楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< ナナの誕生 ドミ・モンド | main | Madeleine Vionnet マドレーヌ・ヴィオネ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
世界でいちばん美しい詩 林古渓 「浜辺の歌」
竹久夢二  「平戸懐古」成田為三の作曲は、美しい旋律を奏でます。林古渓の作詞の「浜辺の歌」を、よりいっそうに海の彼方へ誘います。

浜辺の歌 作詞:林 古渓/作曲:成田為三 

あした浜辺を さまよえば、
昔のことぞ しのばるる。
風の音よ、雲のさまよ、
よする波も かいの色も。


ゆうべ浜辺を もとおれば、
昔の人ぞ、忍ばるる。
寄する波よ、かえす波よ。
月の色も、星のかげも。

堀内敬三・井上武士編『日本唱歌集』(1958 岩波文庫)より

初出の歌詞は、この岩波より40年前にセノオ楽譜版から出版されています。その表紙は竹久夢二の「浜辺の歌」でした。


この「浜辺の歌」の歌声を聴くことができます。特に皆様に聞いていただきたい歌い手を選びました。

木村 弓さんの歌声は、天の響き。【試聴
天の響きは、思いがけずに泣くきっかけを与えてくれる。
波多野 睦美さんの歌声は、地の響き。【試聴
地の響きは、静寂な響き、無我無欲の響き。
畠山美由紀さんの歌声は、人の響き。【試聴
人の響きは魂の叫び。心が震える時が来るのを知っている。

さて、ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、この「浜辺の歌」は、四節から成り立っていたものです。林古渓本人が趣向のちがいがあるとして、三節目を歌われるのを望まず、四節目も浜辺の波にさらわれたようです。

本人が望まない三節目は、続きから。
「浜辺の歌」の誕生について
セノオ楽譜版『浜辺の歌』1918年(大正7年)10月1日発行
初出の歌詞 楽譜初版表紙 竹久夢二 「浜辺の歌」


あした浜辺をさまよへば
昔のことぞしのばるゝ。
風よ音よ、雲のさまよ、
よする波もかひの色も。


ゆふべ浜辺をもとほれば、
昔の人ぞ、忍ばるゝ。
寄する波よ、かへす波よ、
月の色も、星のかげも。


はやちたちまち波を吹き、
赤裳のすそぞぬれもせじ。
やみし我はすべていえて、
浜辺の真砂 まなごいまは。

竹久夢二 「浜辺の歌」楽譜初版表紙これが林古渓の原詩ではなく、二節の「風よ、音よ」、三節と消失した四節をあわせて三節としたもので、当時の版権意識がない風潮が感じられます。1720年、クラヴィア組曲 第1巻の「アリアと変奏曲」をイギリスの楽譜出版業者リンターンがヘンデルの死後に、「調子のよい鍛冶屋」と改名してしまったことも思い出されます。

さて、この三節と四節は、大正12年には、二節の「風よ、音よ」が、最初の岩波の二節とおなじ「かぜの おとよ」になっています。

雑誌「音楽」1923年(大正12年)8月号(第4巻第8号)

あした はまべを さまよへば、
むかしの ことぞ しのばるる。
かぜの おとよ、くもの さまよ。
よするなみも、かひの いろも。
  
ゆふべ はまべを もとほれば、
むかしの ひとぞ しのばるる。
よする なみよ、かへす なみよ。
つきのいろも ほしの かげも。
  
はやち たちまち なみを ふき、
赤裳の すそぞ ぬれもひぢし。
やみし われは すでに いえて、
はまべの真砂 まなご いまは。


さて、ここからは私の戯言です。

赤裳とは、女性を暗示させているのでしょうか。万葉集では恋の歌、妻を思う歌にあらわれます。そして四節と思われる。− はまべの真砂は、笠女郎の万葉集第四にある「浜の真砂を全部合わせたって、私の恋心の果てしなさ」を思い出す。

万葉集 第七
我妹子が赤裳の裾のひづちなむ今日の小雨に我れさへ濡れな
妻の赤い裳のすそを濡らしているだろう今日のこの小雨に、私も濡れよう。

万葉集 第十一 
立ちて思ひ居てもそ思ふ紅の赤裳裾引き去にしき姿を
立つとも座ろうとも、赤い裳の裾を引いて帰っていったその人の姿が頭からはなれないという恋歌があります。朱塗りの大橋の上を赤い裳裾をひるがえしつつ独り行く娘を見て,恋心を抱く若者の心情が歌われた。

万葉集 第四
八百日往く浜の真砂も吾が恋にあに勝らじか沖つ島守
歩き尽くすのに八百日もかかるような長い長い浜―そんな浜の真砂を全部合わせたって、私の恋心の果てしなさには敵いますまい。そうでしょう、沖の島の島守よ。

