楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< アンブロシウス・ベンソン  読書する聖女 | main | エル・グレコ 無原罪の御宿り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
聖母の読書 受胎告知

Giovanni Brilli  after Carlo Maratti  Virgin reading, White Angel descends to announce the birth of Christ Art Gallery of New South Wales

本を読む聖女にキリスト受胎を予告するために降りてくる白天使
カルロ・マラッタに基づく ジョバンニ・ブリリ作
ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館


受胎告知の場面をジョバンニ・ブリリは「本を読む聖女」にクローズアップしています。大天使ガブリエルは「受胎告知」の向き合う場面ではなく、あえて遠くの空からマリアへ受胎告知のために降りてくる「鳥」のように描いています。

カルロ・マラッタ(1625–1713)に基づいた作品といえば、ウィーン美術史美術館にあるこの作品ではないでしょうか?

Carlo Maratti Madonna and child. Around 1660 Kunsthistorisches Museum, Vienna

カルロ・マラッタ 聖母子 1660年代
ウィーン美術史美術館


ジョバンニ・ブリリは、カルロ・マラッタが描いた幼子イエスを聖書に変えて「受胎告知」の場面を描いたのですね。

絵画作品「本を読む女」の原点がここにあります。

この作品は模写作品も多く、本当に少しも違わない作品もありますが、「顔」の描き方に違いがでてくるようです。

Madonna and child with infant St John  Maratta, Carlo   Heritage Malta,National Museum of Fine Arts (Valletta, Malta)

カルロ・マラッタ 聖母子と幼子聖ヨハネ
ヘリテージ・マルタ  国立美術館(ヴァレッタ)


そしてもう一枚は世界遺産の中にある作品。ヘリテージ・マルタ(マルタ政府世界遺産機構)が管理している美術館、博物館に所蔵されているこの1枚はウィーン美術史美術館所蔵の「聖母子」と同じ構図で聖母と幼子イエスが描かれています。

左の幼子ヨハネは、五色鶸に手を差し伸べています。

どちらが先に描かれたのかはわかりませんが、カルロ・マラッタの「聖母子」は、「聖母子と幼子聖ヨハネ」を切り取ったような作品です。

そしてその五色鶸を大天使ミカエルに描いたのがジョバンニ・ブリリでしょうか。
| Reading Woman 読む女 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:15 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/341
トラックバック