楓のLifeStyleConcierge〜ようこそ〜
Previous Posts
Previous Posts
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)
    みーたん (06/17)
  • 秘密の正室 マントノン侯爵夫人
    ラカン (05/21)
  • 100年前のVOGUE 1909年 アーツ・アンド・クラフツ運動の表紙 1892年 ヴォーグ創刊の表紙
    寺島 惇 (04/30)
  • コールハーンのコートとブーツの巻 Cole Haan
    岩村純子 (11/16)
  • 訪問者の皆様へ
    フェルセン (10/31)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    楓 (07/03)
  • サン=テグジュペリの薔薇と香水
    tabasa (07/03)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    楓 (03/14)
  • シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
    楓 (03/14)
  • ジョン・メリッシュ・ストラドヴィック 安楽の夢、安楽の歌曲
    E=MC2 (03/09)
RECENT TRACKBACK
  • アガサ・クリスティー 「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩
    RE+nessance (07/10)
  • Dear, dear Norland マリアンの嘆き 「分別と多感」第5章 皮肉な人生
    KOBAKO (04/27)
  • ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち
    RE+nessance (04/25)
  • ジョン・ダンカン 神話と伝承の人々の行進 「愛の仮面」
    RE+nessance (03/13)
  • ディーノ・バルス イヴの原罪
    RE+nessance (02/07)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    remove (12/11)
  • シェイクスピアの言葉遊び オフィーリアのヘンルーダー
    RE+nessance (12/11)
  • カミーユ・ピサロの息子 リュシアンのオフィーリア
    XAI (11/19)
  • オフィーリア  Ophelia
    Life Style Concierge Private (11/17)
  • 秋のコンサートから ポップス&シャンソン フランセーズ(フランスの歌)
    remove (10/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
Remaining Flowers
Remaining Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost, Jean-Pierre Gabriel, Robert DeWilde
Remaining Flowers

出版後すぐに品切れとなり、初版本に6万円のプレミアがついた伝説的な第1作目作品集と、1993年に出版された第2作目作品集の中から抜粋された復刻版作品集。
RECOMMEND
Leafing Through Flowers
Leafing Through Flowers (JUGEMレビュー »)
Daniel Ost
世界一美しい本


英国のドンサイド展で「世界一美しい本」部門で銀賞を受賞したダニエル・オストの第3作目作品集です。
RECOMMEND
インスタレーション
インスタレーション (JUGEMレビュー »)
松尾 太一。
インスタレーション


「花は、あくまでも主役を引き立たせるだけの添え物で、目立ちすぎてはいけないが、添え物として最も素敵なもの」
RECOMMEND
RECOMMEND
Monet in the 20th Century
Monet in the 20th Century (JUGEMレビュー »)
Claude Monet, Mary Anne Stevens, George T. M. Shackelford, Royal Academy of Arts (Great Britain), Michael Leja, Boston Museum of Fine Arts
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Jewels of Lalique
The Jewels of Lalique (JUGEMレビュー »)
Rene Lalique, Sigrid Barten, Yvonne Brunhammer, Cooper-Hewitt Museum, Smithsonian Institution, Dallas Museum of Art
RECOMMEND
RECOMMEND
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute
The Floral Art of Pierre-Joseph Redoute (JUGEMレビュー »)
Marianne Roland Michel, Peter C. Sutton, Carolyn Rose Rebbert, Cynthia A. Drayton
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Devil's Dictionary
The Devil's Dictionary (JUGEMレビュー »)
Ambrose Bierce, Ralph Steadman
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日々の生活美

Life Style Concierge

<< バルテュス シャシーの古城と少女フレデリック | main | 謹賀新年 百花百幸 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ガラテア
Galatee-1880ガラテアというと、皆さんは、妖精ガラテアを思い出すでしょうか。それとも、戯曲や映画、小説にもえがかれているピグマリオンのガラテアですか?

オルセー美術館展にちなんで、最初は海の妖精 ガラテアから。

ガラテアには乳白の女神という意があります。

巨人ポリュフェモスは、アフロディテの美しさに比類する、乳白の女神 ガラテアに恋をします。

ガラテアは、自分の白い肌と、その美しさを十分知っていました。彼女に恋焦がれない男性がいないことも承知しています。

ガラテアは、つぎつぎと蔑み、あしらっていくのです。ただ一人、ガラテアの心を射止めた羊飼いのアキス(アーキス)には、優しく振る舞います。

Galatea (Moreau, 1878 - 80)、Galatea (Moreau, c. 1893)、Galatea (Moreau, c. 1896)

