楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< マイク・ウォーラル ファンタジックな作品 | main | モーリス・グリーフェンハーゲン 喘ぐ「マーメイド」(人魚) 今年の夏のおうちカフェ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
薔薇ペール・ギュント エックの歌劇ペール・ギュント

Hybrid Tea Rose Peer Gynt (Rosa)

薔薇 ペール・ギュント 1968 作出国 ドイツ 
作出者 ライマー・コルデス (Reimer Kordes)
(W.コルデス・ゼーネ社 W. Kordes' Söhne)


sai がイプセンの戯曲「ペール・ギュント」(1867年)にグリークの劇音楽ペール・ギュントの記事をアップしていました。イプセンが1874年にグリークへ依頼して初演は1876年。

全27曲がsaiの記事から聴くことができます。このバラにピッタリの曲はどれでしょう。トテトテトテト〜トテト〜とはじまる「山の魔王の宮殿にて」ではないでしょう。(笑い)、それなら「朝」はいかがでしょうか?また第1幕から第5幕にわけた「あらすじ」が他にないほど素晴らしく、ぜひそちらもご覧ください。

記事 グリークの劇音楽 イプセンのペール・ギュント

さてバラのペール・ギュント。イプセンのペール・ギュントに比べて品行方正で上品な薔薇ですね!ハイブリットティーローズ(HT)で、黄色に赤(ピンク)の縁取り。

このイプセンの「ペール・ギュント」は、1938年にドイツの作曲家ヴェルナー・エック(Werner Egk)の代表作でもありますね。こちらはオペラ。

Werner Egk Peer Gynt- Letzte Szene
Werner Egk Peer Gynt 2Akt 2 Bild
Werner Egk Peer Gynt III Akt I. Bild , II.Bild

ドイツの薔薇ペール・ギュントと同じ国ドイツの歌劇エックのペール・ギュントにつながりがありそうですね。

この薔薇の作出者はヴィルヘルム・コルデス 鏡 (Wilhelm Kordes II)かしらと思っていましたら、3代目のライマー・コルデスでした。

コルデス社はヴィルヘルム・コルデス祇い1887年に薔薇を生産。コルデス社は息子たちヴィルヘルム・コルデス鏡い肇悒襯泪鵝Ε灰襯妊広祇い創設しました。弟のヘルマンは事業を管理しヘルマン鏡い肇凜Д襯福爾後を継いでいます。

ライマーはヴィルヘルム・コルデス鏡い梁子で、父親が1955年まで2代目として作出していましたが、1956年から1977年まではライマーが後を継ぎ、1977年からはヴィルヘルム・コルデス 契ぁ1990年代にはティム・ヘルマン(Tim Hermann Kordes)、マルガリータとベルント夫妻(Bernd Helms-Kordes ,W. Kordes & Sons)も作出に加わっています。

私が大好きな薔薇のコサージュと呼ばれるローブリッター(Raubritter)は、ヴィルヘルム・コルデス鏡い虜扈弌

世界バラ会の殿堂入り品種で、1958年作出のアイスバーグ(Schneewittchen)は、ペール・ギュントを作出したライマー・コルデスによるものです。

名花を誕生させるコルデス一族。素晴らしいですね!

| 薔薇 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:01 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/347
トラックバック
グリークの劇音楽 イプセンのペール・ギュント
ペール・ギュントは没落した豪農の息子で、怠け者で法螺吹き、空想癖の放浪者。そんなダメ男に恋をする女たち。馬鹿じゃない?けれど、その一人の女がイプセンの趣旨だった。イプセンの「ペール・ギュント」はムンクはプログラム、ココシュカが作品化しているが、アーサ
| RE+nessance | 2012/08/07 11:18 PM |