楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< トロールビーズ  ヨン・バウエルの挿絵とともに | main | シャネルツイード リントン社 100周年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
パリ・オペラ座 La Source(泉) アングルの泉 ドガの泉 ラクロワの泉のパリ・オペラ座舞台衣装展から

1866年11月12日にパリ・オペラ座で「泉」が初演されました。昨年10月にパリ・オペラ座で公演された「泉」はパリのオペラ座で135年ぶりの公演ですが、残念ながら復元された「復刻版」ではありません。

当時、ルイス・マルケ(Louise Marquet)が演じたジプシー(ボヘミアン)のモルガブは登場していませんし、振付も原振付ではなく、泉の音楽もマルク=オリヴィエ・デュパンの編曲です。

(c)Anne Deniau

パリ・オペラ座 「泉」 2011.10.22-11.12
(C)Anne Deniau/Opera national de Paris


1968年、ニューヨークバレエ団はジョージ・バランシン(George Balanchine)の再振付で初演されていますが、ショパンが通ったフランソワ・ドゥブレの設計で建設された11代目の劇場「サル・ル・ペルティエ」(1821-1873)は、1873年の火災によって、「泉」初演時の舞台衣装や美術が失われ、それ以来パリ・オペラ座の公演がなかったのです。

そうして1876年に来仏したペルシャ皇帝を歓迎するために、仮の劇場(サル・ヴァンタドゥール)からシャルル・ガルニエの設計で現在まで続くパリ・オペラ座のガルニエ宮が建設されたのですね。

パリ・オペラ座の公演のあと、1875年から76年にミラノのスカラ座で、チェーザレ・マルツァゴーラ Cesare Marzagora) による再振付で初演されました。

(C)Anne-Laure Bucelle Christian Lacroix, La Source et le Ballet de lOpéra de Paris

(C)Anne-Laure Bucelle Uploaded
クリスチャン・ラクロワ バレエ・コスチューム展 開催中


2011年の135年ぶりのパリ・オペラ座での公演では、衣装がクリスチャン・ラクロワによるものでした。現在フランス・ムーランの国立舞台衣装装置センター(National Centre for Stage Costume、CNCS)でバレエ・コスチューム展(Christian Lacroix, La Source et le Ballet de l'Opera de Paris)が12月まで開催されています。クリスチャン・ラクロワは今年はペール・ギュントの衣装も手がけましたね。

Le final de lexposition © CNCS / Pascal François

(C) CNCS / Pascal François
クリスチャン・ラクロワ バレエ・コスチューム展


この原作はゴーティエの詩の「泉」という説があります。ワーグナーのオペラや、バレエ「コッペリア」でも有名な台本家のシャルル・ニュイッテル(Charles-Louis-Étienne Nuitter)は、アングルの絵画「泉」からインスピレーションを得たと言われています。

1866年の初演時の台本はこちら。
La Source De MM. CH. Nuitter et Saint-Léon

Jean Auguste Dominique Ingres  La Source 1820-1856 Musée dOrsay 

アングルの泉 1820-56
オルセー美術館


初演の振付はアルテュール・サン・レオン(Arthur Saint-Léon)、作曲はレオ・ドリーブ(Clément Philibert Léo Delibes)とレオン・ミンクス(Léon Fedorovich Minkus)でした。ミンクスはマリウス・プティパの時代のマリインスキー・バレエ団の舞踊音楽を作曲しています。

泉の精ナイラ(Naïla)にグリエルミーナ・サルヴィオーニ(Guglielmina Salvioni)、ヌーレッダ(Nouredda)にウジェニー・フィオクル、ジェミル(Djémil)はルイ・メラント(Louis Meranté)です。今回の「泉」では作曲家のマルク=オリヴィエ・デュパンが担当しました。

Isabelle Ciaravola dancing Nouredda variation

パリ・オペラ座 「泉」 2011.10.22-11.12
2011年11月4日のキャスト 左に皇帝カーン、寵姫ダジュ、
そして寵姫候補のヌーレッダを演じるイザベラ・シアラヴォラ


La Source - Isabelle Ciaravola

La Source - Ludmila Pagliero

パリ・オペラ座 「泉」 2011.10.22-11.12
2011年11月4日のキャスト 皇帝カーン、新寵姫ヌーレッダ
ナイラを演じるリュドミラ・パリエロ


La Source - Ludmila Pagliero

La Source - Karl Paquette

パリ・オペラ座 「泉」 2011.10.22-11.12
2011年11月4日のキャスト 皇帝カーン、ナイラ
ヌーレッダに恋するジェミル役のカール・パケット


La Source - Karl Paquette

衣装はクリスチャン・ラクロワです。フランス・ムーランの国立舞台衣装装置センター(National Centre for Stage Costume、CNCS)で6月16日から12月31日まで開催されている展覧会「クリスチャン・ラクロワによるパリ・オペラ座のバレエ・コスチューム展」(Christian Lacroix, La Source et le Ballet de l'Opera de Paris)で、先にご紹介したようにこの泉の衣装が展示されています。スワロフスキーの装飾も美しい。



