楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< ディーノ・バルス イヴの原罪 | main | 読書をする女 本を片付ける女 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
サロン・デュ・ショコラ 2013 ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」

セレクション・ルネッサンス ¥6,930


サロン・デュ・ショコラ 2013では、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」がパッケージになった「セレクション・ルネッサンス」が ¥6,930で、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」が好きな私は、買っちゃったんですぅ。

傾けると3D効果でこんな感じに。

セレクション・ルネッサンス ¥6,930


他にはアンリ・ルルーのシューアラクレームが大好きですが、ここではクイニーアマン1個。お一人さま5個限りですけど、いいんです。予算がありますから・・・。もっと欲しかったですけど・・・。

みなさま、ちゃんと戦利品をあらかじめ決めていたのでしょうか。バレンタイン用じゃないんですね。もちろん今日のためにいくつかお安いのを用意していましたが、自分用の戦利品。



ところで今年はドゥバイヨル(DEBAILLEUL)にしました。フリアンディスが好きなのです。ピュール ボヌール(10個入り)は¥2,835を自分用に。

DEBAILLEUL ドゥバイヨル

ピュール ボヌール(10個入り)


もちろん他にもお目当てはありましたが、1ヶ月分のお給料の半分がなくなりそうで怖くて、ショコラバーにも寄らず、目的のチョコレートだけを手に入れてサッと引き上げた今年。

息子と夫と友チョコ(男友達へ)にオランジェット バロタンを。義理チョコ(会社の上司たち)は地下のコーナーで¥500くらいを選びました。



昨年のお話で恐縮ですが、昨年はマドモワゼル セ(Mademoiselle C)のチョコを選んだのです。

マドモワゼル セ Mademoiselle C

昨年(2012)選んだマドモワゼル セ


アクセサリー・デザイナーのシャリーン・カールトン(Charline Carton)は、パティシェの父親とコラボレーションしたのがマドモワゼル セ(Mademoiselle C)です。

マドモワゼル セ(Mademoiselle C) タブレット SAKUSAKU

チョコレート タブレット SAKUSAKU
塩味がきいたプラリネ
マドモワゼル セ(Mademoiselle C)


結論から申し上げますと、「大人の至福のチョコレート」の発見だったのです。。ケースにはいったタブレット(平板)は、本当に至福の味!なんともいえない初めて味わうことを知ったチョコレートでした。

いまではプラダのスマホを購入したときの付属品だったイヤホン入れにしているケース。



かれこれ何ヶ月前からのバレンタイン商戦?あまりの値段にびーっくりし、スルーしたり。特別なインパクトはお値段とものすごい種類だけだったのでしたが、やっぱり買っちゃうんですね・・・。

| Chocolate ショコラ | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:18 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/396
トラックバック