楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< 薔薇 デュセス・ドゥ・モンテベロ (モンテベロ公爵夫人) | main | アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ジェルサンの看板

L'Enseigne


以前にワトー・ドレス(ヴァトー・ドレス)でもご紹介した、ジャン・アントワーヌ・ヴァトー(Jean-Antoine Watteau 1684-1721)の描いた「ジェルサンの看板」の作品。

ジェルサンの看板で、右下に描かれている犬。実はルーベンスへのヴァトーからのオマージュなんです。

ルーベンスの「マリー・ド・メディシスの戴冠式」に描かれている犬なんですね。マリー・ド・メディシスはルイ14世の祖母。この「犬」の反対側には箱に収められる「ルイ14世の肖像画」が描かれています。シャルル・ル・ブランかミニャールのルイ14世といわれています。


藁が詰まった木箱は棺。肖像画はルイ14世の崩御による旧体制の終わりを告げています。壁にはスペイン王の肖像画「フェリペ4世」。

肖像画のかかる壁と神話画がかかる壁。」、「ディアナとカリスト」らしきもの、「ニンフとサテュロス」、「ウェヌスとクピド」(ヴィーナスとエロス)、「ディアナの水浴」らしきものが描かれていますね。

その手前にワトードレスの女性とヴァトー自身が描かれています。

「ヴィーナスとマルス」が描かれているらしいですが、よくわかりませんでしたが一番上でしょうか。


こちら側にも神話画がかけられていますが、画商ジェルサン夫妻と顧客たちが描かれています。

「祈る修道士」、「酒に酔ったシレノス」が絵が掛けられています。

夫妻の描かれている壁側には下から「聖家族」、その上にはたぶんルーベンスの「パリスの審判」ではないかと。その隣には「レダと白鳥」、そして上の端には「凍えるヴィーナス」じゃないかと。

ジェルサンの看板は、2週間ほどで交換され、美術品収集家クロード・グルック・ゴブラン(1676-1742)に買い取られます。


ジェルサン夫妻は、小さなバニティミラーを顧客に向けています。絵画作品の解釈では、鏡に見入る姿は虚栄心を表すようですが、実際にジェルサンのお店ではこうしたアメニティを扱っていたのでしょう。

この時代のフランスはブルジョワ階級が生得的地位の貴族たちを脅かす存在。マリー・アントワネットを政敵にしたオルレアン公フィリップ2世の摂政時代です。ポンパドゥール夫人を寵姫にすえるルイ15世はまだ5歳を過ぎた頃。

啓蒙思想が席巻し、ヴォルテールの悲劇「オディプス」は、オレルアン公を風刺したとバスティーユに投獄されましたね。


クロード・グルック・ゴブランから美術品収集家ジャン・ド・ジュリエンヌが購入。フランソワ・ブーシェ(1703-1770)は、ジャン・ド・ジュリエンヌにヴァトーの原画の版画を手がけていました。

現在、シャルロッテンブルク宮殿の東側にあるフリードリッヒ二世の部屋の「ジェルサンの看板」は、1744年にコンサート室の装飾として購入しました。ジャン・ド・ジュリエンヌから渡ったそうです。

| ヴェルサイユの画家 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:39 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/417
トラックバック