楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< 勝利の薔薇 ヴィクトリーローズ 女子十二樂坊 勝利と新古典主義を聴きながら | main | ジュリー・ヘファナン の ファンタジア >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
サロメ 最も美しいシュトローベルのヘロデ王の宴から

Bartholomeus Strobel  Salome−Degollación de San Juan Bautista y banquete de Herodes Museo del Prado


モローのサロメでも、クラナッハのサロメでも、この劇的な絵巻物には負けてしまうかもしれません。

楓がこよなく愛するサロメはシュトローベルのヘロデ王の宴に描かれた「サロメ」の部分。絢爛に着飾った虚栄のサロメこそ、この物語にふさわしい。

Bartholomeus (Bartłomiej) Strobel

洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ


なんかこの男の子、ベラスケスの「ラス・メニーナス」(1656年)に登場するニコラ・ ペルトサートみたい。足元に子犬がいますよね。

Strobel el Joven, Bartholomäus Título Degollación de San Juan Bautista y banquete de Herodes. Prado

洗礼者聖ヨハネの斬首の場面


この「ヘロデ王の饗宴と洗礼者聖ヨハネの斬首」は、1639-1642年の作品。1580年頃、シレジア(ポーランド南西部からチェコ北東部)に生まれたバルトロメウス・シュトローベルは、バロック時代のポーランドの画家。

バルトロメウス一族の工房は長男に引き継がれて栄えていきます。1639年にはヴウォツワヴェク大聖堂、フロムボークの大聖堂の祭壇画、1640年にはペルプリンの大聖堂の祭壇画も制作しています。

Degollación de San Juan Bautista y banquete de Herodes

シュトローベル ヘロデ王の饗宴と洗礼者聖ヨハネの斬首

 

Uczta u Heroda i ścięcie św. Jana Chrzciciela , Museo del Prado, Madryt, 1639-1642

ヘロデ王の饗宴の場面


どの場面もとてもドラマティックに描かれています。この饗宴に描かれている人々の一人一人に関心を持てるほど魅力的。

よーく見ていると集団肖像画ではないかしらとも思いました。こちらを向いている人々の中に著名人がいそうですが。

1639-1642年といえば、ヴワディスワフ4世がポーランド王として在位していました。1637年、フェルディナント2世の娘ツェツィーリア・レナータと結婚していますね。そして三十年戦争期のボヘミアの傭兵隊長アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインも描かれているそうです。

シュトローベルは王室画家にでもなったのでしょうか?

フェリペ5世の妃エリザベッタ・ファルネーゼ(イサベラ・ファルネーゼ)が、ラ・グランハ宮殿に飾っていたようです。彼女の祖父プファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムは、1642年にポーランド王の王女アンナと最初の結婚をしています。その花嫁道具?そして現在はプラド美術館に。

シュトローベルの自画像もどこかに隠れているのでは。




追記

Lee Alexander McQueens Final Collection For Fall 2010: All Angels and Demons

マックイーンの最後のコレクション 2010 秋 天使と悪魔


バロックのバルトロメウス・シュトローベルの作品「ヘロデ王の饗宴と洗礼者聖ヨハネの斬首」を扱って、ふとマックイーンの最後のコレクションが思い出されました。

Bartholomeus Strobel −Degollación de San Juan Bautista y banquete de Herodes Museo del Prado

シュトローベル ヘロデ王の饗宴と洗礼者聖ヨハネの斬首 部分


マックイーンの「天使と悪魔」の色使いにディティールは、バロックかルネサンスのよう。このシュトローベルの絢爛な作品は、神に仕える者とそれに抗うものも描いています。





| サロメ Salome | 21:04 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:04 | - | - | pookmark |
コメント
こんばんわ。お久しぶりです。

>モローのサロメでも、クラナッハのサロメでも、この劇的な絵巻物には負けてしまうかもしれません。<

勝っていますよ。サロメの豪華さ。描かれている大勢の人も豪華絢爛です。すごい大作ですが、私はエル・グレコの「オルガス伯の埋葬」を思い出しました。
| aki | 2012/09/03 12:25 AM |

akiさん、こんにちは。お元気でしたか?

>エル・グレコの「オルガス伯の埋葬」<

わかります!グレコの息子がこちら側を振り向いていたり、ファッションなんかがバロック的。

>勝っていますよ。サロメの豪華さ<

これまでのサロメって、どちらかといえば王女なのに踊り子か侍女のような質素な描き方ばかりでつまらない作品も多かったんですよ。楓にとって。

この作品はsaiから教えてもらったんです。ありがとです。
| 楓 | 2012/09/03 10:46 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/352
トラックバック