竹久夢二 雪の日まさごの真砂ですが、まなごは砂子、・・・と思うのですが。まさごもまなごも細かい砂の意味。浜辺でつくる砂の城は、永遠に完成しない。それはひとひらの雪は手のひらでとけて行くのと同じですね。まるで儚い命を詩っているようにも思えます。

すなごと読めば、金銀箔をちりばめた短冊があります。「金銀砂子〜」とうたわれる七夕の歌。もはや林古渓の「浜辺の歌」を知る術がありません。

ですが、これは想像であり、林古渓からは「過去は葬るのみ」という声が聞こえてきそうです。

関連記事 
立田姫
DECO 夢二
| Music&Composer | 00:02 | comments(5) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:02 | - | - | pookmark |
コメント
はじめまして、saiさんの流れでお邪魔します。
先年、よく行く子供富貴堂という本屋さんの店内で流れていた、中国系の名前の人がピアノを弾く、宇宙をイメージさせられるような演奏のCDで、この曲の美しさにうたれました。
勿論、良く知っている曲です。
己の目、耳の節穴を痛感させられる日々です。
| とーし | 2006/07/14 10:39 AM |

とーしさん、KAFKAこと楓でfu-といいます。ようこそいらっしゃいました。

KAFKAでもコメントをありがとうございました。2週間も気づかない私をお笑いください。申し訳ありませんでした。

ところで中国系というとウォン・ウィンツァンでしょうか。彼は鈴木重子のCD「マイ・ベスト・フレンズ」で「浜辺の歌」のピアノを弾いています。すてきなピアニストの一人ですよね。

最近、帰宅のときや家事のときに、頭をよぎるのが叙情歌。故郷や浜辺の歌、そして「ふけゆく、秋の夜」というメロディーも繰り返し、心の中で響かせています。

40代という年齢の情緒が発達したのでしょうか。(笑) 「己の目、耳の節穴を痛感させられる日々」とありますが、年齢とともに、聴こえるメロディー、目に入る風景に変化があります。

本屋さんの店内で耳にしたという「浜辺の歌」のピアノの音色。それは、とーしさんの心がしっかり聴いていたのでしょう。見習いたいものです。
| 楓 | 2006/07/14 8:38 PM |

私は非常に多く、私はトルコでの生活、私はトルコのerbaaトカトの生活を愛している。
私の名前Ostades重要です
| Ostades Important | 2008/12/02 8:52 PM |

CMで浜辺の歌が流れていたのでどんな歌詞だったかしらとググってたどり着きました。

楓さんのブログのデザインの美しさにうっとりしました。画像や記事のタイトル・書かれている内容を見させていただいて、デザインだけ、言葉だけ、音だけ、それぞれに敏感なアーティストは世の中に多くいらっしゃいますが、楓さんは五感全てが研ぎすまされた類い稀なる方なのではないかと感じました。楓さんが女性なら、きっとお料理も上手だと思います。

目に心地よいものばかりなので、また時間がある時にゆっくり読ませていただきますね。
| タンタ | 2011/09/23 8:21 PM |

タンタさま、ようこそいらしゃいました。

「浜辺の歌」は、母も口ずさんでいた歌でした。じつは今日までの2週間ちかく、出張で東北の方に出向いていましたが、五能線という路線の電車が見せてくれる海沿いは、「浜辺の歌」のメロディーを思い出させてくれます。とても美しい景色です。

>どんな歌詞だったかしらと<

私はこの歌詞が、こんなに哀愁を感じさせる詩だとは思っていなかったのです。メロディーはとても優しいのですが、詩に潜んでいる何か不可解な懐古の情、あるいは人生の一時期の回顧を思わされます。

>五感全てが研ぎすまされた<
>きっとお料理も上手<

こんな最上級のお褒めの言葉を頂戴して、ちょっと心が震えました。(笑)

タンタ様こそ、きっと研ぎ澄まされた五感をフルに感受されている方なのでしょう。

お料理に関しては、ホントに行き着くところがないほど未熟です。毎日が日々勉強と実践。料理とお掃除(整理整頓)は、新しい発見が多くて、いろいろ工夫が必要な分野ですよね。得意と見栄をはりたいものです。

どうぞ、再びのご訪問をお待ちしております。
| 楓より 〜タンタ様へ | 2011/09/30 8:57 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/49
トラックバック
DECO 夢二
抒情画の領域で、一世風靡を果たした竹久夢二。杉浦非水同様に、アール・ヌーヴォー
| KAFKA | 2006/07/13 12:11 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/09/05 11:50 AM |
大正ロマン画家たち
竹久夢二、伊東深水、鏑木清方、高畠華宵 、島成園、木谷千種、池田蕉園 、中原淳一
| mari-note | 2006/09/07 1:04 PM |