楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< アリス・マクマホン・ホワイト オフィーリアに描かれたハムレットの本 | main | シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
アン・ブーリン ”おお死よ、われを眠りに” シェイクスピア ”おお死よ、われを眠りに”

Anne Boleyn in the Tower by Edouard Cibot

塔の中のアン・ブーリン(ロンドン塔のアン・ブーリン)
1835年 エドゥアール・シボ  ロラン美術館所蔵


ロシュフォード卿ジョージ・ブーリンはアン・ブーリンの兄。そして宮廷楽師のマーク・スミートン。アン・ブーリンとの姦通の嫌疑でヘンリー8世に処刑されます。

詩「おお死よ、われを眠りに」は、アン・ブーリンが処刑までの最後を過ごしたロンドン塔の部屋で見つけられました。

1536年の処刑の直前にアン・ブーリン、ジョージ・ブーリンが詩を残したのではということで、作者を二人に断定していないようです。

ケイティ・ローズ(Katy Rose)が歌っています。
Oh Death Rock me Asleep - Katy Rose


O Death! rocke me asleep;

Bringe me to quiet reste;
let pass my weary, guiltles ghost
out of my carefull brest.
Toll on, the passinge-bell;
ring out my dolefull knell;
let thy sounde my death tell.
Death dothe drawe ny;
there is no remedie.

My paynes, who can expres?

Alas! they are so stronge
my dolor will not suffer strength
my lyfe for to prolonge.
Toll on, the passinge-bell;
ring out my dolefull knell;
let thy sounde my death tell.
for I must dye;
there is no remedie.

Alone, in prison stronge,

I wayte my destenye.
Wo worth this cruel hap, that I
should taste this miserie!
Toll on, the passinge-bell;
ring out my dolefull knell;
let thy sounde my death tell.
Death dothe drawe ny;
there is no remedie.

Farewell! my pleasures past;

welcum! my present payne.
I fele my tormentes so increse
that lyfe cannot remayne.
Toll on, the passinge-bell;
rong is my dolefull knell;
for the sound my dethe doth tell.
Death dothe drawe ny;
there is no remedie.

Sound my end dolefully

for now I dye.

さて、シェイクスピアのヘンリー四世第二部の第二幕第四場にこの「おお死よ、われを眠りに」という言葉がでてくるのです。

ヘンリー四世第二部は、1596年から1599年の間に書かれたと言われています。アン・ブーリンの処刑から60年後。人気者のフォルスタッフの仲間のピストル(PISTOL)の台詞です。

Then death rock me asleep, abridge my doleful days!
Why, then, let grievous, ghastly, gaping wounds
Untwine the Sisters Three! Come, Atropos, I say!
2 Henry IV (2.4)

不思議なんですが、エリザベス1世の時代に、何ゆえ放蕩仲間のピストルに、女王の母君アン・ブーリンが残した詩の一行を与えたのでしょうか。

ですが、シェイクスピアはピストルの台詞で、あきらかにエリザベス1世の生母アン・ブーリンの「おお死よ、われを眠りに」に対しての言及をしているのです。

相手の剣を取り、
「おお死よ、われを眠りに。悲嘆にくれる日をかいつまむ!なぜに、痛々しくもゾッとするぽっかりと開いた傷口。糸をほどく運命の三女神。アトロポスよ、是非に。」

アン・ブーリン、あるいはジョージ・ブーリン。
その悲嘆にくれる詩をかいつまむと。

「おお死よ、われを眠りに。―死が近ずく、なすすべもなく
弔いの鐘が鳴る。私の死を報せる音
私には死のほかにはない。死が近ずく、なすすべもなく」

そして最後
「悲しげな最後の音。私の死を告げる。」

| Music&Composer | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/388
トラックバック