Christian Lacroix, La Source et le Ballet de lOpéra de Paris

(C) CNCS / Pascal François
クリスチャン・ラクロワ バレエ・コスチューム展 ナイラの衣装


Christian Lacroix, La Source et le Ballet de lOpera de Paris  Nouredda

(C) CNCS / Pascal François
クリスチャン・ラクロワ バレエ・コスチューム展 ヌーレッダの衣装


Christian Lacroix, La Source et le Ballet

(C) CNCS / Pascal François
クリスチャン・ラクロワ バレエ・コスチューム展 コーカサスのイラスト


Dadje and Odalisque La Source

パリ・オペラ座 「泉」 2011.10.22-11.12
皇帝カーン、寵姫ダジュとオダリスクたち


Dadje and Odalisque La Source

(C) CNCS / Pascal François
クリスチャン・ラクロワ バレエ・コスチューム展 寵姫ダジュとオダリスク



 
もともと全3幕4場の「泉」は、全2幕3場で上演されました。第2幕は皇帝カーンの宮廷です。ヌレッダと兄モズドクとコーカサスの一行の到着。カーンの寵姫ダジェは新妃のヌレッダに嫉妬し悲しみに暮れます。そこにジェミル、泉の精ナイラとザエル、エルフたちが登場。

寵姫ダジェとオダリスク、モズドクとコーカサス、そしてヌレッダの踊り。泉の精ナイラは、ジェミルのヌレッダの恋の成就のために、自分がカーンのお妃になる計画をたてました。

そして当時の衣装はポール・ロリマー(Paul Lormier)でした。

La Source 1866 Guglielmina Salvioni dans le rôle de Naïla, Christian Lacroix, La Source et le Ballet de lOpéra de Paris

ポール・ロリマーのナイラの衣装のグリエルミーナ 1866
ラクロワのナイラの衣装のイラスト 2011




エドガー・ドガは、このオペラ座での「泉」を作品化しています。ドガの泉に描かれたバレリーナたちはポール・ロリマーのデザインした衣装を身につけています。

La Source, ballet, P. Lormier ? 1866

ポール・ロリマーのヌーレッダの衣装 部分 1866
ドガのヌーレッダの肖像 部分


ドガの作品名は「ウジェニー・フィオクル嬢」で、ジェミルが恋するヌーレッダ(カーンの婚約者)を演じました。

今回の台本はバールとクレモン・エルヴュ・レジェによるものです。当時の台本家のシャルル・ニュイッテルがアングルの「泉」からインスピレーションを得て、コーカサスの美女たちをイメージしたそうです。

Edgar Degas Portrait of Mademoiselle Eugenie Fiocre in  the Ballet

エドガー・ドガ バレエ 泉のウジェニー・フィオクル嬢 1867年




ドガの描いた「バレエ 泉でのウジェニー・フィオクル嬢」は、シャルル・ニュイッテルの台本「泉」の演出どおりの場面を描いていると思われますが、そこにドガ風が加わっています。この時代のコーカサスといえばロシア支配の時代です。衣装担当のポール・ロリマーは、伝統的な民族服をヌーレッダにデザインしています。

シャルル・ニュイッテルはアングルの「泉」から、ひょっとしてコーカサスの「ナルト叙事詩」まで想起させたのかもしれません。岩、水辺、馬、美女は、ゼラセとサタナの母娘を思い出します。そしてドガも。

なにしろニュイッテルは岩山にタリスマンとしての花を咲かせたのですから。命が生まれる岩。

ドガはウジェニー・フィオクル嬢が演じるヌーレッダを、タリスマンとしての花を手にして泉に素足を浸している姿で描いています。何を思って?彼女の後ろにはバレエ・シューズがころがって。サタナが大胆に足をあらわにした姿を素足に重ねているのでしょうか。



La fontaine de cristal(1866) by  Edouard Desplechin,Jean Baptiste Lavastre,Auguste Rubé   Musée de L’Opéra de Paris

パリ・オペラ座 「泉」の舞台美術 1866


1866年初演では、エドゥアール ・ デプレシャン(Edouard Desplechin),ジャン・バプテスト・ラヴァストル(Jean Baptiste Lavastre)、オーギュスト・リュベ(August Rubé)が「泉」の舞台セットを手がけました。



パリ・オペラ座 「泉」 2011.10.22-11.12
ポスターには泉の精ナイラ役を降板したレティシア・プジョル
(C)Anne Deniau/Opera national de Paris


チェーザレ・マルツァゴーラ の再振付のほか、1902年にはペテルブルグで オルガ・プレオブライェンスカ(Olga Preobrajenska)をナイラ役にアキーレ・コピーニ(Achille Coppini )振付のものが上演されています。