ギュスターブ・モロー 「ガラテア」 クリックすると、3枚の全体像に変わります。
左:1878-80年(最初の画像の部分)中央:1896年(部分) 左:1893年(部分)

醜悪な三つ目の巨人ポリュフェモスは、ガラテアに蔑まされても、彼女を慕う気持ちを葦笛で奏でます。来る日も来る日も、海に向かって。それを、その岩場の陰から、ガラテアとアーキスは、ガラテアに恋するポリュフェモスが、滑稽で、愉快で、葦笛を聞きながら、愛を語ります。

ある日、ポリュフェモスは、抱擁している二人をみて、襲い掛かります。海の妖精ガラテアは、アキスを一人残して海に逃げますが、アキスは人間。ポリュフェモスの投じた巨岩の下から流れ出る血。ガラテアは、その血でアキスを川に変身させたのです。

Galatea (Raphael- 1512-14Rome)これは、古代ローマの天成の詩人オウィディウス・ナーソの「変身物語(転身物語)」第13巻「アキスとガラテアの恋物語」。ギュスターブ・モローは、これを題材にして描きました。巨人ポリュフェモスは、ホメロスのオデュッセイアにも登場していますね。また、ヘレニズム時代のテオクリトスのギリシア牧歌集(エイデュリオン)にも、あるそうです。

この作品は、ラファエロのフラスコ画「ガラテアの勝利」です。ポリュフェモスは、三連画のようで、左側に描かれています。ラファエロと同じ構図のジャン・バティスト ヴァン・ローの「ガルテア凱旋」では、ポリュフェモスが、樹木の上で、葦笛を吹いています。
  
  作品:フラスコ画「ガラテアの勝利」
  ラファエロ・サンティ ローマ、ファルネジーナ荘 Farnesina 

Villa Farnesina


ラファエロの「ガラテアの勝利」の左にあるフラスコ画「ポリュフェモス」(ローマ、ファルネジーナ荘)です。

実際にみたことがないのですが、それぞれのポスター画像が手にはいったので組み合わせてみました。

「The Triumph of Galatea」Jean Baptiste van Loo

ジャン・バティスト ヴァン・ロー(1684-1745)
ガラテア凱旋

どうですか。様々なガラテア。ジャン・バティスト ヴァン・ローは、フランスの画家ですが、ヴァトーやブーシェのように、優雅なタッチで描いていますね。晩年がロココ時代ですが、肖像画を多く描いているようです。ポリュフェモスは右の樹木の上。

1788年に編曲されていますが、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルの仮面劇「アキスとガラテア」があります。 1732年にオペラ上演されています。

その他の絵画作品にはウスタッシュ・ル・シュウール(Eustache Le Sueur)のガラテアの凱旋クロード・ロラン「ガラテア」 /アドリエン ファン・ニウラント「ガラテアの凱旋」があります。

さて、一番最初のご紹介したギュスターブ・モロー 。1月の後半から東京都美術館で開催されますが、現在は神戸で開催中のオルセー美術館展にも披露されていますね。本物をご覧になられた方には、ものたりない画像ですが、繊細で細やかで、宝石の花々が連なるように描かれています。同じ、オルセー美術館展では、19世紀を代表する印象派や写実派の作品がありますが、オルセー美術館所蔵で、「画家のアトリエ」をえがいた、リアリスムのギュスターヴ・クールベは、「みえるもの」を描くという画家。

ギュスターブ・モロー は、「目に見えるものや触れられるものは信じない。心に感じるものだけを信じます。」と言っています。世紀末芸術に、ファム・ファタル(宿命の女)を出現させたのですね。「夢を集める職人」だったのです。

それでは「変身物語」の第10巻目にあたる、ガラテアの物語は、「象牙の人形に恋したピュグマリオン」のガラテアです。

この物語を題材にしている作品には、ジャン=レオン・ジェローム、ジロデ・トリオゾン、エドワード・バーン=ジョーンズ、ブロンジーノ、フランソワ・ブーシェ、彫刻「ガラテア」があります。

若きキプロスの王でもある彫刻家ピグマリオンは、彼の理想の女性でもある、愛の女神アフロディテに似せた、自作の女神像ガラテアに恋をしてしまうのです。毎日、彼は、ガラテアが人であればと願い、祈り続けます。それが女神アフロディテによって、願いが叶うのです。生命を授けられたガラテア。二人は、もちろん結婚しました。

François Boucher

フランソワ・ブーシェ 「ガラテアとピグマリオン」

さすが、ロココを代表する優雅な画家。ブーシェは、ポンパドール夫人だけではなく、神話やシノワズリなども有名です。シノワズリには、中国人のスタイルそのものを描いた作品があります。(KAFKA変身抄

