楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< シャネルツイード リントン社 100周年 | main | Liberty Prints  オシャレなリバティは何処に >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Au Chapeau 帽子の誘惑 夏から秋へ 秋から冬へ

http://www.athenanewyork.com

アシーナ ニューヨーク 2012 秋冬コレクション 
(C) Athena New York


びっくりするような価格じゃなく、でも「いい帽子」がほしいなって思うんですけど。

去年は「フルラ」(FURLA)のグレーの帽子を購入。ところがメイクやヘアースタイルによってすっごく「地味」になることが多く、とってもいいデザインだったのにと残念でした。今年はこの帽子に似合うファッションの時だけ被る決心がつきました。

それで春夏から注目していたアシーナ ニューヨークのお帽子をこの秋に購入しようと!思いまして・・・・

2012 エクラ 7月号今年のAthena New York の春夏のお帽子は、エクラ7月号、MISS 8月号、Very 8月号などで読んで見て、ものすごい種類がある。右の写真はエクラ7月号からなんですが、セレクトされたブランドショップからしか見たことがなかったので、びっくり。Athena New York は、AMACA、BARNEYS NEW YORK、FIGARO Parisなどでも扱っています。

私が「50にして天命を知る」ひとつには、帽子です。どの服やどのファッションにも合う帽子なんてないんだということがわかりましたよ。

この時(その時の気持ち)にこそ、この靴にこの服、このメイクとこのヘアスタイル、そして合わせたいアクセサリーと「この帽子」なんだと。

かといって自分以上に語るようなデザインは好きじゃないんですね。自分流は自分の価値観に縛られないことですし、自分の価値観って、パーフェクトじゃないですからね。

2012 MISS 8月号

アシーナ ニューヨーク 2012 春夏のお帽子
2012 MISS 8月号 アマカ×アシーナ ニューヨーク


帽子は歴史的にも民族的にも職業的にも古くから象徴的な意味を持つ装身具です。

帽子は自分自身を語る小道具でもあるんですね。

歴史の中で女性だけは、服飾の一部と見なされるため、屋内でも帽子を脱ぐ必要はないんですよ。

でもね、外で被る麦藁帽子(ストローハット)やブリム(ツバ)の広い帽子、あきらに防寒用の帽子を被ったままというのはどうかと・・・。自然な振る舞いの中で帽子をつけたままはヘアーアクセサリーとしての帽子ですよね。

ところがいつだったか裁判所の傍聴席の女性が帽子を脱ぐ脱がないで大論争になったことが。

19世紀の紳士の教訓に、「室内で帽子を脱ぐのが真の紳士、脱がないのは偽りの紳士、帽子を被らないのは紳士のふりもできない男」とあります。



Berthe Morisot au bouquet de violettes

すみれの花束をつけたベルト・モリゾ 1872
エドゥアール・マネ オルセー美術館


19世紀といえば印象派の時代。マネが描いた弟の妻で女流画家のベルト・モリゾの肖像画では帽子を被っています。印象派の画家たち、ベルト・モリゾもルノワールもセザンヌも帽子を被った人物たちを多く描いています。

Comoedia Illustré Chamel Hat 1910

コメディア・イリュストレ誌 1910
ココ・シャネル


シャネルの帽子。モデルはココ・シャネル自身。18世紀のマリー・アントワネットの帽子とかわらないようなデザイン。このあとシャネルは飾りをとりはずし、帽子のスタイルを変えていきます。

Schloss Wolfsgarten  Marie Antoinette

ガリア服(シュミーズドレス)のマリー・アントワネット
Salon de Paris 1783 ルブラン夫人 ヴォルフスガルテン宮殿


18世紀、フランス革命が起こる前の王妃マリー・アントワネットの肖像画。駝鳥の羽の麦藁帽子は棒民のスタイルをアレンジしたファッション。



多くの帽子がある中で、モディリアーニの描いたジャンヌ・ エビュテルヌの被る帽子がどんな素材だったのかしらと気になります。

Jeanne Hebuterne in a Large Hat 1918 

大きい帽子のジャンヌ・ エビュテルヌ
1918 モディリアーニ 個人所蔵


このブリムの広さ。細く長いクラウン。モディリアーニって細長く描きますが(笑)、この帽子のエレガントさ。

額をすべるように前から被り、後ろへ深く被ります。帽子はブリム(つば)の前後を上げたりしながら形を整えますね。ご自分に一番しっくりくるようにブリムを整えて、何時間も鏡の前で・・・。

帽子って、アクセサリーや小物との統一感が一番魅力的かもしれません。う〜ん。

Athena(アシーナ) って女神アテナ(アテーナー)のことですよね。「知恵」を表しているのでしょうか?「パリスの審判」を思い出しました!
| ファッションニュース | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:03 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/356
トラックバック