楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< ゴールド 展 in NY AMNH whith ティファニー | main | バルテュス シャシーの古城と少女フレデリック >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
イアソンとメディア
Médée et Jason 1865 Musee d'Orsay「さぁ、次は僕だよ。」と云って、女王メディアの両手を、自分の首へまわしたのは、うえの子供。いま、弟の身体を抱きしめて、母メディアが殺すのを手伝ったばかりでした。

夫のイアソンは「王」という座に目が眩み、グラウケと挙式。メディアはグラウケを殺し、すべてを失ったイアソンは絶望。メディアは死んだ2人の子を抱え、去って行きます。

メディアは、セネカ(小セネカ)の戯曲が有名ですが、詩人エウリピデスの作品。

クィント・エンニオ、オウィディウスなど、古代の詩人や作家、哲学者たちが、ずいぶんと書き綴った悲劇です。

このギュスターヴ・モローの「イアソンとメディア」は、アポローニオス・ロディオスの叙事詩、「アルゴナウティカ」での場面ですね。鷲の姿のグリフォンを足元に、イアソンが金羊毛を掲げ、メディアの後ろには、羊の頭を供えています。

この冒険綺譚「アルゴナウティカ」では、女神ヘーラとアテナが、美と愛の女神アフロディテの息子で愛の神エロスに、イアソンが金羊の毛皮を獲れるよう、魔術をつかう王女メディアを激しく恋するように仕向けたのです。

とうとう二人は、冒険の目的だった、黄金の羊の毛皮を手にすることができたのです。モローの作品は、そのシーンを描いています。

イアソンは、イアソンのために、悪や血に染まっていくメディアに戦慄を覚えはじめます。

「アルゴナウティカ」では、二人の子は「どうしたら逃げられるだろう。母の手から。」と、恐れて、惑います。ドラクロワの「MÉDÉE FURIEUSE 怒れるメディア」では、母の手から逃れられなかった2人が描かれいます。

晩年、狂人イアソンは、アルゴス号の残骸の下で、船の舳先が落ち、亡くなったのでした。

To Iason
「英雄の随一は若さである。その胸の高鳴りは、戦いのファンファーレのように響きわたる。英雄にとっての愛や栄光は、戦利品のひとつでしかないのだ。」  by Gustave Moreau


イアソンとメディア ギュスターヴ・モロー










| ローマ・ギリシア神話 | 20:46 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:46 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/93
トラックバック
アルゴナウティカ
古典ギリシャのアポローニオス・ロディオスの叙事詩、「アルゴナウティカ」は、アルゴ船遠征物語ともいい、イアソンら、50人ほどの英雄達と、アルゴ船で東へ東へと、コルキスに遠征し、「Golden Fleece 黄金の羊の毛皮」(黄金の林檎説)を探しに行く。人類初の巨船の
| Magnum Photos Photographer | 2006/12/10 8:56 PM |
オムニバスはやはり優劣の差が極端!エロスの神はただひとつ!
もう観る前からこの国際オムニバス、このメンバーではウォン・カーウァイの圧勝だろうと目星もつけておったが、案の定、予想的中! 鐔愛の神、エロス鐔(2004)はウォン・カーウァイ以外は観るも無残な愚・駄作。
| この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち | 2007/06/14 11:00 AM |