1907年7月にはニジンスキー(Nijinsky)が、キーロフ・バレエでもあったマリインスキー(Mariinsky)劇場にて、 「泉」でソロ・デビューをしています。マリインスキーといえばワガノワ・バレエ・アカデミーですが、2008年のワガノワ・バレエ・アカデミーの卒業公演で「泉」」のパドドゥが上演されています。クレジットの音楽の表記は、誤ってリッカルド・エウジェニオ・ドリゴ(Riccardo Eugenio Drigo)になっています。ワガノワ・バレエ・アカデミーといえばマリインスキーの「くるみ割り人形」で、「 葦笛の踊り」を披露していますね。

ドリゴが作曲したのは、バリエーション(パ・スル Pas seul)ではなかったでしょうか?ただしこのバリエーション(パ・スル )は、たしかにパ・ド・ドゥの付随曲になっているはずですよね。ドリゴのパ・ド・ドゥといえば「海賊」のパ・ド・ドゥ(Le Corsaire   pas de deux )ですね!(笑)

YouTube
The Stream/La Source pas de deux - Students of the Vaganova Academy

この 「泉」のパドドゥの振付はアキーレ・コピーニを原振付としたコンスタンチン・セルゲイエフの振付とありますが、セルゲイエフは、1930年から1973年までワガノワ・バレエ・アカデミーの芸術監督だったらしいです。

音楽 レオ・ドリーブ、レオン・ミンクス 
編曲 マルク=オリヴィエ・デュパン 
振付 ジャン=ギヨーム・バール 
舞台 エリック・リュフ 
衣装 クリスチャン・ラクロワ 
照明 ドミニク・ブリュギエール 
演出 クレマン・エルヴィユー=レジェ、ジャン=ギヨーム・バール 

Etoiles, Premiers Danseurs and Corps de Ballet
パリ国立歌劇場管弦楽団 指揮 コーエン・ケッセルス

YOU TUBE 2011.10月25日公演
La source 1 JG Bart
La source 2
La source 3
La source 4
La source 5
La source 6
La source 7
La source 8
La source 9
La source 10
La source 11
La source 12
La source 13
La source 14
La source 15
La source 16
La source 17
La source 18
La source 19
La source 20
La source 21
La source 22
La source 23
La source 24
La source 25
La source 26
La source 27
La source 28
La source 29
La source 30

2011.10月25日キャスト
泉の精ナイラ        ミリアム・ウルド・ブラーム
狩人ジェミル        ジョシュア・オファルト
カーンの許婚ヌレッダ  ミュリエル・ジュスペルギ
ヌレッダの兄モズドク   クリストフ・デュケンヌ
ナイラのエルフ ザエル  アレッシオ・カルボネ
カーンの寵姫ダジェ    シャルリーヌ・ジザンダネ
皇帝カーン         アレクシス・ルノー

La Source 泉 バレエ衣装装飾 スワロフスキー
La Source - Opera National De Paris

おおまかなあらすじ

命を救ってくれたジェミルのために泉の精ナイラはヌレッダとの仲を取り持ちます。ジェミルがヌレッダが険しい岩山に咲く花(タリスマン)をほしがっているのを知り、さっそく危険を承知で摘んで来ます。ヌレッダとその兄、そしてコーカサスの一行は、カーン皇帝のところまで、妃となるヌレッダのお供で休息をしていたのでした。

カーン皇帝の宮殿では、寵姫は新しい妃候補のヌレッダたちの到着に不安を覚えます。一方ナイラは自分がカーンのお妃になる計画をたてました。計画どおりにカーン皇帝はナイラを選びます。

ヌレッダは屈辱と悲嘆で追ってきたジェミルを責めます。ヌレッダの兄モズドクがジェミルを殺そうとした瞬間、ナイラの魔法で時が止まります。目を覚まさないヌレッダ。ジェミルは一度命を救われた岩山のナイラの花、森と泉のタリスマン(護符)でもあるその花で、ヌレッダを助けてほしいと懇願します。

そのタリスマン(護符)である花を、いま一度使うとなると、泉の精ナイラの命は果てて、泉も枯渇し、森に住むザエルらエルフとニンフ達を守ってあげることもできなくなります。ジェルミもナイラもお互いに命を救いあった絆のほかに、ナイラはジェルミを愛していました。

泉の精ナイラはヌレッダの胸にタリスマンの花をおいて、目覚めたヌレッダのかわりに永遠の眠りにつくのでした。

| Ballet バレエ | 19:17 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:17 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/350
トラックバック
グリークの劇音楽 イプセンのペール・ギュント
ペール・ギュントは没落した豪農の息子で、怠け者で法螺吹き、空想癖の放浪者。そんなダメ男に恋をする女たち。馬鹿じゃない?けれど、その一人の女がイプセンの趣旨だった。イプセンの「ペール・ギュント」はムンクはプログラム、ココシュカが作品化しているが、アーサ
| RE+nessance | 2012/09/08 7:37 PM |