楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< チャールズ・アレン・ウィンター 「運命」 | main | ディーノ・バルス イヴの原罪 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
シバの女王

John Duncan  The Queen of Sheba  detail  British Museum

シバの女王 1923  部分
ジョン・ダンカン 大英博物館


今年の書初め「シバの女王」。

映画やオペラにもなっていますが、私にとっては謎の女性のひとりです。

紀元前10世紀のエチオピアにあるアクスムでは、大蛇に生贄を捧げなければなりませんでした。その大蛇の首を切り落としたとされるのがベルキス(マーキア)は、アクスムの女王となったのです。

勇敢な女性、好きです。

「シバ(シェバ)」は、古代南アラビアで、アクスムは北アラビア。

現在のイエメンからエチオピアを支配していたというのがシバ。「幸福のアラビア (Arabia a Felix)」として知られる頃でしょうか。

エチオピアではマーキア、アラビアではベルキスと呼ばれる「シバの女王」は、イエメン、エチオピアだけではなく、広く統治していたのではないでしょうか。

「シバの女王」(シェバの女王)は、映画やオペラにもなっていると書きましたが、実像は知られていないようですね。

伝説は編纂された「ケブラ・ナガスト」(王たちの栄光)、古くは旧約聖書の「列王記上」の第10章に記されているだけで、他の文献には残っていないそうで、実在した女王なのかという疑問もあるようです。

黄金、琥珀に瑪瑙、エメラルドとガーネットのほか、香辛料には東方三博士がイエスへ捧げた3つの贈り物のひとつ「乳香」も、キリスト誕生以前のこの紀元前に、シバの女王からソロモン王への献上にあるのです。

これは旧約聖書にはありません。口伝、そしてずっとあとに編纂された「ケブラ・ナガスト」(王たちの栄光)にあります。

「ケブラ・ナガスト」(王たちの栄光)は、キリスト誕生後の13-14世紀に編纂されて、まるで東方三博士をシバの女王とそのキャラバンに、そしてソロモン王をキリストに見立てたような贈物と謁見ですね。

それでは旧約聖書「列王記上」のシバの女王をご紹介しましょう。

John Duncan  The Queen of Sheba 1923  British Museum

「象牙に猿に孔雀たち(シバの女王) 1923
ジョン・ダンカン 大英博物館


旧約聖書「列王記上」の第10章に、ソロモン王とシバの女王の謁見のくだりがあります。

エホバ神の知恵を与えられたというソロモン王の名声を耳にし、王を試すために訪問をした。(10-1)

多くの従者と、香料、金と貴石を駱駝に負わせた素晴らしい女王の一行は、エルサレムを訪れた。ソロモンと謁見し、その心にあることごとくを彼に告げた。(10-2)

ソロモンは全ての問いに答えた。王は彼女の試みに答えられないことは一つもなかった。(10-3)

ソロモンの知恵、そしてソロモンの宮殿、(10-4)

そして宴の晩餐、整然と列座する家臣。給仕たちの素晴らしい伺候。彼らの見事な装い。そしてエホバの宮の燔祭に心を奪われた。(10-5)

女王は王に、「国で耳にしたあなたの知恵と名声は真実でした。」(10-6)

「目にするまで信じることはできませんでしたが、耳にしたことの半分にも及びません。あなたの知恵と繁栄は聞き及ぶに勝ります。」(10-7)

「王の奥方たちは幸いです。常にあなたの知恵を聞く事ができる家臣たちは幸いです。」(10-8)

「エホバに祝福されたあなたは、イスラエルの王位につきました。主は永遠にイスラエルを愛することゆえ、王として正義と儀を行うのです。」(10-9)

そして彼女は金百二十キカル、非常に多くの香料、宝石を王に贈った。このときシバの女王が贈ったほどの香料は再び手にすることがなかったほどだった。(10-10)

女王はオフルから金を載せてきたヒラムの船は、多くの白檀の木と宝石とを運んできたので、 (10-11)

王は白檀の木をもって、エホバの宮と王の宮殿のための壁柱を造り、琴と竪琴を造った。これほどの白檀の木は今日まで見たこともなかったものだった。(10-12)

ソロモン王は、シバの女王へ、国の繁栄にふさわしい贈り物をしたほかに、女王の求めるものは望みのままに与えた。こうして女王とその一行は故国に帰って行った。(10-13)

ルカによる福音書では、イエスを試みようとしている人々と、シバの女王を例えているくだりがあります。

「南の女王が、今の時代の人々と共にさばきの場に立って、彼らを罪に定めるであろう。なぜなら、彼女はソロモンの知恵を聞くために、地の果からはるばるきたからである。しかし見よ、ソロモンにまさる者がここにいる。」(ルカによる福音書11章31節)

