楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< Madeleine Vionnet マドレーヌ・ヴィオネ | main | 小川一眞 1890年代 Japanese flower by Ogawa Kazumasa >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ムンクのマドンナ
Madonna ©www.fernandobotero.biz
©www.fernandobotero.biz

"I do not paint what I see but what I saw."
Madonna (1894-5), Edvard Munch

Madonna (1894-5), Edvard Munch

The Madonna

THE MADONNA 1895-1902年 Edvard Munch


マドンナ製作年 油絵 1894-95  石版画1895-1902

いくつものバージョンがある「叫び」と「マドンナ」は数百万ドルの価値があるとされている作品で、ムンクの恋人でモデルとされる Dagny Juell ダグニィ・ ユール の「マドンナ」は、別名「受胎」といい、版画版だけに、精子や胎児が描かれています。

現在は「マドンナ」、「叫び」は個人の所有が確認されていますが、美術館からの盗難事件により、不明が発生している作品です。

この後に恋人となるトゥラ・ラールセンが、発砲事件を起こします。

「罪」 トゥラ・ラールセン 

石版画 1901年 「罪」

ムンクとのあいだに発砲事件があった恋人 Tulla Larsen トゥラ・ラールセン 。「罪」というタイトルですが、その事件の前年の製作になります。

事件後の恋人であるヴァイオリニストのエヴァ・ムドッチ。彼女のタイトルもマドンナです。「マドンナ・エヴァ・ムドッチ」となります。エヴァの作品には、ヴァイオリンのコンサートを描いているムンクの作品があります。

Edvard Munch - Madonna (Eva Mudocci)

Edvard Munch - Madonna (Eva Mudocci) 1903年


Andy Warhol
アンディ・ウォーホールのムンク作品です。 

「Madonna Eva Mudocci」

Andy Warhol 「Madonna Eva Mudocci」


Andy Warhol 「Madonna Eva Mudocci」1983

Madonna& Munch

Andy Warhol 「THE Madonna」

最初の恋人は人妻の Dagny Juell ミリー・タウローです。「THE KISS (接吻)」のイメージは、このミリー・タウローがモデルです。

ムンクはこういっています。
「私は、私が見るそのものでなく、私が見たそのものを描くのです。」

追伸:ムンクの叫びをIDにしていたkimartさん。サイトを永久休止されたんですね。666がラストディ、来年の777には、孤独プロジェクトが開始でしょうか? お元気で。

ムンク作品サイト
Munch Museum & Oslo National Galleries
| ムンク by マドンナ | 21:29 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:29 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/55
トラックバック
THE KISS Edvard Munch−エドヴァルト・ムンク
昔の言葉なら、抱擁しあう男女の接吻であろう。顔も身体も背景も溶け合っている。誰も入り込めない、その隙も与えない二人だけの世界だ。 Edvard Munch 1897年 「The Kiss」(接吻) Munch Museum 一体、この男はどんな顔、表情をしているのだろうか。幸福感
| RE+nessance | 2006/07/16 9:01 PM |
ムンクから −666のラスト・デイ kimuart
kimuart君、元気だろうか。久しぶりに(4ヶ月ぶり位?)、某SNSへログインすると、交流していた kimuart が2006年6月6日で「永久休止」のメッセージが入っていた。僕らの仲間うちには、ふ〜や眞のほかにも訪問していたのではないかと思い、ここで知らせておく。 kimu
| remove | 2006/07/16 9:02 PM |
ムンクの発見
ムンクが盗まれたから2年。ようやく発見されたらしいよ。オスロのムンク美術館から、「マドンナ」と「叫び」が消えたのが、2004年8月だった。 「ムンクのマドンナ」から多種多様なマドンナをみて。精子が描かれているムンクのマドンナもある。 「ムンクから−666のラ
| XAI | 2006/09/05 8:50 PM |