楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< 梅花〜王安石 謹賀新年! | main | 薔薇 ベル・ドゥ・クレシー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲

John Melhuish Strudwick - When Apples Were Golden And Songs Were Sweet And Summer Had Passed Away

林檎は黄金色にして歌声甘美なれど夏すでに過ぎ
1906  マンチェスター美術館


新年はようやく春の兆しが見えてくるように思うのですが、これからが寒い冬。

今日のご紹介はジョン・メリッシュ・ストラドヴィックの詩的なタイトル「林檎は黄金色にして歌声甘美なれど夏すでに過ぎ」です。

夏が過ぎて秋の季節を迎えた頃。二人の女性が楽譜とリュートを手に、メランコリーな表情で描かれています。

はじめはテニスンの詩の一部からタイトルをつけたのかと思いました。テニスンの「安逸の人々」は、ギリシャ神話のロータスの実(蓮)を食べて眠り、甘い夢を見るのです。目が覚めればまたその実を食べるという忘憂樹の詩。

ホメロスのオデュッセイアでは「ロータス・イーターの島」でも、蓮喰い人が出てきますよね。恍惚となり故郷までも忘れてしまう。ヘロドトスの「歴史」でも、ロートスの実が主食の国が紹介されています。

ジョン・メリッシュ・ストラドヴィックは、夏の盛りの黄金の林檎を忘憂樹の実(蓮の実)に倣い、秋になって、黄金の林檎を口にすることがなく憂いを迎えて、夏の思い出に歌を奏でる二人を描いたのでしょうか。

それは安楽の夢かもしれません。

追記
よくよく考えてみたら、ヴィーナス讃歌でタンホイザーが去っていったあとなのかもしれません。

エドワード・バーン=ジョーンズ ヴィーナス賛歌  Laus Veneris by Edward Burne-Jones

| - | 10:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:16 | - | - | pookmark |
コメント
初めまして、ラファエル前派展を見てオフィーリアを調べているうちにLife Style Conciergeに辿り着きました。
造形の深い内容にびっくり。1度には読み切れそうもありませんが少しづつ拝読します。

美術関係のお仕事をされているのかな?
| E=MC2 | 2014/03/09 6:42 PM |

E=MC2さま、ようこそいらっしゃいました。アパレル系の兼業主婦の素人です。文字ばかりが多くって読みにくいかもしれませんが、どうぞ遊びに来てくださいね。
| 楓 | 2014/03/14 7:44 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/391
トラックバック