Ivory, Apes and Peacocks (The Queen of Sheba)  Collection: Glasgow Museums

「象牙に猿に孔雀たち(シバの女王)」(1909-1920)
ジョン・ダンカン グラスゴー美術館


こちらは、グラスゴー美術館の「象牙に猿に孔雀たち(シバの女王)」(1909-1920)です。

さて、13世紀に興ったエチオピア帝国は、ソロモン王とシバの女王の息子メネリク1世の直系の子孫を名乗り、「ケブラ・ナガスト」(王たちの栄光)を編纂しました。

この「ケブラ・ナガスト」に、旧約聖書「列王記上」の第10章に書かれていないことが記されています。

ソロモン王とシバの女王の息子メネリク1世。

メネリク1世がエチオピアに渡る際に、十戒を刻んだ石版を納めた「契約の箱(アーク)」をソロモン王から授かり(奪って)、このアクスムへと持ち帰ったと伝えられています。

智天使(cherubim ケルブ)二体が飾られた、純金で覆われたアカシアの木箱と十戒を刻んだ石版。

ソロモン王の死後、ヤコブの子レビを祖とするイスラエルの部族レビ族にわたり、エチオピア正教会が保管しているということですが、エチオピア帝国建国の祖がメネリク1世です。

エチオピア、アクスムのシオンのマリア教会の礼拝堂にあると信じられている「契約の箱(アーク)」は、キリストの洗礼を祝うため、1月19日を挟んで3日間おこなわれるティムカット祭(洗礼祭)に、その姿をみることができるそうです。

でも「契約の箱(アーク)」を象徴する「タボット」(レプリカのこと)なのだそう。

この伝説、聖地がエチオピアだと口承しているわけなんですよね。映画「インディ・ジョーンズ」の「レイダース/失われたアーク(聖櫃)」にもかれました。

息子メネリク1世が手に入れたアークのため、シバの女王は「聖都アスクム」を手に入れることができたのですね。

ソロモン王は、シバの女王へ、国の繁栄にふさわしい贈り物をしたほかに、女王の求めるものは望みのままに与えた。こうして女王とその一行は故国に帰って行った。(10-13)

なるほどです。この旧約聖書にあるとおり、ソロモン王は、のちのちに女王の本望を授けてしまったわけです。つまりクルアーン(コーラン)の27の「 蟻章 (アン・ナムル)」に記されているのとは反してソロモン王の支配下ではないということなのですね。

すべてを手に入れたシバの女王。アスクムの嘘か真か真実はわかりませんが、この世の全ての望みを叶えた女性なのかもしれません。

※間違って公開しちゃいました。まだまだ続きますぅ。来週までに完成させますぅ〜。

続き(2013.1.15)



「象牙に猿に孔雀たち(シバの女王)」(素描)
ジョン・ダンカン


この「シバの女王」はいろんな作曲家が作品にしています。まずジョン・ダンカンの絵画作品を動画を背景にしたドイツのハーブ・ワイドナーのアンダンテ・アッサイ作品390aから。

Oriental magic. The Queen of Sheba and her escort. Music : Andante assai in a-minor op. 390a

ハンガリーのカール・ゴルトマルクの歌劇「サバの女王」(1875)

Goldmark - Overture: Die Königin von Saba

私も好きなイタリアのオットリオ・レスピーギのバレエ音楽「シバの女王ベルキス」(1934)

1.ソロモンの夢(Il sogno di Salomone) 、2.夜明けのベルキスの踊り(La danza di Belkis all'aurora) 、3.戦いの踊り(Danza guerresca、4.狂宴の踊り(Danza orgiastica)

Ottorino Respighi: Belkis, regina di Saba, Suite n.1 (P. 177) (1934)

Respighi - Belkis, Queen of Sheba: Suite, P. 177 (1934)

さて、クルアーン(コーラン)の27の「 蟻章 (アン・ナムル)」には、 スライマーン(ソロモン)にサバアの女(シバの女王)が服従するまで(27:20〜44)が記されていますが、あんまりピンとこない内容でした。服従とは結婚と信者のことです。そして歴代誌9:1〜13にも記されています。

ところで知恵を試したシバの女王がソロモンに3つの謎を投げかけるとある、その謎々は口承からなんでしょうか。

「天から降るものでも地から湧くものでもない水とは。」(答えは汗)

「その上を嵐が駆け抜け身も世もなく泣き叫ぶ。富む者はそれを褒め、貧しき者はそれを恥じ、死せる者はそれを尊ぶ。鳥は喜び、魚は嘆く」(答えは亜麻だそうです。なるほどですぅ〜)

「お前の父は私の父、お前の祖父は私の父。お前は私の息子で私はお前の姉。」(これすぐわかりますね。創世記に登場する「ロトと二人の娘」ですね。)

続く

ジョン・ダンカン記事リンク
XAI  ジョン・ダンカン 遊びの園


シバの女王とソロモン王 絵画作品


シバの女王とソロモン王の謁見の場面はラファエロやルーベンス、ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品も有名ですが、ティントレットも多く描いています。その中で、ピエロ・デッラ・フランチェスカの「聖十字架物語」のように、聖書からシリーズとして作品化したティントレットを最初にご紹介します。