ちょうど、女神アフロディテが、ガラテアに、命を授けたところです。

Galatea and Pygmalion 右:Edward Burne-Jones 左:Anne-Louis Girodet de Roussy-Trioson

右:バーン=ジョーンズ 「ガラテアとピグマリオン」
左:ジロデ・トリオゾン 「ガラテアとピグマリオン」

RE+nessance


ジャン=レオン・ジェローム「ガラテアとピグマリオン」
オードレー・フラック 彫刻「ガラテア」
この「ガラテアとピグマリオン」は、一心に願い続けることは、必ず報われるということです。(報う、報われるでは意味が違いますね。「メジャー フォー メジャー 尺には尺を」のシェークスピアの言葉は、「報う」に使われますが)

パンドラの壷」からでてきた悪を、最後の希望が出てきたところに意味がある物語がありましたね。悪い状態でも、希望をもち、信じ続けること。必ず報われるということですね。これが、「ガラテアとピグマリオン」の説話になります。来年、皆様が「報われる良い年」になりますように。


ギュスターヴ・モロー ガラテア

etude-pour-galatee-moreau-gustave

モロー エチュード(習作) ガラテア
ギュスターヴ・モロー美術館


Galatée

ギュスターヴ・モロー ガラテア 1880年
オルセー美術館所蔵



レースのような髪、頭から身体まで花の装飾



足元の花



消え入りそうな妖精?



ガラテアの足元にも。



恋するポリュフェモスの苦しみ

galatee-moreau

モロー ガラテア モロー美術館所蔵




モロー 習作 海洋植物画 モロー美術館所蔵

-etude-plantes-marines-pour-galatee-moreau-gustave

モロー 習作 植物画 モロー美術館所蔵



モロー 習作 海洋植物画 モロー美術館所蔵



モロー ガラテア モロー美術館所蔵

| ローマ・ギリシア神話 | 07:35 | comments(0) | trackbacks(6) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lohasstyle.jugem.jp/trackback/95
トラックバック
ガラテア
オードレー・フラック 「ガラテア」 © artnet オードレー・フラック(Audrey Flack/1931〜)は、スーパーリアリズムのアーティストとなんだけど、フラックの「ガラテア」は、ちょっといい。ガラテアは、アキスか、ピグマリオンかがわからない。 古代ローマの変
| Re+naissance | 2006/12/30 7:38 AM |
[テレビ][ART]モロー
今日の日曜美術館は上野で開催中のオルセー美術館展であった http://www.orsay3.com/ オルセー美術館展 19世紀 芸術家たちの楽園 最後に紹介されたモローの作品に釘付けになった http://www.google.co.jp/search?hl=ja&client=firefox&rls=org.mozilla%3Aja%3A
| ky823の日記 | 2007/02/11 10:32 AM |
ギュスターヴ・モロー 未完のようなサロメ そしてエボーシュ
サロメと斬首される聖ヨハネ ギュスターヴ・モロー サロメの衣装で、モローの雰囲気がでているが、全体の作品像として未完、あるいはエチュード(習作)のような作品である。上の間を大きくとり、人物像をあえて小さく描き、独特の戦慄を覚えてしまう。 さて、下
| Magnum masse | 2007/03/01 1:02 PM |
ルドン ガラテア
今日は、楓の blog Life Style Concierge へのオマージュです。(笑) ギュスターブ・モローのガラテアの画像を拝借しています。 MAKI が、ルドン 「ヴィーナスの誕生」という記事をアップした。楓の記事からギュスターヴ・モロー 「アフロディテ」1870年の作品、
| 何の印象もないBlog | 2007/03/05 11:04 PM |
ギュスターブ・モロー サロメ
ギュスターブ・モロー「エチュード(習作) サロメ」(部分) モロー美術館所蔵 年代不詳 左:ジョン=バプティストの斬首 右:サロメ ジョン=バプティストというのがヨハネのことですね。Saint John(Jean) the Baptist (洗礼者聖ヨハネ)は、ダ・ヴィン
| Art de Vivre | 2007/03/09 7:10 PM |
ルドン ガラテア
今日は、楓の blog Life Style Concierge へのオマージュです。(笑)ギュスターブ・モローのガラテアの画像を拝借しています。(中段 3枚) MAKI が、ルドン 「ヴィーナスの誕生」という記事をアップした。楓の記事からギュスターヴ・モロー 「アフロディテ」187
| 何の印象もないBlog | 2010/02/08 7:08 PM |