楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< 与謝野晶子の二首 | main | 美の聖域 ボーデ博物館 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
エッシャーの三つの世界
MC エッシャー 航海録エッシャーのスペイン南部にいたる船旅は、1930年代のこと。

まだ無名であったエッシャーの48枚の版画は、その船のチケットとなったのです。この本は、エッシャーの船旅でのログです。この旅で、ムーア人のモザイクに魅了されたエッシャー。

のちに「結晶学」を学び、テッセレーション(テセレーション)という、どんな形のモザイクをもちいても規則的に埋め尽くす方法を研究しはじめました。

2005年 エッシャーカレンダー Amazonこちらは、エッシャーの航海録と同じ表紙のカレンダーです。うっすらと化粧を施していますが、1955年の作品「三つの世界」です。 水面の異空間との一元化ですが、水面下の鯉、水面上に浮かぶ葉は、上と下という対比でしょうか。陸には葉がすっかり落ちてしまった樹木が水鏡に映した姿は、水中に影を落としています。

ですが、水中の枝は水面に浮かぶ葉で、まるで水面下に葉をつけたような木々にみえませんか?よく見える画像はこちら

2005年カレンダーより 三つの世界 1955年M. C. Escher 2005 Calendar
2007年のカレンダーが売り出されている時期ですが、カレンダーから気に入った版画を、額に入れて飾れることもできますね。さて、Saiが、エッシャーの「結晶の幾何学的な特徴や、光学的な性質を云々」と記事をアップ。私、そんなのわかんない!です・・・。理数の能力0ですよ・・・。そんな私でも楽しめるのは、不思議ですね!

エッシャーの著作権は現存していますので、表示することができません。作品は、2004年松坂屋美術館でおこなわれたエッシャー展の展示作品の画像が、まだご覧いただけます。展示品リスト、リンク先は下記からどうぞ。
花 1931年 ← 気に入っています!
写像球体を持つ手 1935年
昼と夜 1938年
自画像 1943年
もう一つの世界 1947年
婚姻の絆 1956年
平面の正則分割 1957年
円の極限I 1958年
滝 1961年

M. C. Escher The collection of Huis ten Bosch-Japan
 by Matuzakaya Museum
| ART&ARTIST | 19:50 | comments(2) | trackbacks(5) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:50 | - | - | pookmark |
コメント
エッシャー ? よっしゃー !
          ・・・ スンマセン
なんでエッシャーが好きなのかなあ、自分でも分からないけど、子供の時から魅かれてたなあ。

>ムーア人のモザイクに魅了されたエッシャー
はあー・・・なるほどぉぉ
でもエッシャーよりイスラムのモザイクのほうが美的だなあ。
| とーし | 2006/10/15 9:42 PM |

エッシャー ? よっしゃー !
とーしさん、おもしろい!笑わせてくれてありがと!(笑)

>子供の時から魅かれてたなあ。
子供だからこそ、エッシャーが好きなんですよ!でも、ずっと忘れてたんですよ。カレンダーは、学校の出入りの業者さんが、毎年くれるんですが、Saiの記事をみて、あぁ、エッシャーね、思い出したって感じです。

結構、エッシャーは、晩年は苦しんだようですが、作品は、いつも楽しませてくれる。

>ムーア人のモザイクに魅了されたエッシャー・・・でもエッシャーよりイスラムのモザイクのほうが美的だなあ。
美という点ではモザイクですね!
私は、ムーア人に興味があります。歴史とか習慣とか。また調べてみようかと!
| 楓 | 2006/10/21 12:08 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/78
トラックバック
ミステリアス エッシャー
マウリッツ・コルネリアス・エッシャー (1898〜1972)は、不可能な構造物、無限と有限、平面と多面体などのウッドカット、リトグラフ、メゾティント版画の製作をした画家。「だまし絵」と言うほうが馴染んでいるかもしれない。僕が子供の頃まで存命だった人だから、記
| RE+nessance | 2006/10/15 7:53 PM |
エッシャー
昼と夜 よく、3Dがエッシャーの時代にあったら・・・という話がでますが、はたして
| Stylish-Club | 2006/11/12 2:56 AM |
エッシャー カライドサイクル
エッシャー(エッシャーの作品って?という方はこちら→スーパーエッシャー展 Bum
| KAFKA | 2006/11/12 5:53 PM |
スーパー エッシャー 展 by Bunkamura
スーパーエッシャー展が11月からはじまる。Bumkamuraなんだけど、M.C. Escher 2007 Calendar: Uncommon Ground (M. C. Escher)のトップのリトグラフ「描く手」(1948年)など、なじみの作品のほか、エッシャー手書きの制作ノート「エッシャーノート」も公開されると
| remove | 2006/11/12 9:46 PM |
エッシャー 24の寓意画
エッシャーと美術史家でもある詩人G.J.ホーグウェルフ(A.E.ドライフハフト A.E. drifhoutのペンネーム)との詩画集「24の寓意画」がありますね。こんな感じで、ラテン語の4行詩が添えられていますよね。 エンブレマータ バタフライ 1931年  Emblemata(エンブレ
| Art de Vivre | 2006/11/30 5:48 AM |