Tintoretto, Jacopo Robusti,The Queen of Sheba and Salomon Prado Museum

シバの女王とソロモン王
ティントレット 1555年頃 プラド美術館


Tintoretto at the Prado Museum

部分 ソロモン王と謁見するシバの女王
ティントレット 1555年頃 プラド美術館


Tintoretto at the Prado Museum

部分 ソロモン王の奥方たち?
ティントレット 1555年頃 プラド美術館


ティントレットの「シバの女王とソロモン王」(プラド美術館)が一番好きです。

Ester ante Asuero


実はプラド美術館にある二つのパネルのひとつなんですね。もう1枚が「アハシュエロス王の前のエステル」です。シリーズで6作品のうちの一部です。美術史美術館に所蔵されている「ソロモン王の前のシバの女王」も、プラド美術館所蔵の作品と同様に聖書を主題にしたシリーズになっています。

Samsons revenge on the Philistines - The queen of Sheba before Salomon - Belshazzars feast - Tintoretto,Kunsthistorisches Museum

「ソロモン王の前のシバの女王」
ティントレット 美術史美術館所蔵




部分 ティントレット 「ソロモン王の前のシバの女王」




部分 ティントレット 「ソロモン王の前のシバの女王」


美術史美術館所蔵の「ソロモン王の前のシバの女王」には、船から黄金や香料を運んでいる人々も描かれています。

プラド美術館所蔵の「シバの女王とソロモン王」はとてもドラマティックな描き方ですが、こちらの美術史美術館の所蔵作品は、絵巻物語風ですね。

Tintoretto - Samsons revenge on the Philistines - The queen of Sheba before Salomon - Belshazzars feast


このシリーズ作品は他にもありますが、今回は「ソロモン王の前のシバの女王」の上下に展示されている2枚をご紹介します。一番上が「ペリシテ人へのサムソンの復讐」、そして「ベルシャザールの饗宴」です。



Frans II the Younger Francken, King Solomon and the Queen of Sheba Burghley House Collection, Lincolnshire, UK

「ソロモン王とシバの女王」
フランス・フランケン鏡ぁ.弌璽蝓次Ε魯Ε コレクション




 Lavinia Fontana 1552 - 1614: Visit of the Queen of Sheba

「ソロモン王を訪問するシバの女王」 1600年
ラヴィニア・フォンターナ アイルランド国立美術館



Circle of Pieter Claessens the Younger Solomon and the Queen of Sheba

ソロモン王とシバの女王
作者不詳


受胎告知のような「ソロモン王とシバの女王」です。手に花を持つシバの女王。メネリク1世の受胎?



Journey of the Queen of Sheba,Meeting of Solomon and the Queen of Sheba. Apollonio di Giovanni di Tomaso Marco del Buono di Marco Museum of Fine Arts, Boston

「シバの女王の旅」、「ソロモン王とシバの女王の会談」 ボストン美術館
アポロニオ・デ・ジョヴァンニ・デ・トマソ/マルコ・デル・ブオーノ・ジャンベルティ


イタリアの画家アポロニオ・デ・ジョヴァンニ・デ・トマソは、シバの女王を主題にした作品がいくつかあります。

Arriving of queen of Sheba(Carolsfeld Bible in Bildern, 1860 )Apollonio di Giovanni

「シバの女王」 部分
アポロニオ・デ・ジョヴァンニ・デ・トマソ




Conrad Witz: The Queen of Sheba with King Solomon(Konrad Witz, The Queen of Sheba with King Solomon), 1435-37

ソロモン王とシバの女王 1435-37
コンラート・ヴィッツ


King Solomon Receiving the Queen of Sheba, 1515/20

作者不詳 シカゴ美術館書所蔵


シバの女王は「東方三博士」の乳香、没薬を持つアフリカの黒人の王バルタザールのよう。



The Queen of Sheba Bringing Gifts to Solomon; The Annunciation Master of the Saint Barbara Legend  (Netherlandish, active late 15th century)

右翼 「ソロモンに献上するシバの女王」
1480年 メトロポリタン美術館


こちらは三連祭壇画の右翼と左翼で、中央の祭壇画が失われているものです。右翼に乳香を持つシバの女王が描かれています。左翼は「ダビデとアブネルの使者」(サムエル記3:12)によるもので、中央は「東方三博士の礼拝」だったようです。この右翼と左翼の扉絵は「受胎告知」です。



Two Riddles of the Queen of Sheba、The Metropolitan Museum of Art.

タペストリー 「シバの女王のふたつの質問」 1490-1500
メトロポリタン美術館


本記事では「三つの質問」をご紹介していますが、このドイツのタペストリーは、「シバの女王の二つの質問」を主題にしています。

ドイツの画家コンラート・ヴィッツの「ソロモン王とシバの女王」は、このタペストリーと同じく二人だけで向き合う構図です。ドイツで制作されたタペストリーは、コンラート・ヴィッツの「ソロモン王とシバの女王」から発想を得たのでしょうか。



あと少し続きます。

| - | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:37 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/394
トラックバック