこそこ仕事の実績も喘ぎながら達成しているので、ちょっとリフレッシュしたい!

最初の3日間はインテリアや季節のファッション小物の整理と病院通いに費やし、残りの7日間は、家事も何もしないで読書とDVDとCD三昧で、ずっとお家で人魚のように涼しげな装いになり、ゴロゴロと大好きなお菓子とチョコレートに冷たいアイスかジュースを飲んで、「はぁ〜、気持ちいい〜」と心から満足したいです。

家事も何もしないつもりですから、お気に入りのフローズンフードとバラのビネガーで、「おうちカフェ」したいです。



いつも常備しているのはマ・マーの「海老のバジルソース」と「うにのクリームソース」なんです。おうちカフェで楽しんだり、ホームパーティー、そしてお弁当にも!

生パスタシリーズは電子レンジで調理するだけ。

マ・マー 弾む生パスタ


どちらも平打ちのロングパスタのタリオリーニ(Tagliolini )で、ボーンチャイナのディナー皿や両手つきのスープカップに盛るだけで、とっても雰囲気がでるんですぅ。しかもおいしい!

そしてこの夏は冷製パスタ!これは「小柱と黒オリーブのバジルソース」がお気に入りです。うすーくスライスされた「姫野牛」をレンジでチンしてサラダに乗せて、夏のおうちランチに欠かせません。

どちらも時々¥198で売り出されるたびにダース買いをしています。うふふ〜、ちょっと恥ずかしいです、レジの前では。



このランチプレートにかかせないのは、セブンイレブンの「じゃがいものポタージュ」です。ホットでもコールドでもOKですね。

レモンの輪切り(トマトもキレイ)をプレートに乗せ、クロワッサンやフランスパンにパスタをはさんで食べたり。

ドリンクで凝っているのがキリンの午後の紅茶 ヨーロピアンスタイル ローズ&ベルガモットとベリー&オレンジです。パッケージのデザインも癒されます。

そしておすすめは「バラの酢」なんです。炭酸で割って飲むとスッキリします。



この「バラの酢」はROSE'BE TOMOKO(ロズビィトモコ)とラベルにあり、あとで北海道恵庭市の「えこりん村」で販売されていることを知りました。




朝一番に摘む薔薇ウィリアム・シェイクスピア2000を使っているそうです。このビネガー(酢)のほかに、シロップも頂きました。「ローズ&紅茶シロップ」で、薔薇コンスタンス・サプライを使っているとありました。このシロップ、家族全員で飲みだすと一日ですぐに空になります・・・。

バラのシロップは「薔薇とコラーゲン」(ウィリアム・シェイクスピア2000)というのもあるようで、こちらも炭酸で割って飲むとおいしいってありましたよ。

薔薇のジャムもあるようですが、私はフランスからの輸入のジャムが一番気に入っていますので、こちらは購入していません。

ジャムといえば、マーマレード嫌いの私が唯一好んでいるのがロイヤル・コペンハーゲンの「オレンジマーマレード」です。トーストにたっぷり使ってます。



さて、セブンイレブンの「じゃがいもポタージュ」を紹介しましたが、セブンイレブンのフローズンフードは、マ・マーの弾む生パスタといっしょに我が家の冷凍庫の常備品。えびピラフ(¥100)、そして冷凍ラーメン(塩、味噌、しょうゆ、つけ麺 ¥100)!!!

夏の麺といえば冷たい稲庭うどんそうめん揖保乃糸!みょうがにおねぎにしょうがを刻んでいただきます。

フローズンフードではないですが、セブンイレブンのおうどん、おそばの乾麺類もなかなか。主人は稲庭うどんしか食べない(稲庭うどんをこよなく愛しているようで)のですが、セブンイレブンのうどんは食べてくれます。

セブンイレブン万歳ですが、なぜかハーゲンダッツの種類が少ないのです。マカデミアナッツがないのです!

あればワン・ストップで済むのですが、近くの大型スーパーで、このマカデミアナッツ(¥260でしたか?)が時々¥230くらいになっています。ところが、お盆過ぎに¥198だったのです!

ついつい30個くらいまとめ買いしちゃいます。家族全員、ハーゲンダッツのマカデミアナッツしか食べないからで、レジに並んだ時、後ろの男子高校生軍団が、私の買い物かごに釘付け。「すげー」と一言頂戴しました・・・。どこかの高校で噂になっているのでしょうか・・・。

手抜きの夏ですが、秋はがんばります。

追記 あぁ〜、もう暑いです・・・。今日はどこにも出かけず、一日ゴロゴロ日和にしています。水風呂のようなお風呂に入って、昇月堂(麻布)の「一枚流し 麻布 あんみつ羊かん」食べてます。冷たく冷やしておいたので、おいしい。丹波の大納言小豆のつぶし餡の羊かん(水羊かん)にあんみつの具財の栗、寒天、紅白の求肥が並んでいます。木ベラでそのまま完食しました。夏の風物詩「あんみつ羊かん」は、明日は定休日なので、ぜひ、今日中にお買いになって、日曜日のおやつにしてくださいませ。

あぁ〜、私ほんとに疲れてるぅ〜。
| - | 11:05 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:05 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/07/30 6:03 AM |