楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< ルノワール  ロージュへの贈り物 | main | パフューム >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
チョコレート ゴディバ と テニスン ゴダイバ 
「Lady Godiva(レディ ゴディバ)」 by Edward Henry Corbould(エドワード・ ヘンリー・コーボールド)テニスンが題材にした「ゴダイバ(ゴディバ)」って、チョコレート ゴディバの由来でもあったんですね!みなさんご存知のことでしょうが、はじめてつながりました。(笑)

英国コベントリーの伝説ですが、実在したマーシア伯爵夫人「レディ ゴディバ」のお話です。民衆のために、一糸纏わぬ姿とひきかえに、税金を軽くするという伝説。

その城下を白馬に乗って廻る姿と精神が、チョコレート ゴディバのマークと由来なんですね。
イタリアは、カテリーナ・スフォルツァの一件が有名ですね。こどもを人質に城を明け渡すように迫られたカテリーナは、城壁の上から下にいる家臣たちに、ドレスを捲くり、「ここから子供は何人も生まれるのよ!」と叫び、反逆の家臣たちを捉えるに至ったといいます。彼女の肖像画は、ボッティチェリやレオナルドと同時代のロレンツォ・ディ・クレディが描いています。
チョコレート ゴディバの 2007年限定品「レディ ゴディバ」ゴディバ と レディ ゴダイバ

ウィリアム・ホルマン・ハントのレディ ゴディバが衣装をほどくシーン、エドモンド・ブレア-レイトン の描く「一糸纏わぬ姿」の交換条件の場面の作品を取り上げながら、チョコレート ゴディバの限定品「レディ ゴディバ」にリンクしています。


さて、コーボールドの描いた作品は、「ゴディバ と レディ ゴダイバ」で紹介している作品に続いたシーンなんですね。いよいよ城から裸で城外にでるシーン。左に白馬がいます。白馬に乗ったレディ・ゴダイバ(レディ・ゴディバ)は、ジョン・コリアの作品が有名ですね
あんてなまっく☆ぶろぐさんからご覧いただけます。
ジョン・コリア 「レディ・ゴダイバ(レディ・ゴディバ)」
霊降臨祭の次の金曜日、人々はレディ・ゴディバのために、堅く窓を閉めます。ところが・・・。

左:「レディ・ゴディバ」Jules-Joseph Lefebvre (ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル) (1836-1911) 右:「レディ・ゴディバ」Adam Von Noort 全体画像は「Full-Size」から。

右の窓に、一人だけ覗き見をしている影が描かれています。 ハーバート美術館、コヴェントリー所蔵の ルーベンスの師でもあるアダム・ファン・ノールトの作品(1586年)の「レディ・ゴディバFull-Size」です。

見ていたのは、仕立て屋のトム。このトムの行為は 「ピーピング・トム peeping Tom (のぞき屋トム)」といって「のぞき魔」のことを意味する俗語になるわけですね。(笑)

オフィーリアの作品もある、左のジュール・ジョゼフ・ルフェーブルの作品「レディ・ゴディバ(
Full-Size」(ピカルディー美術館所蔵)は、慎み深いレディ・ゴディバを象徴しています。ジュール・ジョゼフ・ルフェーブルはオフィーリアの作品も有名。
ちなみに、LUSHのレディゴダイバ シャンプーバーも、このレディ・ゴダイバの逸話から名づけているようですね。
レディゴダイバ シャンプーバー
 
| Chocolate ショコラ | 00:00 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
コメント
あっ、ゴダイバの風がふいてますね(笑)

同じレディ・ゴダイバの想像画でも体型からタッチから、全く異なりますね!
私はジョン・コリアの絵のほうが好きなんですが・・・。

うーん。ヨーロッパの美術館に行きたくなりました。
| ★いず★ | 2007/03/27 8:05 PM |

これは、 ★いず★さんへのオマージュ記事です。(笑)

ホントです。

ヨーロッパの美術館に行きたくなりますね。1年間くらい滞在してみたいものです。

そういう暮らしは、60過ぎてからかなぁ。
| 楓 | 2007/03/31 10:40 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/54
トラックバック
ゴディバ と レディ ゴダイバ
(C)GODIVA 英国の詩人テニスンの「ゴダイバ」(英語読み)は、コベントリーの伝説です。ハーデクヌーズの治世時代の11世紀頃のお話です。 神の賜物という意をもつ名で呼ばれるレディ・ゴディバこと英国のマーシア伯爵夫人が、重税に苦しむ民衆のために、「一糸
| Art de Vivre | 2007/03/17 4:33 PM |