楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< アヴェ・マリア 森茉莉もしくは牟礼魔利(ムレ・マリア) | main | それぞれの魔法の庭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
レベッカより 「もう二度とない」

デュ・モーリア

著者 デュ・モーリア


18歳以前に一度読んだ記憶。モノクロの映画はたしかテレビのロードショーでヒッチコックの「レベッカ」を見ていた。それは小学生の頃?

レベッカ。ずっと愛読書のように・・・、お嫁入りのときも、息子が成人してからも、短大を卒業したときにもらったルーマニア製のガラスの扉のついた書棚に置いたままで。

二度目は30代?そして50を超えて3度目の読書。

成熟した読み手となってますますのめりこんだのは、「わたし」と亡くなった美しい前妻レベッカ、レベッカの忠実な使用人デンヴァース夫人との心理的葛藤とその秘密?

違う、違う、違う、違う、違うのです。

ヒッチコック 映画「レベッカ」

ヒッチコック 映画「レベッカ」


この成熟した年齢になって読み込んだのは、ホントに最初。マキシムへの恋の場面。本当にプロローグのあの場面なんです。

引用:茅野美ど里さん翻訳の「レベッカ」から
ついにその日が来てしまった。ここを去るのだ。何もかも終わりだ。あすの晩にはメードよろしく夫人の宝石ケースと膝掛けをもって、私は列車の中だ。

そうなんです。身寄りも家もない主人公「わたし」がヴァン・ホッパー夫人のコンパニオンでお給料をもらっていた物語のはじまりのこと。

モンテカルロでマキシムに会い、親切にされてからまもなく、ヴァン・ホッパー夫人は明日にはここを発つというのです。

主人公「わたし」は絶望。

引用:茅野美ど里さん翻訳の「レベッカ」から
彼は慣れ親しんだホテルの食堂のあの席でひとり本を読んでいて、わたしのことなど気にかけず、考えもしない。発つ前にラウンジで別れの挨拶くらいはできるかもしれないが、・・・(略)・・・
「ええ、お便りください」とか、
「ご親切にしていただいて、きちんとお礼を申し上げたことがなくて」とか「スナップ写真ができたら転送してください」、「でも宛名は?」、「連絡します」などとおきまりの言葉をかわすのだ。

そうです。自分ではどうしようもない身分と職業、そして相手にされないだろうその恋。突然の出発。なにもかもはじまったばかりだったのにね。

ヒッチコック 映画「レベッカ」のマンダレー

ヒッチコック 映画「レベッカ」のなかのマンダレー


だから、マキシムが自分がいなくなったあとも、そのことを別段気にすることもなく過ごす彼を容易に想像できますし、とりとめのない会話で終わるのが「私」には充分に理解しているのです。ある意味、分別があるのかと。

引用:茅野美ど里さん翻訳の「レベッカ」から
「あと四分半、それでもう二度と会えない」とわたしのほうは思いつめているのに。モンテカルロを発つことになり、二人の間も終わってしまうので、よそよそしさがしのびこみ、話すこともなくなってしまう。会うのはもうこれ一度きり、これで最後だ。
わたしの心は悲痛のあまり泣き叫んでいる。「愛しているの。胸が張り裂けそう。こんなこと初めて。もう二度とないわ。」

「愛しているの。胸が張り裂けそう。こんなこと初めて。もう二度とないわ。」

この気持ち。みなさん一度は経験されたでしょう。成熟した年齢になってこそなのでしょうが、マキシムの後妻となる「私」のこのときの受身の立場のつらい心理がよく伝わってくる。

若くもなく既婚者の私には、これからないだろうと思われる恋愛が、もしもの予感があれば、決して「一期一会」で終わらせたくないと思うかも(願うかも)しれません。

「もう二度とない」

私の年齢で誰かと恋愛がはじまれば、私もきっと同じセリフが自然に口をつくのでしょう。


ダフネ・デュ・モーリア
コメント:成熟した読み手となってますますのめりこんだのは、「わたし」と亡くなった美しい前妻レベッカ、レベッカの忠実な使用人デンヴァース夫人との心理的葛藤とその秘密?いえいえ。それは、「わたし」がモンテカルロを去らなければならないと夫人に告げられたあの場面です。

ダフネ・デュ・モーリア
コメント:「わたし」がはじめてみたマンダレー。生い茂る緑に囲まれ、美しい花々が咲き乱れ、そしてツツジの花。それが燃えていく。あの美しかったマンダレーはない。

| Books & Writer | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:20 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/453
トラックバック